リリースノート()Workfront for Experience Manager enhanced connector

以下の節では、 Workfront for Experience Manager enhanced connector.

リリース日

の最新バージョン 1.9.0 のリリース日 Workfront for Experience Manager enhanced connector は 2022 年 6 月 16 日です。

新機能ハイライト

の最新バージョン Workfront for Experience Manager enhanced connector には、次のバグ修正が含まれています。

  • リンクされたフォルダーを使用してアップロードする場合、または Send To WorkfrontでアセットをExperience Manageras a Cloud Serviceにアップロードするために使用できるアクション。アセットが破損し、Adobe Photoshopで開くことができない。
重要

Adobeが推奨する 最新バージョン 1.9.0 にアップグレード の Workfront for Experience Manager enhanced connector.

既知の問題

  • AEM 6.4 でプロジェクトにリンクされたフォルダーを設定する際に、Experience Managerは次の値を保存しません: サブフォルダー および ポートフォリオを含むプロジェクトでリンクされたフォルダーを作成する フィールド。 の値 サブフォルダー フィールドの更新 未定義 および ポートフォリオを含むプロジェクトでリンクされたフォルダーを作成する フィールドの更新 デフォルトのPortfolio は、設定を保存した後に自動的に追加されます。

  • 従来のWorkfrontエクスペリエンスを使用している場合、 送信先 オプションは 詳細 ドロップダウンリストでは、「Experience Manager」内でターゲットの宛先を選択できません。 この 送信先 オプションは ドキュメントアクション ドロップダウンリスト。 この 送信先 オプションは、 詳細 ドロップダウンリスト ドキュメントアクション 新しいWorkfrontエクスペリエンスで使用できるドロップダウンリスト。

以前のリリース

2022 年 3 月リリース

Workfront for Experience Manager enhanced connector には、次の更新が含まれています。

  • 複数のプロジェクトリンクフォルダー設定がある場合でも、Adobe WorkfrontとAEM Assetsas a Cloud Serviceの間にリンクされたフォルダーを作成できるようになりました。

  • イベント購読のページネーションのサポートを追加しました。

  • AEM 6.4.x のサポートを追加しました。

  • プロキシ環境のサポートを追加しました。

  • パートナーやお客様のご意見に基づいて、いくつかのバグを修正しました。

このページ