プログレッシブ Web アプリケーション機能の有効化

シンプルな設定で、コンテンツ作成者が AEM Sites で作成されたエクスペリエンスに対してプログレッシブ Web アプリケーション(PWA)機能を有効化できるようになりました。

注意

これは高度な機能で、次を必要とします。

  • PWA に関する知識
  • サイトとコンテンツ構造に関する知識
  • キャッシュ方法の理解
  • 開発チームによるサポート

この機能を使用する前に、開発チームに相談して、プロジェクトに最適な利用方法を決めることをお勧めします。

メモ

このドキュメントで説明する機能は、 AEM as a Cloud Service の 2021 年 3 月リリースで利用可能になる予定です。

はじめに

プログレッシブ Web アプリケーション(PWA)を使用すると、AEM サイトのアプリケーションのような臨場感のあるエクスペリエンスを、ユーザーのコンピューターにローカルに保存し、オフラインでアクセスできるようになります。インターネット接続が切れた場合でも、外出中にサイトを閲覧できます。PWA を使用すると、ネットワークが失われたり不安定な状態になった場合でも、シームレスなエクスペリエンスを維持できます。

コンテンツ作成者は、サイトの再コーディングは必要なく、サイトのページプロパティの追加タブとして PWA プロパティを設定できます。

  • この設定を保存または公開すると、サイト上の PWA 機能を有効にするマニフェストファイルサービスワーカーを書き出すイベントハンドラーがトリガーされます。
  • Sling マッピングは、サービスワーカーがアプリケーションのルートから提供されるように維持され、アプリケーション内でオフライン機能を可能にするコンテンツのプロキシ化を有効にします。

PWA では、ユーザーはサイトのローカルコピーを保持するので、インターネットに接続していなくてもアプリケーションのような操作をおこなうことができます。

メモ

プログレッシブ Web アプリケーションは発展中のテクノロジーであり、ローカルアプリケーションのインストールやその他の機能のサポート状況はどのブラウザーを使用するかによって異なります。

前提条件

サイトで PWA 機能を使用するには、プロジェクト環境に必要な要件が 2 つあります。

  1. コアコンポーネントを使用してこの機能を利用する
  2. Dispatcher ルールを調整して、必要なファイルを公開する

これらは、作成者が開発チームと連携する必要がある技術的な手順です。これらの手順は、サイトごとに 1 回だけ必要です。

コアコンポーネントを使用する

コアコンポーネントリリース 2.15.0 以降は、AEM Sites の PWA 機能を完全にサポートしています。AEMaaCS には常に最新バージョンのコアコンポーネントが含まれているので、標準搭載の PWA 機能を活用できます。AEMaaCS プロジェクトは、この要件を自動的に満たします。

メモ

アドビは、カスタムコンポーネントまたはコアコンポーネントから拡張されていないコンポーネントで PWA 機能を使用することはお勧めしません。