開発者およびデプロイメントマネージャーの学習パス

目的

このドキュメントは、開発者とデプロイメントマネージャーがCloud Managerにアクセスし、学習パスの準備方法を理解するのに役立ちます。

このドキュメントを読んだ後、次の操作を行う必要があります。

  • 開発者は、Cloud Manager Gitにアクセスして管理する方法を理解できます
  • デプロイメントマネージャーは、パイプラインの設定方法とCloud Managerでのコードのデプロイ方法を理解できます

はじめに

この節を読む場合は、開発者またはデプロイメントマネージャーの製品プロファイルに割り当てられ、オンボーディングして学習パスを続行する準備が整っている可能性があります。

メモ
  • デベロッパー​として、Cloud Managerにログインし、Gitへのアクセスに慣れてください。
  • デプロイメントマネージャー​として、パイプラインの設定方法やコードのデプロイ方法を理解する必要があります。

前提条件

開始する前に、次の点を確認します。

  • システム管理者が、それぞれの製品プロファイルに開発者およびデプロイメントマネージャーを割り当てました。 開発者は、 AEMユーザーまたはAEM管理者の製品プロファイルに割り当てられる必要があります。
  • クラウドリソースが設定されている。
  • Cloud Managerへの移動方法とログイン方法を理解している

GitHubの管理

Cloud Manager UI のセルフサービス Git アカウント管理を使用して、Git リポジトリーにアクセスし、管理できます。このトピックについて詳しくは、Gitへのアクセスを参照してください。

パイプラインを設定

実稼動パイプラインまたは非実稼動パイプラインは、Cloud Manager UIから設定できます。
このトピックについて詳しくは、CI-CDパイプラインの設定を参照してください。

次の作業

開発者およびデプロイメントマネージャーは、AEM as a Cloud Serviceでのコードの開発方法を理解する準備が整いました。 詳しくは、以下の「その他のリソース」の節を参照してください。 コンテンツ作成者の学習ジャーニーについて詳しくは、AEM作成者の学習パスを参照してください。

その他のリソース

Experience Leagueコース

詳しくは、 Experience Leagueコースを参照してください。 次のコースにアクセスするには、新規登録してください。

このページ