アクセシブルなサイトの作成に向けた RTE の設定

Adobe Experience Manager は、画像の代替テキストなどの標準的なアクセシビリティ機能と、コンテンツの作成時にアクセスできる追加機能をサポートしています。コンテンツ作成者は、リッチテキストエディター(RTE)を使用するコンポーネントでこれらの機能を使用します。この機能には、見出しや段落要素から代替テキストや構造情報を追加することなどが含まれます。

RTE の一般的な設定の詳細については、RTE の設定と、特定の機能に対する RTE プラグインの設定を参照してください。

RTE プラグイン設定を使用して、アクセシビリティ関連機能を設定およびカスタマイズします。例えば、デフォルトで提供される基本の H1H2H3 を超えた見出しレベルの数の拡張をサポートするなど、ブロックレベルのセマンティック要素を追加する場合に、paraformat を使用します。リッチテキストの編集は、オーサリングユーザーインターフェイスの多くのコンポーネントを使用できます。一般的に使用されるコンポーネントは、テキスト、画像、ダウンロードなどです。

RTE 機能は、多くのコンポーネントで使用できます。主要なコンポーネントは Text コンポーネントです。

Experience Manager の Text コンポーネントについて、paraformat を含む様々なプラグインが有効になっているリッチテキストエディターのスクリーンショットを次に示します。

フルスクリーンモードの RTE テキストコンポーネント

プラグイン機能の設定

RTE の設定手順については、リッチテキストエディターの設定ページを参照してください。この記事では、次の内容を扱っています。

プラグインの一部またはすべての機能をアクティブにするには、CRXDE Lite の適切な rtePlugins サブブランチ内にプラグインを設定します。

CRXDE Lite で rtePlugin の例を表示

例 - RTE 選択フィールドで使用可能な段落形式を設定

新しいセマンティックブロック形式が選択可能になりました。

  1. 使用している RTE によって、設定場所を特定し、移動します。
  2. プラグインをアクティベートすることにより、段落選択フィールドを有効にします。
  3. 段落選択フィールドで使用可能にする形式を指定します
  4. これにより、コンテンツ作成者は、指定した段落形式を RTE の選択フィールドから選択できます。

RTE で段落形式のオプションを使用して構造要素を利用できるので、Experience Manager はアクセシブルなコンテンツの開発に役立ちます。コンテンツ作成者は、RTE を使用してフォントサイズや色などの関連属性の形式を設定できず、インライン形式を作成できません。その代わり、作成者は、見出しなど適切に構造化された要素を選択でき、また、独自のスタイルシートを使用して正しく構造化されたコンテンツを参照するユーザに対して、明確なマークアップや高度なオプションを提供する「スタイル」オプションから選択したグローバルスタイルを使用できます。

ソース編集機能の使用

場合によっては、コンテンツ作成者は RTE を使用して作成された HTML ソースコードを調べ、調整する必要があります。例えば、RTE 内で作成されるコンテンツの一部が WCAG 2.0 に準拠するためには、より多くのマークアップが必要になる場合があります。これをおこなうには、RTE のソース編集オプションが使用できます。sourceedit 機能はmisctoolsプラグインで指定できます。

注意

sourceedit 機能の使用には十分に注意してください。入力エラーやサポートされていない機能によって問題が発生する場合があります。

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free