AEM as a Cloud Service Release 2022.4.0 の移行ツールのリリースノート

このページでは、AEM as a Cloud Service 2022.4.0 の移行ツールのリリースノートの概要を説明しています。

ベストプラクティスアナライザー

リリース日

ベストプラクティスアナライザー v2.1.28 のリリース日は 2022 年 4 月 22 日です。

新機能

  • サポートされていない Asset Manager API の使用状況を検出し、レポートする機能。 AEM as a Cloud Serviceではサポートされなくなった API は 4 つあります。 お客様は、これらの API を使用しなくなり、新しいアセットアップロード方法を使用する必要があります。

  • コンテンツフラグメントテンプレートの使用を検出する機能。 AEM as a Cloud Serviceでの新しいコンテンツフラグメントの作成で、コンテンツフラグメントテンプレートがサポートされなくなりました。 コンテンツフラグメントテンプレートを置き換えるには、コンテンツフラグメントモデルを作成する必要があります。

  • リポジトリ内のアセットの metadate ノードの下に 100 を超える子孫を持つアセットを検出できます。 このようなアセットで構成されるフォルダーを読み込む際に、パフォーマンスを向上させるために必要でないメタデータノードを削除することをお勧めします。

  • 使用されるデータストアのタイプを検出し、レポートする機能。

  • AEM Form Portal のパターンが更新されました。

バグの修正

  • BPA は、お客様のコンポーネントに対してのみレポートするのではなく、コアコンポーネントの結果をレポートしていました。 この問題が修正されました。

このページ