Screens サービスプロバイダーへの移動

はじめに

Screens サービスプロバイダー​を使用すると、チャネルにコンテンツが追加された後で、コンテンツ作成者、開発者、および管理者がコンテンツ再生用のディスプレイとプレーヤーを管理できます。ユーザーは、AEM Cloud Service へのアクセス権が付与されたら、Screens サービスプロバイダーにログインできるようになります。

ここでは、Screens サービスプロバイダーのセットアップ方法について説明します。

目的

次の節では、Screens サービスプロバイダーの設定およびセットアップ方法について説明します。

Screens サービスプロバイダーのセットアップ手順

Screens サービスプロバイダーをセットアップするには、次の手順に従います。

  1. ここから Screens サービスプロバイダーに移動します。

    注意

    複数の組織にアクセスできる場合は、正しい組織にログインしていることを確認してください。組織を変更するには、画面の右上隅にある組織名をクリックし、アクセスする必要がある組織を選択します。

  2. プロジェクト(左上隅)の横の歯車アイコンをクリックします

    画像

  3. 設定を編集ダイアログボックスに、次の詳細を入力します。

    • パブリッシュ URL - AEM パブリッシュ URL(例:https://publish-p12345-e12345.adobeaemcloud.com
    • オーサー URL - AEM オーサー URL(例:https://author-p12345-e12345.adobeaemcloud.com

    画像

  4. Screens コンテンツプロバイダーに接続するには、「保存」をクリックします。

  5. 左側のナビゲーションバーから「チャネル」を選択し、「コンテンツプロバイダーで開く」をクリックします。

    画像

  6. Screens コンテンツプロバイダーが別のタブで開き、コンテンツを作成できるようになります。

    画像

次の手順

Screens サービスプロバイダーのセットアップ方法を理解したら、Screens コンテンツプロバイダーの使用を参照して詳細を確認します。

このページ