Adobe Experience Manager as a Cloud Service 2020.7.0 の Cloud Manager のリリースノート

このページでは、AEM as a Cloud Service Release 2020.7.0 Cloud Manager のリリースノートの概要を説明しています。

リリース日

AEM as a Cloud Service 2020.7.0 Cloud Manager のリリース日は 2020 年 7 月 9 日です。

新機能

  • 環境ページのデザインが変更されました。

  • 環境が休止状態になると、Cloud Manager に個別のステータスが表示されるようになりました。

  • 環境ごとの環境変数の数が 200 に増えました。

  • Cloud Manager のパイプラインで、顧客が設定した変数とシークレットがサポートされるようになりました。

    詳細は、「パイプライン変数」を参照してください。

  • 認証バウンドのプライベート Maven リポジトリーがサポートされるようになりました。

  • Cloud Manager ビルドコンテナで、Java 8 と Java 11 の両方がサポートされるようになりました。詳細は、「Java 11 サポートの使用」を参照してください。

バグ修正

  • 環境が完全に作成される前に、Cloud Manager から開発者コンソールへのリンクが正しくアクティブになっていませんでした。

  • Cloud Manager から開発者コンソールへの直接リンクが、サンドボックスプログラムの環境を非休止/休止にするオプションを表示していませんでした。

  • 非実稼動パイプライン編集ページの「キャンセル」および「保存」のオプションが常に表示されていませんでした。

  • コード品質プロセスで特定のエラーが発生すると、ログファイルが正しく生成されない場合があります。

  • 新しいプログラムを作成する際に、推奨名が既存のプログラム名と重複する場合がありました。

  • 一部の大規模なパイプラインステップログは、ユーザーインターフェイスから一貫性のある方法でダウンロードできませんでした。

  • 環境名の検証が、1 つずれていました。

  • 何も存在しない場合、環境ページにパブリッシュセグメントと Dispatcher セグメントが表示されることがありました。

既知の問題

  • コードカバレッジの計算方法が変更されたことで、Jacoco プラグインの​最小​バージョンが 0.7.5.201505241946(2015 年 5 月リリース)になりました。古いバージョンを明示的に参照している場合は、コード品質プロセスでエラーメッセージが表示されます。

このページ