オファーの作成と管理 (オファーコンソール)

この オファー コンソールは今後非推奨となります。 これからは、次のようになります。

  • 以下を持つお客様のみが利用できます: レガシー 定義済みのオファー(既存)
  • 従来のオファーをエクスペリエンスフラグメントオファーに変換することをお勧めします
    • 最後のレガシーオファーが変換/削除されると、 オファー コンソールは使用できなくなります。

パーソナライゼーションコンソール

メモ

既存のレガシーオファーを持つお客様は、引き続き オファー コンソールを使用して、既存のオファーを表示したり、新しいレガシーオファーを作成したりできます。

既存のレガシーオファーを持たないお客様には、 オファー コンソール。

すべてのお客様が エクスペリエンスフラグメントオファー オファーを作成および管理する。

従来のオファーからエクスペリエンスフラグメントへの変換

A エクスペリエンスフラグメントバリエーションに変換 オプションとワークフローは、従来のオファーをエクスペリエンスフラグメントに変換するのに役立つように実装されています。

メモ

従来のオファーをエクスペリエンスフラグメントに変換する場合は、このワークフローをお勧めします。

メモ

また、新しいエクスペリエンスフラグメントを自分で作成し、従来のオファーからフラグメントにコンテンツを手動で転送してから、従来のオファーを削除することもできます。

注意

この エクスペリエンスフラグメントバリエーションに変換 オプションは、すべてのコアコンポーネントで使用できます。

このオプションは、カスタムコンポーネントではサポートされません。 このようなコンポーネントの場合は、コンテンツをエクスペリエンスフラグメントに手動で変換する必要があります。

注意

最後のレガシーオファーが変換/削除され次第、以下の手順に従います。

  • この オファー コンソールは使用できなくなります。
  • その他の影響を受けたコンポーネントのツールバーバー内のターゲットアイコンは表示されなくなります。
  1. オファーを含むページを編集用に開きます。

  2. 切り替え先 ターゲット設定 モードを設定します。

  3. ターゲット設定を開始」をクリックします。

  4. 適切な(ターゲットとした)コンポーネントを選択します。

  5. コンポーネントツールバーには、次のオプションが用意されています。 エクスペリエンスフラグメントバリエーションに変換:

    従来のオファーをエクスペリエンスフラグメントに変換する

  6. ダイアログが表示されます。 必要な アクション:

    • 新しいエクスペリエンスフラグメントを作成
    • 既存のエクスペリエンスフラグメントにコンテンツを追加する

    このシナリオの場合は、 新しいエクスペリエンスフラグメントを作成.

    エクスペリエンスフラグメントバリエーションに変換ダイアログ

  7. ダイアログの必須フィールドに入力します。

    • 親パス
      新しいエクスペリエンスフラグメントの親パスを指定
    • テンプレート
      エクスペリエンスフラグメントの作成に使用するテンプレートを選択します。
    • フラグメントのタイトル
      タイトルを指定します。
    • フラグメントタグ
      必要に応じてタグを追加します。
  8. 次で確認: 完了.

    次に エクスペリエンスフラグメントオファー コンソールに、新しいエクスペリエンスフラグメントと、関連するバリエーションが表示されます。

オファーテンプレートを使用したターゲティング

注意

このオプションは、既存のレガシーオファーを持つお客様のみが使用できます。

例: オファー コンソール次のいずれも使用できなくなります。

  • 最後の従来のオファーがエクスペリエンスフラグメントに変換された後
  • レガシーオファーが(将来)非推奨の場合

したがって、このオプションではなくエクスペリエンスフラグメントを使用することをお勧めします。

既存のレガシーオファーを使用するお客様の場合、 オファーテンプレートを使用 次のコンポーネントをターゲティングする際にオプションが表示されます: not エクスペリエンスフラグメント:

エクスペリエンスフラグメントバリエーションに変換ダイアログ

オファーコンソール

注意

このコンソールは、従来のコンテンツのパーソナライズ方法を提供するので、今後非推奨となる予定です。

準備に時間がある。 所要時間 既存の従来のオファーをエクスペリエンスフラグメントオファーに変換する.

アクティビティエクスペリエンスで使用するオファーを作成するには、オファーコンソールを使用します。複数のエクスペリエンスが同じオファーを必要とする場合は、オファーコンソールでオファーを作成すると時間の短縮になります。

  • ライブラリ内で一度作成したオファーを、ブランドアクティビティの複数のエクスペリエンスで使用できます。
  • ライブラリ内のオファーを変更すると、そのオファーを使用しているすべてのエクスペリエンスに変更が反映されます。

オファーコンソールでは、オファーがブランド別に整理されます。各ブランドには、ブランドのエクスペリエンスで使用できるオファーのライブラリが含まれます。各ライブラリ内のオファーを整理するために、フォルダーを使用して階層構造を定義します。作成者は、論理フォルダー構造をたどって容易にオファーを探すことができます。タグ付けと検索ツールを使用してオファーを探すこともできます。

