CRXDE Lite の使用

CRXDE Lite は AEM クイックスタートの一部で、ブラウザー内のローカル開発環境でリポジトリーにアクセスして変更できます。CRXDE Lite を使用して、ファイル、フォルダー、ノード、プロパティを編集できます。この使いやすいインターフェースでリポジトリー全体にアクセスできます。

メモ

CRXDE Lite は、ローカル開発環境でのみ使用できます。AEM as a Cloud Service では使用できません。

CRXDE Lite の使用

CRXDE Lite を使い始めるには:

  1. ローカルの AEM 開発クイックスタートを開始します。
  2. ブラウザーで、URL https://<host>:<port>/crx/de を開きます。
  3. ユーザー名​と​パスワード​を入力します。
  4. OK」をクリックします。

ブラウザーでは、CRXDE Lite のユーザーインターフェイスは次のように表示されます。

CRXDE Lite インターフェイス

これで、CRXDE Lite を使用してアプリケーションを開発できます。

ヒント

AEM メニューから CRXDE Lite にアクセスすることもできます。メインメニューから​ツール一般CRXDE Lite を選択します。

ユーザーインターフェイスの概要

CRXDE Lite のユーザーインターフェイスには多くのパーツと機能があります。

上部のスイッチャーバー

上部のスイッチャーバーを使用すると、CRXDE Lite、パッケージマネージャー、パッケージ共有をすぐに切り替えることができます。

ノードパスウィジェット

ノードパスウィジェットでは、現在選択されているノードへのパスが表示されます。

このウィジェットに手動でパスを入力するか、またはコピーしたパスを貼り付けて Enter キーを押すと、特定のノードにジャンプできます。

また、特定の名前を持つノードの検索がサポートされます。検索するノードの名前を入力して待機します(または、右側にある検索アイコンをクリックします)。特定のノードがエクスプローラーウィンドウに読み込まれると、リストが表示されます。パスを選択して Enter キーを押すと、その場所に移動できます。この機能は、ブラウザーで現在 CRXDE クライアントアプリケーションに読み込まれているノードでしか使用できません。リポジトリー全体を検索する場合は​ツールクエリ​を使用します。

エクスプローラーウィンドウ

エクスプローラーウィンドウ​には、リポジトリー内のすべてのノードのツリーが表示されます。

ノードをクリックして、そのプロパティを「プロパティ」タブに表示します。ノードをクリックしたら、ツールバーでアクションを選択できます。ノード名を変更するには、ノードをもう一度クリックします。

ツリーナビゲーションフィルター(双眼鏡アイコン):リポジトリー内のノードのうち、入力テキストが名前に含まれているノードをフィルタリングできます。このフィルターは、ローカルに読み込まれたノードにのみ適用されます。

編集ウィンドウ

編集ウィンドウ​を使用すると、リポジトリーで現在選択されているファイルの内容を表示できます。開かれた各ファイルは、ウィンドウに独自のタブとして表示されます。

ホーム」タブを使用すると、コンテンツやドキュメントを検索したり、デベロッパー向けのドキュメントや Adobe サポートにアクセスしたりできます。

エクスプローラーウィンドウ​でファイルをダブルクリックすると、その内容が​編集ウィンドウ​に表示されます。次にファイルを変更して保存できます。

編集ウィンドウ​でファイルを編集した後は、ツールバーで次のツールを使用できるようになります。

  • ツリーで表示 - リポジトリーツリーにファイルを表示します。
  • 検索/置換 - 検索または置換を実行します。

編集ウィンドウ​のステータス行をダブルクリックすると、移動​ダイアログが開くので、移動先の特定の行番号を入力できます。

「プロパティ」タブ

「プロパティ」タブ​には、選択したノードのプロパティが表示されます。新しいプロパティを追加したり、既存のプロパティを削除したりできます。

「アクセス制御」タブ

「アクセス制御」タブ​には、現在のパス、リポジトリ、またはプリンシパルに基づく権限が表示されます。

権限は、次のカテゴリに分類されます。

  • 適用可能なアクセス制御ポリシー - 現在の選択項目に適用可能なポリシー
  • ローカルアクセス制御ポリシー - 現在の選択項目に対してローカルに適用される現在のポリシー
  • 有効なアクセス制御ポリシー - 現在の選択項目に適用される現在のポリシーは、ローカルに設定されるか、親ノードから継承されます
メモ

