Query Builder API

Query Builder を使用すると、AEM のコンテンツリポジトリーへのクエリを簡単に実行できます。この機能は、Java API と REST API を通じて公開されます。この文書ではこれらの API について説明します。

サーバーサイド Query Builder(QueryBuilder)はクエリの記述を受け入れ、XPath クエリを作成して実行します。オプションで結果セットのフィルタリング、必要に応じてファセットの抽出もおこないます。

クエリの記述は、単に述語(Predicate)のセットです。例としては、XPath の jcr:contains() 関数に対応するフルテキスト述語が含まれます。

各述語タイプに、1 つのエバリュエーターコンポーネント(PredicateEvaluator)があります。これらのコンポーネントは、XPath、フィルタリングおよびファセットの抽出に対してその特定の述語を処理する方法を理解しています。OSGi コンポーネントのランタイムによってプラグインされる、カスタムのエバリュエーターを作成するのは簡単です。

REST API を使用すると、JSON で送信される応答を使用した HTTP によって、まったく同じ機能にアクセスできます。

メモ

QueryBuilder API は JCR API を使用して構築されています。また、OSGi バンドル内から JCR API を使用して、AEM JCR をクエリすることもできます。詳しくは、JCR API を使用した Adobe Experience Manager データのクエリを参照してください。

Gem セッション

AEM Gems は、アドビの専門家が提供する、Adobe Experience Manager を技術的に深く掘り下げた一連のセッションです。

Query Builder 専用のセッションを確認し、ツールの概要と使用方法を確認できます。

サンプルクエリ

以下のサンプルは、Java プロパティのスタイル表記法で示されています。これらのサンプルを Java API で使用するには、この後の API サンプルのように Java HashMap を使用します。

QueryBuilder JSON サーブレットの場合、各例には AEM インストールへのリンクの例が含まれています(デフォルトの場所:http://<host>:<port>)。これらのリンクを使用する前に、AEM インスタンスにログインする必要があります。

注意

デフォルトでは、この Query Builder JSON サーブレットは最大 10 件の結果を表示します。

次のパラメーターを追加すると、サーブレットですべてのクエリ結果を表示できます。

p.limit=-1

メモ

返された JSON データをブラウザーで表示するのに、Firefox 用 JSONView などのプラグインを使用できます。

すべての結果を返す

以下のクエリは 10 件の結果を返します(正確には最大 10 件)が、通知されるのは実際に表示可能な​ヒット数​です。

http://<host>:<port>/bin/querybuilder.json?path=/content&1_property=sling:resourceType&1_property.value=wknd/components/structure/page&1_property.operation=like&orderby=path

path=/content
1_property=sling:resourceType
1_property.value=wknd/components/structure/page
1_property.operation=like
orderby=path

同じクエリで、パラメーター p.limit=-1 を使用すると、すべての結果が返されます(インスタンスによっては非常に多くなることがあります)。

http://<host>:<port>/bin/querybuilder.json?path=/content&1_property=sling:resourceType&1_property.value=wknd/components/structure/page&1_property.operation=like&orderby=path&p.limit=-1

path=/content
1_property=sling:resourceType
1_property.value=wknd/components/structure/page
1_property.operation=like
p.limit=-1
orderby=path

p.guessTotal を使用して結果を返す

p.guessTotal パラメーターの目的は、実用最小限の p.offset 値と p.limit 値を組み合わせることによって、表示できる適切な結果数を返すことです。このパラメーターを使用するメリットは、結果セットが大きい場合にパフォーマンスが向上することです。これにより、総合計の計算(例:result.getSize() の呼び出し)と結果セット全体の読み込みが回避され、OAK エンジンおよびインデックスに至るまですべてが最適化されます。結果が 10 万件ある場合、実行時間とメモリ使用量の両方で大きな変化が見られる可能性があります。

このパラメーターのデメリットは、ユーザーには正確な合計が表示されないことです。ただし、p.guessTotal=1000 のように最小値を設定することで、1000 件までは必ず読み込まれれるにできます。その結果、それより小さな結果セットについては正確な合計を取得できますが、それを超えた場合は「それ以上」ということしかわかりません。

以下のクエリに p.guessTotal=true を追加して、どのように機能するかを見てみましょう。

http://<host>:<port>/bin/querybuilder.json?path=/content&1_property=sling:resourceType&1_property.value=wknd/components/structure/page&1_property.operation=like&p.guessTotal=true&orderby=path

path=/content
1_property=sling:resourceType
1_property.value=wknd/components/structure/page
1_property.operation=like
p.guessTotal=true
orderby=path

