AEM Developer Tools for Eclipse

概要

AEM Developer Tools for Eclipse は、Apache License 2 に従ってリリースされた Apache Sling 向け Eclipse プラグイン をベースとする Eclipse プラグインです。

このツールは、AEM 開発を容易にする次のような機能を提供します。

  • Eclipse Server Connector による AEM インスタンスとのシームレスな統合
  • コンテンツと OSGi バンドルの同期
  • コードのホットスワップ機能を備えたデバッグサポート
  • 固有のプロジェクト作成ウィザードからの AEM プロジェクトの簡単なブートストラップ
  • JCR プロパティの容易な編集

要件

AEM Developer Tools を使用する前に、次の作業が必要です。

メモ

macOS では、Eclipse.app を右クリックし、「パッケージの内容を表示」を選択して、eclipse.iniを探します。

AEM Developer Tools for Eclipse のインストール方法

上記の要件を満たしたら、次の手順でプラグインをインストールできます。

  1. AEM Developer Tools Web サイトを開きます。

  2. インストール用リンク​をコピーします。

    または、インストール用リンクを使用する代わりに、アーカイブをダウンロードすることもできます。この方法ではオフラインインストールが可能ですが、自動アップデート通知は受けられません。

  3. Eclipse で、Help メニューを開きます。

  4. Install New Software」をクリックします。

  5. Add…」をクリックします。

  6. Name」に AEM Developer Tools と入力します。

  7. Location」にインストール用 URL をコピーします。

  8. Add」をクリックします。

  9. AEM」プラグインと「Sling」プラグインの両方をオンにします。

  10. Next」をクリックします。

  11. Install Details ウィンドウで、「Next」を再度クリックします。

  12. 使用許諾契約書に同意し、「Finish」をクリックします。

  13. Restart Now」をクリックして、Eclipse を再起動します。

AEM パースペクティブ

Eclipse では、パースペクティブによって、ウィンドウ内で使用可能なアクションやビューが決まり、Eclipse のリソースとのタスク指向のやり取りが可能になります。パースペクティブについて詳しくは、Eclipse のドキュメントを参照してください。

AEM Development Tools for Eclipse には、AEM プロジェクトおよびインスタンスを完全にコントロールできる AEM パースペクティブが用意されています。AEM パースペクティブを開くには、次の操作を行います。

  1. Eclipse メニューバーから、WindowPerspectiveOpen PerspectiveOther を選択します。
  2. ダイアログで「AEM」を選択し、「Open」をクリックします。

Eclipse の AEM パースペクティブ

サンプルのマルチモジュールプロジェクト

AEM Developer Tools for Eclipse には、サンプルのマルチモジュールプロジェクトが同梱されています。このプロジェクトは、Eclipse でのプロジェクト設定を手早く行うために役立つだけでなく、いくつかの AEM 機能に対するベストプラクティスガイドの役割も果たします。プロジェクトのアーキタイプについて詳しくは、こちらを参照してください。

次の手順を実行して、サンプルプロジェクトを作成します。

  1. FileNewProject​メニューで、「AEM」セクションを参照して、「AEM Sample Multi-Module Project」を選択します。

    AEM サンプルマルチモジュールプロジェクト

  2. Next」をクリックします。

    メモ

    m2eclipse がアーキタイプカタログをスキャンする必要があるので、この手順には少し時間がかかることがあります。

  3. メニューから「com.adobe.granite.archetypes : sample-project-archetype : <highest-number>」を選択し、「Next」をクリックします。

    アーキタイプバージョンの選択

  4. サンプルプロジェクトの次のフィールドを指定します。

    • Name
    • Group Id
    • Artifact Id
    • appId - この値を設定するには、「Advanced」オプションを展開する必要があります。
    • appTitle - この値を設定するには、「Advanced」オプションを展開する必要があります。
    • Package - この値を設定するには、「Advanced」オプションを展開する必要があります。

    アーキタイププロパティの定義

  5. Next」をクリックします。

  6. 次に、Eclipse の接続先となる AEM サーバーを設定します。

    デバッガー機能を使用するには、AEM をデバッグモードで起動する必要があります。コマンドラインに以下を追加するなどして、デバッグモードで起動できます。

        -nofork -agentlib:jdwp=transport=dt_socket,server=y,suspend=n,address=10123
    

    AEM サーバーへの接続

  7. Finish」をクリックします。プロジェクト構造が作成されます。

    メモ

    新規インストールの場合(より具体的には、Maven の依存関係をダウンロードしたことがない場合)は、プロジェクトを作成するとエラーが表示されることがあります。その場合は、無効なプロジェクト定義の解決で説明されている手順に従ってください。

