AEM で単一ページアプリケーション(SPA)を作成する方法

AEM ヘッドレスデベロッパージャーニーの続編であるこのオプションパートでは、AEM でヘッドレス配信と従来のフルスタック CMS 機能を組み合わせる方法について説明します。また、AEM の SPA Editor フレームワークを使用して編集可能な SPA を作成する方法、および外部 SPA を統合し、必要に応じて編集機能を有効にする方法についても説明します。

これまでの説明内容

ここまでで、AEM ヘッドレスデベロッパージャーニーをすべて完了し、AEM におけるヘッドレス配信の基本(以下の内容)を理解できました。

  • ヘッドレスコンテンツ配信とヘッドフルコンテンツ配信の違い
  • AEM のヘッドレス機能
  • AEM ヘッドレスプロジェクトを編成する方法
  • AEM でヘッドレスコンテンツを作成する方法
  • AEM でヘッドレスコンテンツを取得および更新する方法
  • AEM ヘッドレスプロジェクトの運用を開始する方法

したがって、初めての AEM ヘッドレスプロジェクトの運用を既に開始したかもしれませんし、そうでなくても、そのために必要な知識はすべて習得したことになります。おめでとうございます。

それでは、ジャーニーの続編であるこのオプションパートになぜ取り組むのでしょうか。はじめにのパートでは、AEM でヘッドレス配信と従来のフルスタックモデルをサポートできるだけでなく、両方の利点を組み合わせたハイブリッドモデルもサポートできることを簡単に説明しました。従来のヘッドレスモデルでは不可能ですが、このようなハイブリッドモデルでは、特定のプロジェクトに対して、かつてないほどの柔軟性をもたらすことができます。

この記事では、AEM で実際に編集可能な独自の単一ページアプリケーション(SPA)を作成する方法を詳しく説明することで、AEM ヘッドレスに関する知識をさらに強固なものにします。こうして、コンテンツを作成して SPA にヘッドレスに配信できますが、その SPA は AEM で編集可能なままです。

目的

このドキュメントは、AEM SPA Editor フレームワークを使用して単一ページアプリケーションを開発する方法を理解するのに役立ちます。読み終えると、以下を達成できます。

  • SPA エディターの基本的な機能を理解する。
  • 完全に編集可能な AEM 対応 SPA を作成するための要件がわかる。
  • 外部 SPA を AEM に統合する方法を理解する。
  • サーバーサイドレンダリングを実装する際の推奨事項と禁止事項を理解する。

要件と前提条件

AEM で SPA の使用を開始するには、いくつかの要件があります。

知識

  • React または Angular フレームワークを使用した SPA の開発経験
  • AEM の基本的なスキル - コンテンツフラグメントの作成とエディターの使用
  • 可能な SPA 統合の様々なレベルを理解するには、](/docs/experience-manager-cloud-service/implementing/developing/headful-headless.html?lang=ja)AEM におけるヘッドフルとヘッドレス[のドキュメントを必ず確認してください。

ツール

  • プロジェクトの導入をテストするためのサンドボックスへのアクセス
  • ローカル開発モデリングとテスト用のデータインスタンス
  • 既存の外部 SPA(オプション、選択した統合モデルによる)
  • AEM プロジェクトアーキタイプ

SPA について

単一ページアプリケーション(SPA)は、クライアントサイドでレンダリングされ、主に JavaScript 主導であり、Ajax 呼び出しに依存してデータを読み込み、ページを動的に更新する点で、従来のページとは異なります。ほぼすべてのコンテンツは、1 回のページ読み込みで 1 回取得され、ユーザーによるページとのやり取りに基づいて、必要に応じて追加のリソースが非同期に読み込まれます。

これにより、ページを更新する必要が減り、シームレスで高速な、ネイティブアプリのエクスペリエンスに近いものをユーザーに提供できます。

AEM SPA エディターを使用すると、フロントエンド開発者は AEM のサイトに統合できる SPA を作成でき、コンテンツ作成者は SPA コンテンツを他の AEM コンテンツと同様に簡単に編集できます。