アクセス制御情報を確認できるようにするには、CRXDE Lite にログインしたユーザーに ACL エントリを読み取る権限が割り当てられている必要があります。

「レプリケーション」タブ

「レプリケーション」タブ​は、現在のノードのレプリケーション状態を表示します。現在のノードをレプリケーションできます。または削除をレプリケーションできます。

「コンソール」タブ

「コンソール」タブ​には、ログメッセージが表示されます。ログレベルの設定、コンソールのクリア、選択したスクロール位置での固定およびメッセージの表示の有効化/無効化をおこなうことができます。

「ビルド情報」タブ

「ビルド情報」タブ​には、バンドルの構築中に情報が表示されます。

「更新」ボタン

「更新」ボタン​は、現在の選択を更新します。他のユーザーによる変更が、リポジトリの自分のビューで更新されます。自分がおこなった変更には影響を及ぼしません。

「すべて保存」ボタン

「すべて保存」ボタン​は、おこなった変更をすべて保存します。保存を選択するまで変更は一時的なものであり、コンソールを終了すると失われます。

  • 元に戻す - 前回の保存アクションの後に、選択したノードに対しておこなった変更をすべて破棄し、選択したノードにリポジトリーの現在の状態を再読み込みします
  • すべてを元に戻す - 前回の保存アクションの後に、リポジトリー全体でおこなった変更をすべて破棄し、リポジトリーの現在の状態を再読み込みします

「作成」ボタン

「作成」ボタン​は、選択したノードの下に次の項目を作成するドロップダウンメニューです。

  • ノード - 任意のノードタイプを持つノード
  • ファイル - nt:file ノードとその nt:resource サブノード
  • フォルダ - nt:folderノード

「削除」ボタン

「削除」ボタン​は、選択したノードを削除します。

「コピー」ボタン

「コピー」ボタン​は、選択したノードをコピーします。

「貼り付け」ボタン

「貼り付け」ボタン​は、コピーしたノードを選択したノードの下に貼り付けます。

「移動」ボタン

「移動」ボタン​は、選択したノードを、ダイアログを使用して設定されたノードに移動します。

名前を変更

「名前を変更」ボタン​は、選択したノードの名前を変更します。

Mixin

「Mixin」ボタン​を使うと、Mixin の種類をノードの種類に追加できます。Mixin の種類は、主に高度な機能の追加に使用されます。

ツール

「ツール」ボタン​は、次のツールを使用できるドロップダウンメニューです。

  • サーバー設定 - Felix コンソールにアクセスします(https://<host>:<port>/system/console/configMgr でも利用可能)
  • クエリ - リポジトリーを照会します
  • 権限 - 権限を表示または追加します
  • テストアクセス制御 - 特定のパスやプリンシパルの権限をテストします。
  • ノードタイプを書き出し - システム内のノードタイプを CND 表記として書き出します。
  • ノードタイプを読み込み - CND 表記を使用してノードタイプを読み込みます。

ログインウィジェット

ログインウィジェット​には、現在ログインしているユーザーが表示されます。

別のユーザーとしてログインまたは再ログインするには、このウィジェットをクリックします。@crx.default は、ユーザーがリポジトリーのデフォルトの(唯一の)ワークスペースにいることを表します。

環境設定​オプションを使用して、UI 言語を設定し、保存、検索、メモの作成など、様々な操作のホットキーを表示およびカスタマイズすることができます。

フォルダーの作成

CRXDE Lite でフォルダーを作成するには:

  1. ブラウザーで CRXDE Lite を開きます。

  2. ナビゲーションウィンドウで、新しいフォルダーを作成するフォルダーを右クリックして、「作成」、「フォルダーを作成」の順に選択します。

  3. フォルダーの​名前​を入力して、「OK」をクリックします。

  4. すべて保存」をクリックして、サーバーに変更を保存します。

ノードの作成

CRXDE Lite でノードを作成するには:

