実稼動プログラムの作成

実稼動​プログラムは、AEM と Cloud Manager に精通し、コードを実稼動版に展開する目的で、コードの記述、構築、テストを開始する準備が整っているユーザーを対象としています。

Cloud Manager でプログラムを作成する方法については、2 部構成のチュートリアルビデオをご覧ください。

また、

実稼動プログラムを作成するには、以下の手順に従います。

  1. Cloud Manager のランディングページーを起動し、画面の右上隅にある「プログラムを追加」をクリックします。

  2. プログラムの作成ウィザードで「本番用にセットアップ」を選択して、実稼動プログラムを作成します。ユーザーは、デフォルトのプログラム名を承認するか、編集してから「作成」を選択できます。

  3. 上の画面の後に表示される画面にプログラムに含めるソリューションを選択します。必要なソリューションを選択したら、「作成」をクリックします。

    さらに、サイト​の下で「Commerce」アドオンオプションを選択し(下図を参照)、「作成」をクリックします。

  4. ランディングページにプログラムカードが表示されたら、「」を選択して、使用可能なメニューオプションを確認します。 選択 Cloud Manager(下の図を参照)、Cloud Manager の 概要 ページ。

  5. メインのコールトゥアクションカードは、環境の作成、非実稼動パイプラインの作成、最後に実稼動パイプラインの作成をユーザーに指示します。

    メモ

    実稼働プログラムには「自動セットアップ」機能はありません。

このページ