このクエリは、p.limit のデフォルトである 10 件の結果をオフセット 0 で返します。

"success": true,
"results": 10,
"total": 10,
"more": true,
"offset": 0,

数値を使用してカスタムの最大結果数までカウントアップすることもできます。上述と同じクエリを使用して、p.guessTotal の値を 50 に変更してみます。

http://<host>:<port>/bin/querybuilder.json?path=/content&1_property=sling:resourceType&1_property.value=wknd/components/structure/page&1_property.operation=like&p.guessTotal=50&orderby=path

このクエリは、同じデフォルトの制限である 10 件の結果をオフセット 0 で返しますが、表示されるのは最大 50 件までです。

"success": true,
"results": 10,
"total": 50,
"more": true,
"offset": 0,

ページネーションの実装

デフォルトでは、Query Builder はヒット数も通知します。正確な数を決定するために、アクセス制御を結果ごとに確認するので、結果のサイズによっては長い時間がかかることがあります。合計は、主としてエンドユーザー向け UI のページネーションの実装に使用されます。正確な数の決定には時間がかかることがあるので、guessTotal 機能を使用してページネーションを実装することをお勧めします。

例えば、この UI は以下の手法に適応できます。

  • 100 以下の合計ヒット数の正確な数(SearchResult.getTotalMatches() または querybuilder.json 応答の合計)を取得して表示します。

  • guessTotal を 100 に設定して、Query Builder への呼び出しを作成します。

  • 応答は、以下のような結果になる可能性があります。

    • total=43more=false - 合計ヒット数が 43 であることを意味します。UI には先頭ページの一部として 10 件の結果が表示され、続く 3 ページのページネーションが提供されます。この実装を使用して、「43 件の結果が見つかりました」のような説明テキストを表示することもできます。
    • total=100more=true - 合計ヒット数が 100 を超え、正確な数が不明であることを意味します。UI には先頭ページの一部として 10 件の結果が表示され、続く 10 ページのページネーションが提供されます。この実装を使用して、「100 件を超える結果が見つかりました」のようなテキストを表示することもできます。ユーザーが次のページに移動すると、Query Builder への呼び出しによって guessTotal の制限と、offset パラメーターおよび limit パラメーターの制限が増やされます。

UI が無限スクロールを使用する必要がある場合は、Query Builder によって正確なヒット数が決定されないように、guessTotal も使用する必要があります。

jar ファイルを検索して新しい順に並べ替える

http://<host>:<port>/bin/querybuilder.json?type=nt:file&nodename=*.jar&orderby=@jcr:content/jcr:lastModified&orderby.sort=desc

type=nt:file
nodename=*.jar
orderby=@jcr:content/jcr:lastModified
orderby.sort=desc

すべてのページを検索して最終変更日で並べ替える

http://<host>:<port>/bin/querybuilder.json?type=cq:Page&orderby=@jcr:content/cq:lastModified

type=cq:Page
orderby=@jcr:content/cq:lastModified

すべてのページを検索して最終変更日で降順に並べ替える

http://<host>:<port>/bin/querybuilder.json?type=cq:Page&orderby=@jcr:content/cq:lastModified&orderby.sort=desc

type=cq:Page
orderby=@jcr:content/cq:lastModified
orderby.sort=desc

フルテキスト検索(スコアで並べ替え)

http://<host>:<port>/bin/querybuilder.json?fulltext=Management&orderby=@jcr:score&orderby.sort=desc

fulltext=Management
orderby=@jcr:score
orderby.sort=desc

特定のタグが付いたページの検索

http://<host>:<port>/bin/querybuilder.json?type=cq:Page&tagid=wknd:activity/cycling&tagid.property=jcr:content/cq:tags

type=cq:Page
tagid=wknd:activity/cycling
tagid.property=jcr:content/cq:tags

明確なタグ ID がわかっている場合は、例にあるように tagid 述語を使用します。

タグタイトルのパス(スペースなし)には、tag 述語を使用します。

前の例ではページ(cq:Page ノード)を検索しているので、tagid.property 述語にはそのノードからの相対パス(jcr:content/cq:tags)を使用する必要があります。デフォルトでは、tagid.property は、単に cq:tags となります。

複数パスの検索(グループを使用)

http://<host>:<port>/bin/querybuilder.json?fulltext=Experience&group.1_path=/content/wknd/us/en/magazine&group.2_path=/content/wknd/us/en/adventures&group.p.or=true

fulltext=Experience
group.p.or=true
group.1_path=/content/wknd/us/en/magazine
group.2_path=/content/wknd/us/en/adventures