  1. ブラウザーで CRXDE Lite を開きます。
  2. エクスプローラーウィンドウで新しいノードを作成するノードを右クリックして、「作成」、「ノードを作成」の順に選択します。
  3. 名前​を入力して、タイプ​を選択します。
  4. OK」をクリックします。
  5. 「すべて保存」ボタン​をクリックして、サーバーに変更を保存します。

これで、プロパティを変更するか、または新しいノードを作成すれば、ニーズに合ったノードを作成できます。

メモ

ノードの作成​を含むほとんどの編集操作では、すべての変更をメモリに保持し、保存時(「すべて保存」ボタン​をクリックした場合)にのみそれらをリポジトリーに格納します。ただし、移動などの一部の操作は自動的に保持されます。
最初に変更を保存する際には、新しく作成したノードが親ノードのノードタイプで許可されるかどうかに関する検証もリポジトリーによって実行されます。ノードの保存時にエラーメッセージが表示された場合は、コンテンツ構造が有効かどうかを確認してください(例えば、nt:unstructured ノードを nt:folder ノードの子として作成することはできません)。

プロパティの作成

CRXDE Lite でプロパティを作成するには:

  1. ブラウザーで CRXDE Lite を開きます。
  2. エクスプローラーウィンドウで、新しいプロパティを追加するノードを選択します
  3. 下部のウィンドウの​「プロパティ」タブ​で、「名前」、「タイプ」および「」に入力します。
  4. 追加」をクリックします。
  5. 「すべて保存」ボタン​をクリックして、サーバーに変更を保存します。

ファイルの作成

CRXDE Lite で新しいファイルを作成するには:

  1. ブラウザーで CRXDE Lite を開きます。
  2. エクスプローラーウィンドウでファイルを作成するコンポーネントを右クリックして、「作成」、「ファイルを作成」の順に選択します。
  3. 拡張子を含む​ファイル名​を入力します。
  4. OK」をクリックします。
  5. 新しいファイルが​編集ウィンドウ内のタブとして開きます
  6. ファイルを編集します。
  7. 「すべて保存」ボタン​をクリックして、変更を保存します。

ノードタイプの書き出しと読み込み

CRXDE Lite では、Compact Namespace and Node Type Definition (CND) 表記でノードタイプ定義を読み込んだり、書き出したりできます。

CRXDE Lite でノードタイプ定義を書き出すには:

  1. ブラウザーで CRXDE Lite を開きます。
  2. 必要なノードを選択します。
  3. ツール」、「ノードタイプを書き出し」の順に選択します。
  4. ブラウザーの新しいタブに、定義が CND 表記で表示されます。
  5. 必要に応じて情報を保存します。

ノードタイプ定義を読み込むには:

  1. ブラウザーで CRXDE Lite を開きます。
  2. ツール」、「ノードタイプを読み込み」の順に選択します
  3. 編集ウィンドウ​に、ノードタイプを読み込み​というラベルが付いた新しいタブが開きます。
  4. ノードタイプを読み込み」タブのテキストボックスに、定義の CND 表記を入力します。
  5. 既存の定義を更新する場合は、「更新を許可」を選択します。
  6. 読み込み」をクリックします。

ログ

CRXDE Lite では、ファイルシステムの <aem-install-dir>/crx-quickstart/logs にある error.log ファイルを表示して、適切なログレベルでフィルタリングできます。以下の手順を実行します。

  1. ブラウザーで CRXDE Lite を開きます。
  2. ウィンドウ下部の「コンソール」タブの右にあるドロップダウンメニューで、「サーバーログ」を選択します。
  3. 停止」アイコンをクリックして、メッセージを表示します。

以下の操作を実行できます。

  • ログ設定​アイコンをクリックして、Felix コンソールでログパラメーターを調整します。
  • コンソール消去​アイコンをクリックしてメッセージを消去します。
  • コンソール固定​アイコンをクリックして、現在選択されている場所にメッセージを固定します。
  • 停止​アイコンをクリックしてメッセージの表示を有効または無効にします。

このページ