オーサリングと公開に関する概念

最終更新日: 2024-02-26

コンテンツ作成者の場合、AEMas a Cloud Serviceインストールは、最も基本的なレベルで 3 つのプライマリ層と考えることができます

  • オーサー層
  • プレビュー層
  • パブリッシュ層

これらの層がやり取りして、Web サイトでコンテンツを利用できるようにし、訪問者がコンテンツにアクセスできるようにします。 基本的なワークフローは次のとおりです。

  1. コンテンツ作成者は、オーサー層を使用してコンテンツを作成します。
  2. コンテンツ作成者は、プレビュー層を使用して、コンテンツをレビュー担当者がプレビューできるようにします。
  3. コンテンツが公開される準備が整ったら、作成者は、パブリッシュ層を使用してコンテンツを公開します。

コンテンツには、ページ、アセット、パブリケーションなど、様々なタイプがあります。 コンテンツのプレビューは、作成者の裁量でスキップできます。

オーサー、パブリッシャー、ディスパッチャーの模式図

AEM as a Cloud Serviceの技術的アーキテクチャについて詳しくは、このドキュメントを参照してください。 Adobe Experience Manager as a Cloud Serviceのアーキテクチャの概要。

Edge 配信サービス向けの AEM コンテンツをオーサリングする場合は、こちらをクリックしてください。

コンテンツのオーサリング

オーサー層のオーサリング環境は、使いやすいグラフィカルユーザーインターフェイスを提供し、コンテンツを作成します。 作成者は、適切なアクセス権が割り当てられたアカウントを使用してログインする必要があります。

使用しているインスタンスや個人のアクセス権の設定に合わせて、コンテンツに対して次のように様々なタスクを実行できます。

  • ページでの新しいコンテンツの生成や既存のコンテンツの編集
  • 事前定義済みのテンプレートを使用した、コンテンツページの作成
  • アセットやコレクションの作成、編集、管理
  • コンテンツページやアセットなどの移動、コピー、削除
  • ページおよびアセットの公開(または非公開)。

さらに、コンテンツの管理に役立つ次のような管理タスクがあります。

  • 変更の管理方法を制御するワークフロー(公開前のレビューの適用など)
  • 個々のタスクを調整するプロジェクト

AEM はオーサー環境からも管理されます。

ドキュメントを参照してください オーサリングのクイックスタートガイド を参照してください。

コンテンツのプレビュー

また、AEMは、Web サイトのパブリッシュ環境に到達する前に Web サイトの最終的なエクスペリエンスを開発者やコンテンツ作成者がプレビューできるプレビューサービスも提供しています。

ドキュメントを参照してください コンテンツのプレビュー 詳しくは、を参照してください。

パブリッシュ環境

準備が整ったサイトのコンテンツは、パブリッシュ層のパブリッシュ環境に公開されます。 ここでは、コンテンツテンプレートのルックアンドフィールに従って、対象のオーディエンスが Web サイトのページを利用できるようにします。

ドキュメントを参照してください ページの公開 ページの公開と非公開について詳しくは、を参照してください。

Dispatcher

Web サイトの訪問者に対するパフォーマンスを最適化するには、 Dispatcher は、パブリッシュ層とプレビュー層の両方に対して、ロードバランシングとキャッシュを実装しています。

このページ