Adobe Experience Manager as a Cloud Service 2021.8.0 の Cloud Manager のリリースノート

このページでは、AEM as a Cloud Service Release 2021.8.0 Cloud Manager のリリースノートの概要を説明しています。

メモ

Adobe Experience Manager as a Cloud Service の最新のリリースノートを参照するには、こちらをクリックしてください。

リリース日

AEM as aCloud Service2021.8.0のCloud Managerのリリース日は2021年8月12日です。

新機能

  • Cloud Serviceのお客様は、Cloud Managerでサービスレベル契約(SLA)レポートを表示できるようになりました。 これは今後数ヶ月間徐々に利用可能になる予定です。
    詳しくは、SLAレポートを参照してください。

  • IndexTypeとIndexDamAssetLucene品質ルールの種類と重大度が変更されました。 現在は、これらは​サーバー性​のブロッカーのバグです。

  • 非同期およびtikaの設定をカバーする新しいOakインデックス品質ルールが導入されました。

  • プログラムごとの最大SSL証明書数を50に増やします。

  • ユーザーが Cloud Manager UI を使用して複数のリポジトリを作成および管理できるセルフサービス機能。

  • SonarQubeがGitの履歴データを不必要に読み取っていた問題を修正しました。 大規模なコードベースでは、これにより、ビルドパフォーマンスが不必要に低下することがありました。

  • パイプラインごとに Maven 依存関係キャッシュを無効にする API が追加されました。

  • Cloud Manager で使用される AEM プロジェクトアーキタイプのバージョンが 29 に更新されました。

バグ修正

  • 最新のリリースが現在のリリースより前の場合は、更新可能ステータスは表示されるべきではありません。

  • 名前が非常に長い新しい組織で、最初のオンボーディングが失敗していました。

  • 何らかの理由でパイプラインが 2 回トリガーされた場合、「パイプライン実行ステータスを更新できませんでした」エラーで、いずれかの実行が失敗します。

このページ