クラウド内の Dispatcher

はじめに

このページでは、Dispatcherツールと、サポートされるApacheモジュールのダウンロードおよび抽出方法について説明し、レガシーおよび柔軟なモードの概要を示します。 さらに、検証とデバッグ、およびDispatcher設定のAMSからAEM as aCloud Serviceへの移行に関する詳細な参照もあります

Dispatcher ツール

Dispatcher ツールは、AEM as a Cloud Service の SDK の一部で、以下を提供します。

  • Dispatcher 用の Maven プロジェクトにインクルードする設定ファイルを含んだバニラファイル構造。
  • AEM as a Cloud Service でサポートされているディレクティブのみ Dispatcher 設定に含まれていることを顧客が検証するためのツール。また、ツールでは、Apache を開始が正常に起動できるように、構文が正しいかどうかも検証されます。
  • Dispatcher をローカルで実行する Docker イメージ。

ツールのダウンロードと抽出

AEM as a Cloud Service SDK に含まれている Dispatcher ツールは、ソフトウェア配布ポータルで zip ファイルとしてダウンロードできます。新しいDispatcherツールバージョンで使用可能な新しい設定は、そのバージョン以降のAEMを実行するクラウド環境にデプロイするために使用できます。

SDKを解凍します。このSDKは、macOS、Linux、Windowsの両方のDispatcherツールをバンドルします。

macOS/Linux の場合:Dispatcher ツールのアーティファクトを実行可能にして実行します。保存先のディレクトリ(version は Dispatcher ツールのバージョン)の下にある、Dispatcher ツールファイルが自己-解凍されます。

$ chmod +x aem-sdk-dispatcher-tools-<version>-unix.sh
$ ./aem-sdk-dispatcher-tools-<version>-unix.sh
Verifying archive integrity...  100%   All good.
Uncompressing aem-sdk-dispatcher-tools-<version>-unix.sh 100%

Windows の場合:Dispatcher ツールの zip アーカイブを解凍します。

Dispatcherツールを使用した検証とデバッグ

Dispatcherツールは、プロジェクトのDispatcher設定を検証およびデバッグするために使用されます。 プロジェクトのDispatcher設定がフレキシブルモードとレガシーモードのどちらで構造化されているかに基づいて、以下で説明するページでこれらのツールを使用する方法について詳しく説明します。

  • 柔軟なモード - AEMアーキタイプ28以降の推奨モードとデフォルト 。Cloud Manager 2021.7.0リリース以降に作成された新しい環境用にCloud Managerでも使用されます。ユーザーは、フォルダーとファイルopt-in/USE_SOURCES_DIRECTLYを追加して、このモードを有効にできます。 この柔軟なモードを使用することで、rewritesフォルダーの下のファイル構造に制限はなく、レガシーモードでは1つのrewrite.rulesファイルが必要でした。 また、追加できるルールの数に制限はありません。 フォルダー構造とローカル検証について詳しくは、Dispatcherツールを使用した検証とデバッグを参照してください。

  • レガシーモード - Dispatcher設定のレガシーモードのフォルダー構造とローカル検証について詳しくは、 Dispatcherツール(レガシー)を使用した検証とデバッグを参照してくださ い。

AEMアーキタイプ28以降に付属する、従来の設定モデルからより柔軟な設定モデルに移行する方法について詳しくは、このドキュメントを参照してください。

サポートされるApacheモジュール

次の表に、サポートされる Apache モジュールを示します。

モジュール名 参照ページ
core https://httpd.apache.org/docs/2.4/mod/core.html
mod_access_compat https://httpd.apache.org/docs/2.4/mod/mod_access_compat.html
mod_alias https://httpd.apache.org/docs/2.4/mod/mod_alias.html
mod_allowmethods https://httpd.apache.org/docs/2.4/mod/mod_allowmethods.html
mod_authn_core https://httpd.apache.org/docs/2.4/mod/mod_authn_core.html
mod_authn_file https://httpd.apache.org/docs/2.4/mod/core.html
mod_authz_core https://httpd.apache.org/docs/2.4/mod/core.html
mod_authz_groupfile https://httpd.apache.org/docs/2.4/mod/mod_authz_groupfile.html
mod_deflate https://httpd.apache.org/docs/2.4/mod/mod_deflate.html
mod_dir https://httpd.apache.org/docs/2.4/mod/mod_dir.html
mod_env https://httpd.apache.org/docs/2.4/mod/mod_env.html
mod_filter https://httpd.apache.org/docs/2.4/mod/mod_filter.html
mod_headers https://httpd.apache.org/docs/2.4/mod/mod_headers.html
mod_mime https://httpd.apache.org/docs/2.4/mod/mod_mime.html
mod_proxy https://httpd.apache.org/docs/2.4/mod/mod_proxy.html
mod_proxy_http https://httpd.apache.org/docs/2.4/mod/mod_proxy_http.html
mod_remoteip https://httpd.apache.org/docs/2.4/mod/mod_remoteip.html
mod_reqtimeout https://httpd.apache.org/docs/2.4/mod/mod_reqtimeout.html
mod_rewrite https://httpd.apache.org/docs/2.4/mod/mod_rewrite.html
mod_security https://modsecurity.org/
mod_setenvif https://httpd.apache.org/docs/2.4/mod/mod_setenvif.html
mod_ssl (only the SSLProxyEngine directive) https://httpd.apache.org/docs/2.4/mod/mod_ssl.html#sslproxyengine
mod_substitute https://httpd.apache.org/docs/2.4/mod/mod_substitute.html
mod_userdir https://httpd.apache.org/docs/2.4/mod/mod_userdir.html

お客様は任意のモジュールを追加することはできませんが、今後追加のモジュールが組み込まれる可能性があります。 SDKでバリデーターの設定コマンドを実行すると、特定のDispatcherバージョンで使用できるディレクティブのリストを確認できま許可リストす。

Apache設定ファイルで許可されているディレクティブは、バリデーターの「 許可リスト 」コマンドを実行すると表示できます。

$ validator allowlist
Cloud manager validator 2.0.4
 
Allowlisted directives:
  <Directory>
  ...
  

フォルダー構造

上記のDispatcherツールを使用した検証とデバッグの節で説明したように、プロジェクトのApacheフォルダー構造とDispatcherフォルダー構造は、プロジェクトで使用しているモードに応じて若干異なります。

AMSからのDispatcher設定の移行

Dispatcher設定をAMSからAEM as aCloud ServiceにCloud Serviceする方法について詳しくは、 AMSからAEMへのDispatcher設定の移行を移行ページとして参照してください。

このページ