Screens as a Cloud Service での Dispatcher 設定

ここでは、Screens as a Cloud Service の Dispatcher 設定について説明します。

Screens as a Cloud Service デプロイメントの Dispatcher に対するフィルターとキャッシュルールの追加

Screens as a Cloud Service におけるパブリッシュインスタンスの Dispatcher で次のフィルターとキャッシュルールを許可します。

AEM Screens フィルター

## # Content Configurations
/0200 { /type "allow" /method '(GET|HEAD)' /url "/content/screens/*" }
#/0201 { /type "allow" /method '(GET|HEAD)' /url "/content/experience-fragments/*" } ## uncomment this, if you're using experience-fragments
## add any other formats required for your project here
/0202 { /type "allow" /extension '(css|eot|gif|ico|jpeg|jpg|js|gif|pdf|png|svg|swf|ttf|woff|woff2|html|mp4|mov|m4v)' /path "/content/dam/*" }
/0203 { /type "allow" /method 'GET' /url "/screens/channels.json" }
## # Enable clientlibs proxy servlet
/0210 { /type "allow" /method "GET" /url "/etc.clientlibs/*" }

キャッシュルール

  • publish_farm.any/ の /cache セクションに /statfileslevel "10" を追加します。

    メモ

    このキャッシュルールでは、キャッシュの docroot から最大 10 レベルまでのキャッシュをサポートしており、すべてを無効化するのではなく、コンテンツの公開時に無効化します。このレベルは、セットアップするコンテンツ構造の深さに基づいて変更できます。

  • publish_farm.any/invalidate セクションに次の内容を追加します。

    /0003 {
        /glob "*.json"
        /type "allow"
    }
    
  • publish_farm.any または publish_farm.any からインクルードされるファイルにある /cache/rules セクションに、次のルールを追加します。

    ## Allow Dispatcher Cache for Screens channels
     /0002
         {
         /glob "/content/screens/*.html"
         /type "allow"
         }
    
    ## Allow Dispatcher Cache for Screens offline manifests
    
    /0003
        {
        /glob "/content/screens/*.manifest.json"
        /type "allow"
        }
    
    ## Allow Dispatcher Cache for Assets
    /0004
        {
        /glob "/content/dam/*"
        /type "allow"
        }
    
    ## Deny Screens Channels json
    /0005
        {
        /glob "/screens/channels.json"
        /type "deny"
        }
    

このページ