ContextHub の診断

ContextHub には、ContextHub フレームワークの概要を確認できる診断ページがあります。このページを開くには、AEM オーサーインスタンスの contexthub.diagnostics.html ページに移動します。例:

http://<host>:<port>/conf/<site>/settings/cloudsettings/default/contexthub.diagnostics.html

ContextHub の診断ページには、作成されたストアおよび UI モジュール、読み込まれているクライアントライブラリフォルダー、役立つページへのリンクに関する情報が表示されます。

メモ

診断情報が返されるようにするために、デバッグモードを有効にする必要があります。そうしないと、診断ページが空白になります。デバッグモードを有効にする方法について詳しくは、このドキュメントを参照してください。

ストア

ストアセクションには、設定されているすべての ContextHub ストアが一覧表示されます。リストの各項目は、次の情報で構成されます。

  • タイトル:​ストアのベースとなっているストアタイプ
  • パス:​設定を保持しているリポジトリノードへのパス。
  • リソースタイプ:​ストアタイプが定義されているリポジトリノードのパス。
  • クライアントライブラリ:​読み込まれ、ストアタイプを実装するクライアントライブラリのカテゴリ。

モジュール

モジュールセクションには、設定されているすべての ContextHub UI モジュールが一覧表示されます。リストの各項目は、次の情報で構成されます。

  • タイトル:UI モジュールのベースとなっている UI モジュールタイプ
  • パス:​設定を保持しているリポジトリノードへのパス。
  • リソースタイプ: UI モジュールタイプが定義されているリポジトリノードのパス。
  • クライアントライブラリ:​読み込まれ、UI モジュールタイプを実装するクライアントライブラリのカテゴリ。

Clientlibs

Clientlibs セクションには、ContextHub によって読み込まれたすべてのクライアントライブラリフォルダーが一覧表示されます。クライアントライブラリは次のように分類されます。

  • kernel.js: ContextHub フレームワーク、セグメントエンジン、ストアタイプを実装するクライアントライブラリ。
  • ui.js: ContextHub UI および UI モジュールタイプを実装するクライアントライブラリ。
  • style.css:​クライアントライブラリから読み込まれる CSS ファイル。

URL

URL セクションには、次の ContextHub 機能へのリンクが含まれます。

  • 設定エディター:ストア、UI モードおよび UI モジュールを設定できる ContextHub 設定ページを開きます。
  • ContextHub モジュールの設定/etc/cloudsettings/default/contexthub.config.kernel.js ファイルを開きます。このファイルには、ContextHub ストア設定の JavaScript オブジェクト表現が格納されています。
  • ContextHub UI の設定/etc/cloudsettings/default/contexthub.config.ui.js ファイルを開きます。このファイルには、ContextHub UI モード設定の JavaScript オブジェクト表現が格納されています。
  • kernel.js/etc/cloudsettings/default/contexthub.kernel.js ファイルを開きます。このファイルには、ContextHub フレームワークおよびセグメントエンジン、ストアタイプを実装するクライアントライブラリのソースコードが格納されています。
  • ui.js/etc/cloudsettings/default/contexthub.ui.js ファイルを開きます。このファイルには、ContextHub UI および UI モジュールタイプを実装するクライアントライブラリのソースコードが格納されています。
  • style.css/etc/cloudsettings/default/contexthub.styles.css ファイルを開きます。このファイルには、ContextHub UI および UI モジュールの CSS スタイルが格納されています。

このページ