SPA が注目される理由

より速く、流動的で、よりネイティブアプリケーションに近い SPA は、Web ページの訪問者だけでなく、SPA の仕組みの性質上、マーケターや開発者にとっても非常に魅力的なエクスペリエンスとなります。

SPA とその使用理由について詳しくは、その他のリソースの節を参照して、詳細なドキュメントへのリンクをクリックしてください。

AEM での SPA の処理方法

AEM で単一ページアプリケーションを開発する場合、フロントエンド開発者は SPA を作成する際に標準的なベストプラクティスを順守するものと想定します。次の一般的なベストプラクティスには AEM 固有の原則はほぼなく、フロントエンド開発者がそれに従うことで、SPA は AEM とコンテンツオーサリング機能と共に機能します。

  • 移動可能 - その他のあらゆるコンポーネントと同様に、SPA コンポーネントは可能な限り移動可能な状態で構築する必要があります。SPA は、移動可能で再利用可能なコンポーネントを使用して構築する必要があります。
  • AEM を主軸にしたサイト構築 - フロントエンド開発者はコンポーネントを作成し、内部構造を所有しますが、AEM に依存してサイトのコンテンツ構造を定義します。
  • 動的レンダリング - すべてのレンダリングは動的である必要があります。
  • 動的ルーティング - SPA がルーティングを担当し、AEM がリッスンしてそれに基づいて取得します。どのルーティングも動的である必要があります。

AEM での SPA の処理方法について詳しくは、その他のリソースの節を参照して、詳細なドキュメントへのリンクをクリックしてください。

AEM SPA Editor

React や Angular などの一般的な SPA フレームワークを使用して構築したサイトは、Dynamic JSON を使用してコンテンツを読み込みます。サイトには、AEM ページエディターが編集コントロールを配置するために必要な HTML 構造がありません。

AEM 内で SPA の編集を有効にするには、SPA の JSON 出力と AEM リポジトリーのコンテンツモデルとの間でマッピングを行い、変更をコンテンツに保存できるようにする必要があります。

AEM の SPA サポートにより、シン JS レイヤーが導入されました。このレイヤーは、ページエディターに読み込まれると、SPA の JS コードとやり取りします。これにより、イベントを送信したり、編集コントロールの場所をアクティブにしてコンテキスト内で編集したりできます。この機能は、コンテンツサービス API エンドポイントの概念に基づいて構築されています。SPA のコンテンツは、コンテンツサービスを使用して読み込む必要があるからです。

AEM SPA Editor について詳しくは、その他のリソースの節を参照して、詳細なドキュメントへのリンクをクリックしてください。

既存の SPA への対応

既存の SPA がある場合、それを AEM に埋め込んで AEM エディターでコンテンツ作成者に表示することができます。これは、コンテンツフラグメントを使用して作成したコンテンツを、そのコンテンツが消費される最終アプリケーションのコンテキストで表示する場合に非常に役立ちます。

さらに、わずかな変更だけで、AEM エディター内の外部 SPA に対して特定の編集機能を有効にすることができます。

RemotePage コンポーネントを使用すると、AEM で外部 SPA をレンダリングできます。

外部 SPA を AEM で編集可能にする方法について詳しくは、その他のリソースの節を参照して、詳細なドキュメントへのリンクをクリックしてください。

次の手順

独自の AEM 対応 SPA の開発に取りかかるには、次のドキュメントを確認してください。

既存の SPA を AEM で使用するように適応させる必要がある場合は、次のドキュメントを確認してください。

AEM の SPA トピックをさらに詳しく解説するその他のリソースについては、以下を参照してください。

その他のリソース

以下の追加リソースでは、このドキュメントで言及したいくつかの概念について詳しく説明しています。

このページ