Adobe Experience Manager as a Cloud Service のリリースノート

Experience Manager as a Cloud Service の一般的なリリースノートの概要を次に説明します。

リリース日

Adobe Experience Manager as a Cloud Service 2021.1.0 のリリース日は 2021 年 2 月 3 日です。
次回のリリース(2021.2.0)は、2021 年 2 月 25 日に予定されています。

Adobe Experience Manager Sites as a Cloud Service

  • コンテンツフラグメント HTTP API:HTTP API を使用して、コンテンツフラグメントのバリエーションを追加、更新、削除する機能を追加します。

  • コンテンツフラグメント配信用の GraphQL API:GraphQL 構文を使用してコンテンツフラグメントのクエリを実行する機能と、JSON 形式で出力するための、コンテンツフラグメントモデルに基づくスキーマが用意されました。

  • GraphQL API リクエストの認証サポート:サーバー側 API のアクセストークンで GraphQL API リクエストを認証できるようになりました。

  • リッチテキストを JSON 形式で出力する機能やロケールなど、GraphQL API からの JSON 出力が強化されました。

  • コンテンツフラグメントモデルのネストのサポートにより、専用のコンテンツフラグメント参照データ型またはコンテンツフラグメント参照を使用して、ネストしたコンテンツフラグメント構造を複数行テキストフィールド内にインラインで作成できるようになりました。

  • 「一意」、「必須」、「変換可能」など、コンテンツフラグメントモデルのデータ型で使用できる検証ルールが追加されました。

  • コンテンツフラグメントモデルにタグ付けでき、タグ別またはパス別のポリシーを使用してフォルダー内でコンテンツフラグメントを作成できるようになりました。

  • 公開アクションや、フラグメントのベースとなっているモデルの表示など、コンテンツフラグメントエディターの使いやすさが向上しました。

  • コンテンツフラグメントエディターで JSON 出力を直接プレビューできるようになりました。

Adobe Experience Manager Assets as a Cloud Service

  • Experience Manager as a Cloud Service のスマートタグ機能が拡張されて、テキストベースのアセット内のキーワードやエンティティの識別をサポートするようになりました。テキストが識別され、インデックス作成され、メタデータとして使用できるようになるので、設定を行わなくても検索エクスペリエンスが向上します。詳しくは、スマートタグを参照してください。

  • MXF ファイル形式がサポートされるようになりました。詳しくは、サポートされているファイル形式を参照してください。

Adobe Experience Manager Commerce as a Cloud Service

新機能

  • 製品エクスペリエンス管理:アセットおよびエクスペリエンスフラグメント用の新しい「コマース」プロパティタブが追加されました。このタブでは、製品やカテゴリをアセットやエクスペリエンスフラグメントにリンクできます。また、このタブには、リンクされた製品やカテゴリのリアルタイムデータと、製品コンソールに詳細を表示するリンクが表示されます。

  • 最新の CIF コアコンポーネント v1.7.0 を含んだ CIF Venia 参照サイト 2021.02.02 をリリースしました。詳しくは、CIF Venia 参照サイトを参照してください。

  • CIF コアコンポーネント v1.7.0 をリリースしました。詳しくは、CIF コアコンポーネントを参照してください。

Cloud Manager

リリース日

AEM as a Cloud Service 2021.1.0 Cloud Manager のリリース日は 2021 年 1 月 14 日です。

バグ修正

  • アセット実稼動インスタンスでは、環境​の詳細ページに Brand Portal のステータスが​保留中​と表示され、ユーザーがアクションを実行できない場合があります。

  • Cloud Manager から休止状態の解除をトリガーすると、解除が正常に開始された場合でも、エラーメッセージが表示されることがありました。

  • 環境の作成または削除でまれにエラーが発生する問題に対処しました。

コードリファクタリングツール

Code Refactoring Tools の新機能

  • AIO-CLI プラグインの新しいバージョンがリリースされました。このプラグインの最新バージョンには、AEM Dispatcher コンバーターと Repository Modenizer のバグ修正が含まれ、新しいユーティリティインデックスコンバーターもサポートされています。このプラグインの詳細については、Unified Experience を参照してください。

  • インデックスコンバーターは、顧客のカスタム OAK インデックス定義を AEM as a Cloud Service 互換の OAK インデックス定義に変換するために使用できるユーティリティです。詳しくは、インデックスコンバーターを参照してください。

  • Repository Modernizer にすべての OSGi 設定を含む個別のパッケージ ui.config を作成する新機能が追加されました。

バグ修正

AEM as a Cloud Service の基盤

新機能

  • 認証済みのサーバー間 API 呼び出し - 適切なアクセストークンを生成して、外部アプリケーションと AEM as a Cloud Service 環境の間で認証済みのサーバー間 API 呼び出しを行います。詳しくは、こちらのドキュメントチュートリアルを参照してください。

SDK ビルドアナライザー

AEM as a Cloud Service の SDK ビルドアナライザー Maven プラグインでは、依存関係の欠落など、Maven プロジェクトの問題を検出します。これを使用すると、ローカル開発中に、Cloud Manager でクラウド環境にデプロイする前に開発者が問題を見つけることができます。

このリリースでは、次の 2 つのアナライザーが新しく追加されました。

  • repoinit アナライザー
  • bundle-nativecode

詳しくは、こちらのドキュメントを参照してください。

クラウド移行ツール

リリース日

コンテンツ転送ツール v1.2.2 のリリース日は 2021 年 2 月 1 日です。

Content Transfer Tool の新機能

  • コンテンツ転送ツールに、新しい機能および UI であるユーザーマッピングツールが追加されました。この機能は、コンテンツ移行アクティビティの一環として、既存のユーザーおよびグループをそれぞれの Adobe Identity Management System ID に自動的にマッピングします。詳しくは、ユーザーマッピングツールの使用を参照してください。
  • コンテンツ転送ツールは、移行セットで参照されているすべてのグループとユーザーを子も含めて移行するようになりました。
  • 移行セットの作成時に、/etc 下の特定のパスを選択できます。

このページ