既存プロジェクトの読み込み方法

New Project 機能を使用して、適切な構造を次の手順で作成できます。

  1. サンプルのマルチモジュールプロジェクトを作成する手順に従うと、次のプロジェクトが自動的に作成されます。これらを使用して、関心事を合理的に分離できます。

    • PROJECT.ui.apps/apps および /etc のコンテンツ用
    • PROJECT.ui.content/content の作成済みコンテンツ用
    • PROJECT.core:Java バンドル用(Java コードの追加が必要になれば関心も高くなります)
    • PROJECT.it.launcher および PROJECT.it.tests:統合テスト用
  2. PROJECT.ui.apps プロジェクトの内容をパッケージの apps フォルダーと etc フォルダーに置き換えます。

    1. Project Explorer パネルで、PROJECT.ui.appssrcmaincontentjcr_rootapps を展開します。
    2. apps フォルダーを右クリックし、Show InSystem Explorer を選択します。
    3. 表示される apps フォルダーと etc フォルダーを削除し、その場所にコンテンツパッケージの apps フォルダーと etc フォルダーを配置します。
    4. Eclipse で PROJECT.ui.apps プロジェクトを右クリックし、「Refresh」を選択します。
  3. 続いて、PROJECT.ui.content に対して同じことを行い、そのコンテンツフォルダーをパッケージの 1 つに置き換えます。

    1. Project Explorer パネルで、PROJECT.ui.contentsrcmaincontentjcr_rootcontent を展開します。
    2. 深い階層のコンテンツフォルダーを右クリックし、Show InSystem Explorer を選択します。
    3. 表示されるコンテンツフォルダーを削除し、その場所にコンテンツパッケージのコンテンツフォルダーを配置します。
    4. Eclipse で PROJECT.ui.content プロジェクトを右クリックし、「Refresh」を選択します。
  4. 次に、コンテンツパッケージの内容に対応するように、これら 2 つのプロジェクトの filter.xml ファイルを更新する必要があります。それには、コンテンツパッケージの META-INF/vault/filter.xml ファイルを別のテキスト/コードエディターで開きます。

    • filter.xml ファイルの例を次に示します。
    <?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
    <workspaceFilter version="1.0">
        <filter root="/apps/foo"/>
        <filter root="/apps/foundation/components/bar"/>
        <filter root="/etc/designs/foo"/>
        <filter root="/content/foo"/>
        <filter root="/content/dam/foo"/>
        <filter root="/content/usergenerated/content/foo"/>
    </workspaceFilter>
    
  5. 2 つのプロジェクトに分割されたパッケージ内容については、これらのフィルタールールを 2 つに分割し、それに応じて 2 つのプロジェクトの filter.xml ファイルを更新する必要もあります。

    1. Eclipse で PROJECT.ui.apps/src/main/content/META-INF/filter.xml を開きます。
    2. <workspaceFilter> 要素の内容を、/apps または /etc で始まる、パッケージのルールに置き換えます
      • 例えば、次のようにします。

        <?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
        <workspaceFilter version="1.0">
           <filter root="/apps/foo"/>
           <filter root="/apps/foundation/components/bar"/>
           <filter root="/etc/designs/foo"/>
        </workspaceFilter>
        
    3. 次に、PROJECT.ui.content/src/main/content/META-INF/filter.xml を開きます。
    4. ルールを、/content で始まる、パッケージのルールに置き換えます。
      • 例えば、次のようにします。

        <?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
        <workspaceFilter version="1.0">
           <filter root="/content/foo"/>
           <filter root="/content/dam/foo"/>
           <filter root="/content/usergenerated/content/foo"/>
        </workspaceFilter>
        
  6. すべての変更を保存してください。これで、新しいコンテンツが AEM インスタンスに同期するようになりました。

  7. Servers パネルで、接続が開始されていることを確認します。開始していない場合は開始します。

  8. Clean and Publish」アイコンをクリックします。

完了したら、インスタンスでパッケージが動作しており、保存時には、変更が自動的にインスタンスに同期します。

プロジェクトからパッケージを再ビルドする場合は、PROJECT.ui.apps または PROJECT.ui.content を右クリックし、Run AsMaven install を選択します。

これで、ターゲットフォルダーが作成されて、その中にパッケージ(例:PROJECT.ui.apps-0.0.1-SNAPSHOT.zip)が含まれています。

トラブルシューティング

無効なプロジェクト定義の解決

無効な依存関係およびプロジェクト定義を解決するには、次の手順を実行します。

  1. 作成したプロジェクトをすべて選択します。
  2. 右クリックします。
  3. コンテキストメニューで、MavenUpdate Projects を選択します。
  4. Force Updates of Snapshot/Releases」をオンにします。
  5. OK」をクリックします。

必要な依存関係が自動的にダウンロードされます。これには少し時間がかかる場合があります。

詳細情報

Apache Sling IDE tooling for Eclipse の公式 Web サイトでは、次の役立つ情報を参照できます。

次の公式の Eclipse ドキュメントは、環境の設定に役立ちます。

このページ