既知の問題

この記事では、Adobe Experience Manager as a Cloud Service オファリングの既知の問題を掲載しています。このリストは、Experience Manager が継続的にリリースされるたびに改訂および更新されます。

既知の問題について詳しくは、 サポートまでお問い合わせ ください。

Sites

Sites の既知の問題の一部は次のとおりです。

  • GraphQL IDE では、次のことが可能です。 永続クエリのキャッシュを管理.
    • 最初の保存時に、ヘッダー用に保存された値がに設定されます。 0 (デフォルト値の代わりに) — ユーザーがダイアログ内の値を変更していない場合。
    • その後の保存では、値は正しく保存されます。
    • したがって、ユーザーはヘッダーを 2 回保存する必要があります。

Assets

Assets の既知の問題の一部は次のとおりです。

  • ダウンロード:空のフォルダーをダウンロードする場合、Experience Manager は、ZIP アーカイブの作成に関する成功メッセージを伝えますが、アーカイブは作成されません。

  • メタデータスキーマ:アセット評価ウィジェットが JSP コンパイルエラーを引き起こしていました。メタデータスキーマから削除されました。

また、 注目すべき変更点 Experience Manager Assets も参照してください。

このページ