オファーコンソールを使用したブランドの追加

オファーを関連付けるブランドを作成します。オファーコンソールでブランドを開き、フォルダーとオファーを作成できるオファーライブラリにアクセスします。

オファーコンソールを使用してブランドを作成すると、アクティビティコンソールにもブランドが表示されます。アクティビティコンソールでは、ブランド用のアクティビティを追加および管理できます。

  1. ナビゲーションコンソールで、パーソナライズ機能オファー​をクリックまたはタップします。

    オファーコンソールへの移動

  2. 作成」、「ブランドを作成」の順にクリックまたはタップします。

  3. ブランドテンプレートを選択して、「次へ」をクリックまたはタップします。

  4. オファーコンソールとアクティビティコンソールに表示するブランドのタイトルを入力します。オプションで、このブランドに関連付ける 1 つ以上のタグを入力または選択します。

  5. 作成」をクリックまたはタップします。

フォルダーをオファーライブラリに追加

フォルダーをブランドのオファーライブラリに追加して、オファーを整理し、保存します。フォルダーは、そのブランドの下または他のフォルダーの下に作成できます。

  1. オファーコンソールで、フォルダーを作成する場所を開きます。例えば、最上位フォルダーを作成するブランドを開くか、ライブラリ内の別のフォルダーを開きます。

  2. 作成フォルダーまたはオファーを作成​をクリックまたはタップします。

    オファーフォルダーの作成

  3. フォルダー」を選択し、「次へ」をクリックします。

  4. オファーライブラリに表示するフォルダーのタイトルを入力し、タグを入力または選択します。

    フォルダーのプロパティの定義

  5. 作成」をクリックまたはタップします。

オファーをオファーライブラリに追加

オファーをブランドのオファーライブラリに追加して、ブランドのエクスペリエンスに追加できるようにします。オファーを追加するときに、タイトルを指定します。検索性を高めるために、オファーに 1 つ以上のタグを関連付けることもできます。

オファーを作成したら、開いてコンテンツを作成できます。

  1. オファーコンソールで、オファーを作成する場所を開きます。例えば、最上位オファーを作成するブランドを開くか、ライブラリ内のフォルダーを開きます。

  2. 作成フォルダーまたはオファーを作成​をクリックまたはタップします。

    オファーフォルダーの作成

  3. オファーページ​テンプレートを選択して、「次へ」をクリックまたはタップします。

  4. オファーのタイトルを入力し、オプションでオファーに関連付ける 1 つ以上のタグを選択または入力して、「作成」をクリックまたはタップします。

  5. このオファーを編集用に開くには、確認ダイアログボックスで「ページを開く」をクリックまたはタップします。

オファーの編集

オファーを開き、オファーを使用するエクスペリエンスに表示するコンテンツを編集します。いずれかのエクスペリエンスで使用されているオファーを編集すると、変更がそのエクスペリエンス内に適用されます。

オファーは、オファーライブラリ内のフォルダーから、または検索結果から開くことができます。オファーを使用しているエクスペリエンスからそのオファーを開くこともできます。

  1. オファーコンソールで、オファーの横のアイコンをタップまたはクリックし、「編集」をクリックまたはタップします。
  2. コンポーネントをオファーに追加して、通常どおりにコンポーネントの内容を編集します。

オファーの削除

不要になったらオファーを削除します。エクスペリエンス内で使用されているオファーを削除しようとすると、削除を確認するように求められます。確認すると、オファーが削除され、エクスペリエンスから除去されます。

オファーライブラリ内のフォルダーコンテンツまたは検索結果を表示している状態で、オファーを削除できます。

  1. オファーコンソールで、オファーの横のアイコンをタップまたはクリックし、「削除」をクリックまたはタップします。

    オファーを選択し、「削除」をクリックまたはタップします。

  2. 表示されるダイアログボックスで、「削除」をクリックまたはタップして、削除を確認します。

  3. オファーが 1 つ以上のエクスペリエンス内で使用されている場合、このオファーが参照されていることを示すダイアログボックスが表示されます。

    • オファーを削除して、エクスペリエンスから除去するには、「削除を強制」をクリックまたはタップします。
    • オファーを保持するには、「キャンセル」をクリックまたはタップします。

オファーの検索

タイトルの照合にキーワードを使用して、ブランドのオファーを検索します。

オファーの検索

現在の検索条件が検索結果の横に表示されます。検索結果を列ごとに昇順または降順に並べ替えることもできます。すべてのオファーライブラリのすべてのフォルダーから検索を実行できます。現在のフォルダーがどれであっても、検索結果は同じになります。

オファーを検索するには:

  1. オファーコンソールの上部で、虫眼鏡アイコンをクリックまたはタップします。デフォルトでは、検索対象はオファーに限定されます。
  2. オファーを検索するためのキーワードを入力します。結果から選択します。

このページ