Java API ガイドライン

Adobe Experience Manager(AEM)は、開発時に使用可能な多数の Java API を公開する豊富なオープンソースソフトウェアスタックに基づいて構築されています。

AEM は、優先順に次の 4 つの主要な Java API セットに基づいて構築されています。

  1. Adobe Experience Manager(AEM) - 製品の抽象概念(ページ、アセット、ワークフローなど)。
  2. Apache Sling Web フレームワーク - REST およびリソースベースの抽象概念(リソース、値マップ、HTTP リクエストなど)。
  3. JCR(Apache Jackrabbit Oak) - データおよびコンテンツの抽象概念(ノード、プロパティ、セッションなど)。
  4. OSGi(Apache Felix) - OSGi アプリケーションコンテナの抽象概念(サービスや(OSGi)コンポーネントなど)。

AEM が API を提供する場合は、それを Sling、JCR、OSGi よりも優先します。AEM が API を提供しない場合は、Sling を JCR や OSGi よりも優先します。

これらのガイドラインについて詳しくは、Java API のベストプラクティスについてを参照してください。

このページ