Adobe Experience Manager as a Cloud Service の最新のリリースノート

以下では、Experience Manager as a Cloud Service の現在(最新)のバージョンのリリースノート全般の概要を説明します。

メモ

ここから、以前のバージョン(例えば、2020 年、2021 年のバージョンなど)のリリースノートに移動できます。

メモ

リリースに直接関連しないドキュメント更新の詳細については、最近のドキュメントの更新を参照してください。

リリース日

Adobe Experience Manager as a Cloud Service 2021.5.0 のリリース日は 2021 年 5 月 27 日です。次回のリリース(2021.6.0)は、2021 年 6 月 28 日に予定されています。

AEM as a Cloud Service の基盤

AEM as a Cloud Service 基盤の新機能

Adobe Experience Manager Sites as a Cloud Service

Sites の新機能

  • 近日中に、新しいプレビュー層でコンテンツを検証し、最終的なエクスペリエンスのルックアンドフィールをパブリッシュ層と同じようにシミュレートできるようになります。これは、AEM Sites Managed Publishion ウィザードで、公開先を公開またはプレビューから選択できるようになったことによるものです。プレビュー時のエクスペリエンスには、専用の URL からアクセスできます。プレビューで検証した後は、通常どおり作成者がコンテンツを公開できます。AEM as a Cloud Service 環境でのプレビューサービスの有効化は、今後数週間で徐々に展開される予定です。

Adobe Experience Manager Assets as a Cloud Service

Assets の新機能

  • リンク共有機能を使用して、共有アセットをダウンロードできます。このダウンロードには、非同期サービスが採用されており、大容量のダウンロードであっても、高速で中断のないダウンロードが可能になっています。詳しくは、「アセットのダウンロード」を参照してください。

    インボックスをダウンロード

プレリリースチャネルで使用できる新機能

  • メタデータスキーマは、フォルダーのプロパティに直接適用できます。

    フォルダープロパティからメタデータスキーマを追加する

  • アセット一括取得ツールを使用すると、一括取得中にメタデータを追加できます。

  • ユーザーエクスペリエンスが改善され、フォルダー内に存在するアセットの数が表示されます。1 つのフォルダー内のアセットが 1000 個を超える場合、Assets には「1000+」と表示されます。

    フォルダー内のアセット数がインターフェイスに表示されます

Assets で修正されたバグ

  • 非常に大きなファイルをアップロードすると、Experience Manager desktop app がクラッシュします。(CQ-4320942)
  • 同じコレクションがフォルダー内で選択されている場合と、検索結果から選択されている場合では、ツールバーのオプションは異なります。(CQ-4321406)

Dynamic Media の新機能

Adobe Experience Manager Forms as a Cloud Service

Forms の新機能

  • コンテキストヘルプ:アダプティブフォームエディター、テンプレートエディター、テーマエディターのコンテキストヘルプが追加され、作成者がエディターの様々な機能をより深く理解できるようになりました。
  • プロパティブラウザーのエラーメッセージ:アダプティブフォームのプロパティブラウザーに、各プロパティに関するエラーメッセージを追加しました。これらのメッセージは、フィールドの許可値を理解するのに役立ちます。

Forms の今後のベータ版機能

Output as a Cloud service:出力サービスを使用すると、XDP テンプレートと XML データを組み合わせて、様々な形式の印刷用ドキュメントを生成できます。このサービスを使用すると、同期および非同期の一括モードでドキュメントを生成できます。出力サービスにより、以下のような機能を備えたアプリケーションを作成することができます。

  • テンプレートファイルに XML データを格納することで、最終形式のドキュメントを生成する。
  • 非インタラクティブ PDF 印刷ストリームを含む様々な形式で出力フォームを生成します。
  • XFA フォームの PDF ファイルから印刷用 PDF を生成する。

ベータ版プログラムに新規登録する場合は、 formscsbeta@adobe.com までお問い合わせください。

Forms で修正されたバグ

  • AEM Forms ワークフローの「タスクの割り当て」手順で、アクションボタンのデフォルトのアイコンを Coral アイコンに置き換えると、ワークフローは動作を停止し、例外がログに記録されます。デフォルトのアイコンが使用されている場合、ワークフローは期待どおりに実行されます。
  • レイアウトレイヤーで、列数を変更し、編集レイヤーを開いてパネル内の一部のコンポーネントをドラッグすると、青い四角いボックスがアダプティブフォームエディターのコンテンツ領域に表示され、エディターが応答しなくなります。
  • アダプティブアセットまたは外部アセットの URL の提供に関連するルールエディターオプションのエラーメッセージが長すぎて、使いやすいものではありません。