このクエリでは、クエリ内のサブ式を区切る役目を果たす「グループ」(group)を使用しているので、標準の表記法よりも多くの括弧が含まれています。例えば、前の例は、次のように、よりわかりやすいスタイルで表現することができます。

"Experience" and ("/content/wknd/us/en/magazine" or "/content/wknd/us/en/adventures")

例にあるグループの内部では、path 述語が複数回使用されています。この述語の 2 つのインスタンスの区別と順序付け(一部の述語では順序付けが必要)をおこなう場合は、述語にプレフィックス N_ を付けます。N は順序を表すインデックスです。前の例では、こうして得られた述語は、1_path および 2_path です。

p 内の p.or は特殊な区切り文字で、後に続くもの(このケースでは or)がグループの​パラメーター​であることを示します。これは、グループのサブ述語(1_path など)とは対照的です。

p.or が指定されない場合、すべての述語は AND で連結されます。つまり、各結果がすべての述語を満たすことが必要になります。

メモ

異なる述語に対してであっても、単一のクエリ内で同じ数値のプレフィックスを使用することはできません。

プロパティの検索

cq:template プロパティを使用して、特定のテンプレートのすべてのページを検索できます。

http://<host>:<port>/bin/querybuilder.json?property=cq%3atemplate&property.value=%2fconf%2fwknd%2fsettings%2fwcm%2ftemplates%2fadventure-page-template&type=cq%3aPageContent

type=cq:PageContent
property=cq:template
property.value=/conf/wknd/settings/wcm/templates/adventure-page-template

これには、ページ自身ではなく、ページの jcr:content ノードが返されるという欠点があります。この問題を解決するには、相対パスで検索します。

http://<host>:<port>/bin/querybuilder.json?property=jcr%3acontent%2fcq%3atemplate&property.value=%2fconf%2fwknd%2fsettings%2fwcm%2ftemplates%2fadventure-page-template&type=cq%3aPage

type=cq:Page
property=jcr:content/cq:template
property.value=/conf/wknd/settings/wcm/templates/adventure-page-template

複数のプロパティの検索

property 述語を複数回使用する場合、ここでも、数字のプレフィックスを付加する必要があります。

http://<host>:<port>/bin/querybuilder.json?1_property=jcr%3acontent%2fcq%3atemplate&1_property.value=%2fconf%2fwknd%2fsettings%2fwcm%2ftemplates%2fadventure-page-template&2_property=jcr%3acontent%2fjcr%3atitle&2_property.value=Cycling%20Tuscany&type=cq%3aPage

type=cq:Page
1_property=jcr:content/cq:template
1_property.value=/conf/wknd/settings/wcm/templates/adventure-page-template
2_property=jcr:content/jcr:title
2_property.value=Cycling Tuscany

プロパティの複数の値の検索

1 つのプロパティに対して複数の値を検索する場合("A" or "B" or "C")に、グループが大きくならないようにするには、property 述語に複数の値を指定します。

http://<host>:<port>/bin/querybuilder.json?property=jcr%3atitle&property.1_value=Cycling%20Tuscany&property.2_value=Ski%20Touring&property.3_value=Whistler%20Mountain%20Biking

property=jcr:title
property.1_value=Cycling Tuscany
property.2_value=Ski Touring
property.3_value=Whistler Mountain Biking

複数値を持つプロパティの場合、複数の値が一致することを必須にできます("A" and "B" and "C")。

http://<host>:<port>/bin/querybuilder.json?property=jcr%3atitle&property.and=true&property.1_value=Cycling%20Tuscany&property.2_value=Ski%20Touring&property.3_value=Whistler%20Mountain%20Biking

property=jcr:title
property.and=true
property.1_value=Cycling Tuscany
property.2_value=Ski Touring
property.3_value=Whistler Mountain Biking

返されるプロパティの絞り込み

デフォルトでは、次の JSON サーブレットは検索結果内の各ノードに関するデフォルトのプロパティのセット(path、name、title など)を返します。QueryBuilder返されるプロパティを制御するために、次のいずれかの操作を実行できます。

以下のように

p.hits=full

を指定すると、各ノードのすべてのプロパティが含まれるようになります。

http://<host>:<port>/bin/querybuilder.json?p.hits=full&property=jcr%3atitle&property.value=Cycling%20Tuscany

property=jcr:title
property.value=Cycling Tuscany
p.hits=full

以下のように

p.hits=selective

を使用して、取得するプロパティを

p.properties

で指定し、スペースで区切ります。

http://<host>:<port>/bin/querybuilder.json?p.hits=selective&p.properties=sling%3aresourceType%20jcr%3aprimaryType&property=jcr%3atitle&property.value=Cycling%20Tuscany

property=jcr:title
property.value=Cycling Tuscany
p.hits=selective
p.properties=sling:resourceType jcr:primaryType

