サンドボックスプログラムの作成

サンドボックスプログラムを作成するには、次の手順に従います。

  1. Cloud Manager のランディングページを開いて、画面の右上隅にある「プログラムを追加」をクリックします。

  2. プログラム作成ウィザードで、「サンドボックスを設定する」を選択します。プログラム名を送信してから「作成」を選択します。

  3. 新しいサンドボックスプログラムカードがランディングページに表示されます。そのカードにマウスポインターを置き、Cloud Manager アイコンを選択すると Cloud Manager の概要ページに移動できます。カードには、新しく作成したサンドボックスプログラムの自動セットアップのステータスが通知されます。進行状況が表示されます。

  4. プログラムのセットアップとプロジェクトの作成手順が完了したら、次の図に示すように、「Git を管理」​リンクにアクセスできます。

    メモ

    Cloud Manager UI のセルフサービス Git アカウント管理を使用して Git リポジトリーにアクセスし管理する方法について詳しくは、Git へのアクセスを参照してください。

  5. 開発環境が作成されると、次の図のように、「AEM にアクセス」リンクが表示されます。

  6. 実稼動以外のパイプラインを開発環境にデプロイしたら、ウィザードに従って、AEM にアクセスしたり(開発時)開発環境にコードをデプロイしたりできます。

    メモ

    また、次に示すように、Cloud Manager の概要ページからプログラムの編集、切り替え、追加を行うこともできます。

このページ