Adobe Target との統合

Adobe Marketing Cloud に含まれている Adobe Target を使用すると、あらゆるチャネルにわたってターゲット設定と測定をおこない、コンテンツの関連性を高めることができます。Adobe Target はマーケター向けのツールで、オンラインテストを設計および実行し、その場で(行動に基づいた)オーディエンスセグメントを作成し、コンテンツとオンラインエクスペリエンスのターゲット設定を自動化するために使用されます。AEM as a Cloud Service では Adobe Target Standard に使用されているターゲット設定ワークフローが採用されています。Target を使用すると、AEM as a Cloud Service のターゲット設定の編集環境に慣れ親しむことができます。

AEM Sites を Adobe Target に統合して、ページ内のコンテンツを次のようにパーソナライズできます。

  • コンテンツのターゲティングを実装する。
  • Target のオーディエンスを使用してパーソナライズされたエクスペリエンスを作成する。
  • 訪問者がページとやり取りをおこなったときにコンテキストデータを Target に送信する。
  • コンバージョン率を追跡する。
メモ

既存の Target アカウントを持たない Adobe Experience Manager as a Cloud Service ユーザーは、Experience Cloud 用の Target Foundation パックへのアクセスをリクエストできます。この Foundation パックでは、Target の使用量が制限されます。

Target に統合するには、次のタスクを実行します。

メモ

Experience Platform Launch の IMS 設定(技術アカウント)は、AEM as a Cloud Service に事前に設定されています。ユーザーはこの設定を作成する必要はありません。

  1. アクティビティを設定する:アクティビティを Target のクラウド設定に関連付けます。
注意

AEM as a Cloud Service では、AEM から Adobe Target にオファーとアクティビティを同期するレプリケーションエージェントは、デフォルトで無効になっています。レプリケーションエージェントを再度有効にする必要がある場合は、アドビサポートチームにお問い合わせください。

メモ

カスタムプロキシ設定で Target を使用している場合、AEM には 3.x API を使用する機能と 4.x API を使用する機能があるので、両方の HTTP クライアントプロキシを設定する必要があります。

注意

権限のないユーザーがアクセスできないように、パブリッシュインスタンスでアクティビティ設定ノード cq:ActivitySettings を保護する必要があります。アクティビティ設定ノードには、Adobe Target へのアクティビティの同期を処理するサービスのみがアクセスできるようにしてください。

詳しくは、Adobe Target との統合の前提条件を参照してください。

統合が完了したら、訪問者データを Adobe Target に送信するターゲットコンテンツを作成できます。コンテンツのターゲティングを有効にするには、ページのコンポーネントに固有のコードが必要です(ターゲットコンテンツの作成を参照)。

メモ

AEM オーサーインスタンスでコンポーネントをターゲット設定すると、そのコンポーネントが、キャンペーンの登録、オファーの設定、Adobe Target セグメントの取得(設定されている場合)をおこなうために、Adobe Target に対して一連のサーバー側呼び出しを実行します。AEM Publish から Adobe Target にサーバー側呼び出しは作成されません。

背景情報ソース

AEM as a Cloud Service と Adobe Target を統合するには、Adobe Target、AEM アクティビティの管理、AEM オーディエンスの管理に関する知識が必要です。以下を十分理解している必要があります。

メモ

Adobe Target を操作するときのキャンペーン内で許可されるアーティファクトの最大数は次のとおりです。

  • 場所:50
  • エクスペリエンス:2,000
  • 指標:50
  • レポートのセグメント:50

このページ