他に実行可能な方法として、Query Builder の応答に子ノードを含めることができます。これをおこなうには、

p.nodedepth=n

を指定します。n は、クエリが返すレベルの数です。子ノードが返されるようにするには、プロパティセレクターでそのように指定する必要があるので、注意してください。

p.hits=full

例:

http://<host>:<port>/bin/querybuilder.json?p.hits=full&p.nodedepth=5&property=jcr%3atitle&property.value=Cycling%20Tuscany

property=jcr:title
property.value=Cycling Tuscany
p.hits=full
p.nodedepth=5

述語の詳細

述語の詳細については、Query Builder の述語リファレンスのページを参照してください。

PredicateEvaluator クラスの Javadoc も参照してください。これらのクラスの Javadoc ドキュメントには、使用できるプロパティのリストが含まれています。

クラス名のプレフィックス(SimilarityPredicateEvaluatorsimilar など)は、クラスの​プリンシパルプロパティ​です。このプロパティは、クエリ内で使用する述語の名前(小文字で使用)でもあります。

このようなプリンシパルプロパティの場合は、クエリを短縮して、完全修飾バリアント similar=/content/en の代わりに similar.similar=/content/en を使用できます。完全修飾形式は、クラスのプリンシパルプロパティではないすべてのプロパティに対して使用する必要があります。

Query Builder API の使用例

   String fulltextSearchTerm = "WKND";

    // create query description as hash map (simplest way, same as form post)
    Map<String, String> map = new HashMap<String, String>();

// create query description as hash map (simplest way, same as form post)
    map.put("path", "/content");
    map.put("type", "cq:Page");
    map.put("group.p.or", "true"); // combine this group with OR
    map.put("group.1_fulltext", fulltextSearchTerm);
    map.put("group.1_fulltext.relPath", "jcr:content");
    map.put("group.2_fulltext", fulltextSearchTerm);
    map.put("group.2_fulltext.relPath", "jcr:content/@cq:tags");

    // can be done in map or with Query methods
    map.put("p.offset", "0"); // same as query.setStart(0) below
    map.put("p.limit", "20"); // same as query.setHitsPerPage(20) below

    Query query = builder.createQuery(PredicateGroup.create(map), session);
    query.setStart(0);
    query.setHitsPerPage(20);

    SearchResult result = query.getResult();

    // paging metadata
    int hitsPerPage = result.getHits().size(); // 20 (set above) or lower
    long totalMatches = result.getTotalMatches();
    long offset = result.getStartIndex();
    long numberOfPages = totalMatches / 20;

    //Place the results in XML to return to client
    DocumentBuilderFactory factory = DocumentBuilderFactory.newInstance();
    DocumentBuilder builder = factory.newDocumentBuilder();
    Document doc = builder.newDocument();

    //Start building the XML to pass back to the AEM client
    Element root = doc.createElement( "results" );
    doc.appendChild( root );

    // iterating over the results
    for (Hit hit : result.getHits()) {
       String path = hit.getPath();

      //Create a result element
      Element resultel = doc.createElement( "result" );
      root.appendChild( resultel );

      Element pathel = doc.createElement( "path" );
      pathel.appendChild( doc.createTextNode(path ) );
      resultel.appendChild( pathel );
    }

同じクエリが、Query Builder(JSON)サーブレットを使用して HTTP を介して実行されます。

http://<host>:<port>/bin/querybuilder.json?path=/content&type=cq:Page&group.p.or=true&group.1_fulltext=WKND&group.1_fulltext.relPath=jcr:content&group.2_fulltext=WKND&group.2_fulltext.relPath=jcr:content/@cq:tags&p.offset=0&p.limit=20

クエリの保存と読み込み

クエリはリポジトリーに保存して後で使用することができます。QueryBuilder には次のシグネチャを持つ storeQuery メソッドがあります。

void storeQuery(Query query, String path, boolean createFile, Session session) throws RepositoryException, IOException;

QueryBuilder#storeQuery メソッドを使用すると、指定した Query が、createFile 引数の値に応じてファイルまたはプロパティとしてリポジトリーに保存されます。次の例に、Query をファイルとしてパス /mypath/getfiles に保存する方法を示します。

builder.storeQuery(query, "/mypath/getfiles", true, session);

以前に保存したクエリはすべて、QueryBuilder#loadQuery メソッドを使用してリポジトリーから読み込むことができます。

Query loadQuery(String path, Session session) throws RepositoryException, IOException

