Adobe Experience Manager as a Cloud Service の Cloud Manager 2022.6.0 のリリースノート

このページは、AEM as a Cloud Service の Cloud Manager 2022.6.0 のリリースノートです。

メモ

Adobe Experience Manager as a Cloud Service の最新のリリースノートについては、このページ を参照してください。

リリース日

AEM as a Cloud Serviceの Cloud Manager リリース 2022.6.0 のリリース日は 2022 年 6 月 9 日です。 次回のリリースは2022年6月30日(PT)に予定されています。

新機能

  • Cloud Manager UI で、 セルフサービスコンテンツの復元 をAEMクラウド環境の正常な既知の状態に変更する。
    • この機能は、2022.06.0リリース以降の数週間にわたって段階的なアプローチで展開されます。
  • Cloud Manager ランディングページの新しいウェルカムカードでは、テナントに関連するオンボーディングチュートリアルや進行状況指標にすばやくアクセスできます。
    • この機能は、2022.06.0 リリースの後、1 週間にわたって段階的アプローチで展開されます。
  • 必要な権限を持つユーザーが新しい ライセンスダッシュボード Cloud Manager ランディングページで、テナントが使用できる権利の詳細を表示できます。
    • AEM Sitesは、Cloud Manager ダッシュボードから可用性と使用状況の消費を提供する最初のソリューションです。
    • この機能は、2022.06.0リリース以降の数週間にわたって段階的なアプローチで展開されます。
  • New Relic サブアカウントおよびセルフサービスのユーザー管理 は、Cloud Manager UI から使用できるようになりました。
    • この機能は、2022.06.0リリース以降の数週間にわたって段階的なアプローチで展開されます。
  • Cloud Service制作プログラムのホームページ上にある新しい Go Live ウィジェットが、Go Live を成功に導くためのガイダンスを提供するようになりました。
  • Git ミラーリングの使用時に、ビルドアーティファクトを再利用できるようになりました

API の変更点

  • List Programs API は非推奨(廃止予定)となりましたので、代わりに List Programs for Tenant を使用してください。
    • List Programs は引き続き機能しますが、この機能を使用すると、ログに警告メッセージが表示されます。
    • 3 か月後にはサポートされなくなります。

このページ