Adobe Experience Manager as a Cloud Service 2020.10.0 の Cloud Manager のリリースノート

このページでは、AEM as a Cloud Service Release 2020.10.0 Cloud Manager のリリースノートの概要を説明しています。

リリース日

AEM as a Cloud Service Release 2020.10.0 Cloud Manager のリリース日は 2020 年 10 月 1 日です。

Cloud Manager

新機能

  • 環境ページのデザインが変更されました。

  • 環境が休止状態になると、Cloud Manager に個別のステータスが表示されるようになりました。

  • Cloud Manager ビルドコンテナで、Java 8 または Java 11 を使用したプロジェクトのコンパイルがサポートされるようになりました。Java 11 のサポートは、Maven ツールチェーンシステムによって提供されます。

  • 環境ごとの環境変数の数が 200 に増えました。

  • 概要ページの環境カードには、最大 3 環境のリストが表示されます。「すべてを表示」ボタンを選択して環境の概要ページに移動し、環境の完全なリストを含む表を表示できます。
    詳しくは、「環境の表示」を参照してください。

バグ修正

  • 環境が完全に作成される前に、Cloud Manager から開発者コンソールへのリンクが正しくアクティブになっていませんでした。

  • Cloud Manager から開発者コンソールへの直接リンクが、サンドボックスプログラムの環境を非休止/休止にするオプションを表示していませんでした。

  • 非実稼動パイプライン編集ページの「キャンセル」ボタンおよび「保存」ボタンが常には表示されていませんでした。

  • コード品質プロセスで特定のエラーが発生すると、ログファイルが正しく生成されない場合があります。

  • 新しいプログラムを作成する際に、推奨名が既存のプログラム名と重複する場合がありました。

  • 一部の大規模なパイプラインステップログは、ユーザーインターフェイスから一貫性のある方法でダウンロードできませんでした。

  • 環境名の検証が、1 つずれていました。

  • 何も存在しない場合、環境ページにパブリッシュセグメントと Dispatcher セグメントが表示されることがありました。

このページ