例えば、パス Query に保存された /mypath/getfiles は、次のコードによって読み込むことができます。

Query loadedQuery = builder.loadQuery("/mypath/getfiles", session);

テストとデバッグ

Query Builder のクエリを試してみたり、デバッグしたりする場合は、次の URL にアクセスして、Query Builder Debugger コンソールを使用できます。

http://<host>:<port>/libs/cq/search/content/querydebug.html

または、次の URL にアクセスして、Query Builder JSON サーブレットを使用できます。

http://<host>:<port>/bin/querybuilder.json?path=/tmp

path=/tmp は単なる例です。

デバッグに関する一般的な推奨事項

ログから説明可能な XPath を取得する

開発サイクルでは、設定されたターゲットインデックスに対して、すべての​クエリの説明を実行します。

  1. QueryBuilder の DEBUG ログを有効にして、基になる説明可能な XPath クエリを取得します。
    • https://<host>:<port>/system/console/slinglog に移動します。DEBUG に、com.day.cq.search.impl.builder.QueryImpl の新しいロガーを作成します。
  2. 上述のクラスで DEBUG を有効にすると、Query Builder で生成された XPath がログに表示されます。
  3. 関連する Query Builder クエリのログエントリから XPath クエリをコピーします。以下に例を示します。
    • com.day.cq.search.impl.builder.QueryImpl XPath query: /jcr:root/content//element(*, cq:Page)[(jcr:contains(jcr:content, "WKND") or jcr:contains(jcr:content/@cq:tags, "WKND"))]
  4. クエリ計画を取得する XPath として、XPath クエリをクエリの説明を実行に貼り付けます。

Query Builder Debugger を使用して説明可能な XPath を取得する

AEM Query Builder Debugger を使用して、説明可能な XPath クエリを生成します。

Query Builder Debugger

  1. Query Builder Debugger で Query Builder クエリを指定します。
  2. 検索を実行します。
  3. 生成された XPath を取得します。
  4. クエリ計画を取得する XPath として、XPath クエリをクエリの説明を実行に貼り付けます。
メモ

Query Builder 以外のクエリ(XPath、 JCR-SQL2)は、クエリの説明を実行に直接指定できます。

ログ出力付きのクエリのデバッグ

メモ

ロガーの設定は、ドキュメント「ロギング」に記述されています。

前の「テストおよびデバッグ」節に記述されたクエリを実行したときの Query Builder 実装のログ出力(情報レベル)。

com.day.cq.search.impl.builder.QueryImpl executing query (predicate tree):
null=group: limit=20, offset=0[
    {group=group: or=true[
        {1_fulltext=fulltext: fulltext=WKND, relPath=jcr:content}
        {2_fulltext=fulltext: fulltext=WKND, relPath=jcr:content/@cq:tags}
    ]}
    {path=path: path=/content}
    {type=type: type=cq:Page}
]
com.day.cq.search.impl.builder.QueryImpl XPath query: /jcr:root/content//element(*, cq:Page)[(jcr:contains(jcr:content, "WKND") or jcr:contains(jcr:content/@cq:tags, "WKND"))]
com.day.cq.search.impl.builder.QueryImpl no filtering predicates
com.day.cq.search.impl.builder.QueryImpl query execution took 69 ms

フィルターをおこなう述語エバリュエーターや、コンパレーターでカスタム順序を使用する述語エバリュエーターを使用するクエリがある場合は、クエリ内にそのことも記述されます。

com.day.cq.search.impl.builder.QueryImpl executing query (predicate tree):
null=group: [
    {nodename=nodename: nodename=*.jar}
    {orderby=orderby: orderby=@jcr:content/jcr:lastModified}
    {type=type: type=nt:file}
]
com.day.cq.search.impl.builder.QueryImpl custom order by comparator: jcr:content/jcr:lastModified
com.day.cq.search.impl.builder.QueryImpl XPath query: //element(*, nt:file)
com.day.cq.search.impl.builder.QueryImpl filtering predicates: {nodename=nodename: nodename=*.jar}
com.day.cq.search.impl.builder.QueryImpl query execution took 272 ms
Javadoc 説明
com.day.cq.search 基本 Query Builder とクエリ API
com.day.cq.search.result Result API
com.day.cq.search.facets ファセット
com.day.cq.search.facets.buckets バケット(ファセット内に含まれる)
com.day.cq.search.eval 述語エバリュエーター
com.day.cq.search.facets.extractors ファセット抽出(エバリュエーター用)
com.day.cq.search.writer Query Builder サーブレット用の JSON Result Hit Writer (/bin/querybuilder.json)

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now