Cloud Manager

この節では、AEM as a Cloud Service 2021.5.0 に含まれている Cloud Manager のリリースノートの概要を説明しています。

リリース日

AEM as a Cloud Service 2021.5.0 Cloud Manager のリリース日は 2021 年 5 月 6 日です。次回のリリースは 2021 年 6 月 3 日に予定されています。

新機能

  • PackageOverlaps 品質ルールは、同じパッケージが複数回デプロイされたケース(同一のデプロイ済みパッケージセット内の複数の埋め込み場所にデプロイされたケース)を検出するようになりました。

  • パブリック API のリポジトリーエンドポイントに Git の URL が含まれるようになりました。

  • Cloud Manager ユーザーがダウンロードしたデプロイメントログは、失敗と成功シナリオに関する詳細が含まれるようになり、よりわかりやすくなりました。

  • コードを Adobe Git にプッシュ中に発生していた断続的なエラーが解決されました。

  • Commerce アドオンは、プログラムの編集ワークフロー中に、サンドボックスプログラムに適用できるようになりました。

  • プログラムの編集エクスペリエンスが更新されました。

  • 環境の詳細ページの「ドメイン名」テーブルには、ページネーション経由で最大 250 個のドメイン名が表示されます。

  • プログラムの追加とプログラムの編集のワークフローの「ソリューション」タブには、プログラムで使用できるソリューションが 1 つだけでも、ソリューションが表示されます。

  • ビルドでデプロイ済みコンテンツパッケージが生成されなかった場合のビルド手順ログのエラーメッセージが明確でありませんでした。

バグ修正

  • 該当する設定がデプロイされていない場合でも、IP 許可リストの横に緑色の「アクティブ」ステータスが表示される場合がありました。

  • パイプライン変数 API は、「削除済み」の変数を削除する代わりに、 DELETED ステータスを示すだけでした。

  • 「コードの臭い」の品質問題の一部が、信頼性評価に誤って影響していました。

  • ワイルドカードドメインはサポートされていないので、UI ではワイルドカードドメインを送信できません。

  • UTC の午前 0 時から午前 1 時の間にパイプラインの実行が開始された場合、Cloud Manager で生成されるアーティファクトのバージョンが前日に作成されたバージョンよりも大きくなることが保証されていませんでした。

  • サンドボックスプログラムのセットアップ中に、サンプルコードを含んだプロジェクトが正常に作成されると、「Git を管理」がヒーローカードからのリンクとして概要ページに表示されるようになります。

コンテンツ転送ツール

リリース日

コンテンツ転送ツール v1.4.6 のリリース日は 2021 年 5 月 27 日です。

新機能

  • ユーザーに Java 実行可能ファイルの実行権限がない場合、新しいログ文がクイックスタートのエラーログに追加されました。

  • 抽出を実行した CTT UI から移行セットを削除すると、その移行セットに関連付けられている tmp フォルダーが削除され、領域を節約できます。

バグ修正

  • 移行セットを削除する際に、CTT UI に参考にならないエラーメッセージが表示されることがありました。この問題が修正されました。

  • ユーザーマッピングの実行中に、ユーザーがターゲットとホストで同じ電子メールアドレスを持っていても、ユーザー名が異なる場合、取り込み全体が失敗することがありました。この問題が修正されました。このような競合が発生した場合、そのユーザー/グループはスキップされ、ログファイルに競合として記録されます。

リリース日

コンテンツ転送ツール v1.4.0 のリリース日は 2021 年 5 月 11 日です。

新機能

  • このバージョンのコンテンツ転送ツールは、Cloud Service に移行するアセットのテキストレンディションを作成します。取得したアセットでフルテキスト検索をサポートするには、テキストレンディションが必要です。
  • ユーザーが作成できるコンテンツ転送ツール移行セットの最大数が 4 から 10 に増えました。

バグ修正

  • コンテンツ転送ツール UI の自動更新機能に関する複数のバグを修正しました。
  • コンテンツ転送ツールで wipe=true を指定すると、ターゲットのカウンターインデックスが正しくないという問題がありました。この問題が修正されました。

Commerce アドオン

新機能

  • 製品コンソールのプロパティでの関連コンテンツのページネーションのサポート

バグ修正

  • 製品プロパティの「アセット」タブにアセットサムネールが表示されない

  • パンくずリストが製品コンソールのプレビューデータをリセットする

このページ