AEM as a Cloud Service Release 2022.5.0 の移行ツールのリリースノート

このページでは、AEM as a Cloud Service 2022.5.0 の移行ツールのリリースノートの概要を説明しています。

ベストプラクティスアナライザー

リリース日

ベストプラクティスアナライザー v2.1.30 のリリース日は 2022 年 6 月 1 日です。

新機能

  • CoralUI およびクラシックダイアログウィジェットを使用したカスタムダイアログウィジェットの使用状況を検出し、レポートする機能。 カスタムのクラシックダイアログウィジェットを ExtJS から CoralUI に変換することをお勧めします。 カスタム Coral ダイアログウィジェットを CoralUI3 に更新する必要があります。
  • Assets Share Commons の使用状況とバージョンを検出し、レポートする機能。 Asset Share Commons 1.x はAEM as a Cloud Serviceではサポートされていないので、2.x にアップグレードする必要があります。
  • バージョンのノード数を検出し、レポートする機能。
  • カスタムレプリケーションエージェントまたは変更された標準のレプリケーションエージェントを検出してレポートする機能。

バグ修正

  • BPA は、誤検出である NCC(非互換変更)、UMI(アップグレードの誤構成問題)、PCX(ページの複雑さ)の結果を報告していました。 これらは修正されました。
  • BPA は、任意のノード名の長さが 150 バイトを超えた場合にエラーを報告していました。 ノードの親パスが 350 バイト以上の場合にのみ、エラーを検出するように修正されました。

コンテンツ転送ツール

リリース日

コンテンツ転送ツール v2.0.10 のリリース日は 2022 年 6 月 2 日です。

新機能

  • コンテンツ転送ツール (CTT) は、Cloud Acceleration Manager と連携してコンテンツ転送プロセス全体を合理化するように進化しました。 CTT は、コンテンツ抽出の実行に重点を置くようになりました。 CTT 取り込みサービスが Cloud Acceleration Manager に統合されました。 この変化によって得られるメリットは次のとおりです。
    • 移行セットを 1 回抽出し、同時に複数の環境に取り込むセルフサービス方法。
    • 読み込み状態、ガードレール、エラー処理が改善され、ユーザーエクスペリエンスが向上しました。
    • 取り込みログは保持され、常にトラブルシューティングに使用できます。

Cloud Acceleration Manager

リリース日

Cloud Acceleration Manager のリリース日は 2022 年 6 月 2 日です。

新機能

  • Cloud Acceleration Manager では、コンテンツ転送を開始および管理して、お客様のAEMインスタンス(オンプレミスまたは Adobe Managed Services)からAEM as a Cloud Serviceに移行する機能を、移行プロジェクトの一環として提供するようになりました。 参照: コンテンツ転送カードの使用 を参照してください。

このページ