ヘッドレスコンテンツと、AEMでの翻訳方法について説明します

ヘッドレスな概念、AEMとのマッピング方法、AEM翻訳の理論について説明します。

目的

このドキュメントでは、ヘッドレスコンテンツ配信、AEMによるヘッドレスのサポート、およびコンテンツの翻訳方法について説明します。 ドキュメントを読めば、以下が可能です。

  • ヘッドレスコンテンツ配信の基本概念を理解します。
  • ヘッドレスと翻訳のサポート方法については、AEMでの理解を深めてください。

フルスタックコンテンツ配信

使いやすい大規模なコンテンツ管理システム(CMS)が登場して以来、組織はこれらをメッセージング、ブランディング、コミュニケーションを管理する一元的な場所として活用してきました。CMS をエクスペリエンス管理の中心として使用することで、異なるシステムでタスクを重複させる必要がなくなり、効率が向上しました。

従来のフルスタック CMS

フルスタックCMSでは、コンテンツを操作する機能はすべてCMS内にあります。 システムの機能は、CMS スタックの異なるコンポーネントを構成します。フルスタックソリューションには多くの利点があります。

  • 維持するシステムが1つあります。
  • コンテンツを一元的に管理できる。
  • システムのすべてのサービスが統合されている。
  • コンテンツのオーサリングはシームレスである。

したがって、新しいチャネルを追加する必要がある場合や、新しいタイプのエクスペリエンスをサポートする必要がある場合は、1つ以上の新しいコンポーネントをスタックに挿入でき、変更を加える場所は1つだけです。

スタックへの新しいチャネルの追加

ただし、スタック内の他の項目を変更に合わせて調整する必要があるので、スタック内の依存関係の複雑さがすぐに明らかになります。

ヘッドレスのヘッド

システムのヘッドは、通常、そのシステムの出力レンダラーです。一般的には、GUI やその他のグラフィカル出力の形式です。

ヘッドレス CMS では、CMS がコンテンツを管理し、コンシューマーに配信します。ただし、ヘッドレス CMS では、標準化された方法で​コンテンツ​を配信だけで、最終的な出力のレンダリングは省略され、コンテンツの​プレゼンテーション​は消費サービスに委ねられます。

ヘッドレス CMS

消費サービスは、ARエクスペリエンス、Webショップ、モバイルエクスペリエンス、プログレッシブWebアプリ(PWA)などで、ヘッドレスCMSからコンテンツを取り込み、独自のレンダリングを提供します。 ヘッドレス CMS は、コンテンツに合わせて独自のヘッドを提供します。

ヘッドを省略することで、複雑さが減り、CMS をシンプルになります。また、コンテンツのレンダリングの責任は、実際にコンテンツを必要とするサービスに移ります。多くの場合、サービスのほうがレンダリングに適しています。

AEMのヘッドレスコンテンツの翻訳

AEMは、従来のWebページを作成、管理、配信する堅牢なツールに加えて、コンテンツの自己完結型の選択範囲を作成し、ヘッドレスで提供する機能も備えています。

AEMの機能により、ヘッドレス、フルスタック、または両方のモデルで同時にコンテンツを配信できます。 翻訳スペシャリストの場合、同じ翻訳ツールセットを両方のタイプのコンテンツに適用でき、コンテンツを翻訳するための統一されたアプローチを提供します。

このジャーニーでは、AEMによるコンテンツの翻訳方法の詳細について学習しますが、概念はシンプルです。

  1. 翻訳統合フレームワークを設定して、翻訳サービスへの接続を定義します。
  2. 翻訳ルールを使用して翻訳するコンテンツを定義します。
  3. 翻訳プロジェクトを作成して、コンテンツを収集し、翻訳サービスに送信して、結果を受け取ります。
  4. 翻訳済みコンテンツをレビューして公開します。

次の手順

AEMヘッドレス翻訳ジャーニーを始めていただきありがとうございます。 ドキュメントを読んだので、次を理解しているはずです。

  • ヘッドレスコンテンツ配信の基本概念を理解します。
  • ヘッドレスと翻訳のサポート方法については、AEMでの理解を深めてください。

この知識に基づき、次に「 AEMヘッドレス翻訳の概要🔗 」のドキュメントを確認し、AEMヘッドレスコンテンツの管理方法と翻訳ツールの理解を深めることで、AEMヘッドレス翻訳のジャーニーを継続します。

その他のリソース

AEMヘッドレス翻訳の概要を確認して、ヘッドレス翻訳のジャーニーの次の部分に進むことをお勧めしますが、以下に、このドキュメントで取り上げたいくつかの概念について詳しく説明する、追加のオプションリソースを示します。

  • MSMと翻訳 - AEM Multi-Site Managerの詳細と翻訳ツールとの連携

このページ