Adobe Experience Manager as a Cloud Service の Cloud Manager 2022.4.0 のリリースノート

このページは、AEM as a Cloud Service の Cloud Manager 2022.4.0 のリリースノートです。

メモ

Adobe Experience Manager as a Cloud Service の最新のリリースノートについては、このページ を参照してください。

リリース日

AEM as a Cloud Service の Cloud Manager 2022.4.0 のリリース日は 2022年4月7日(PT)です。次回のリリースは 2022年5月5日(PT)に予定されています。

新機能

  • パイプラインビルド手順の期間と成功率を向上しました。4月を通してすべてのお客様へと段階的に展開される予定です。
  • 実稼動パイプラインの場合も実稼動以外のパイプラインの場合も、パイプラインの追加と編集ウィザードの入力フィールドに名前の最初の数文字を入力し、提案された一致から選択することで、Git ブランチを簡単に見つけられるようになりました
  • 4月のリリース後まもなく、環境の作成でクラウドリージョンを定義する際に、インドが選択可能になります。
  • この​パイプライン​ページに、多数のパイプラインを持つプログラムのユーザビリティを向上させるページネーションが追加されました。
    • テーブルには 1 ページにつき 50 行が表示されます。
  • Cloud Manager で使用される AEM プロジェクトアーキタイプのバージョンが 36 に更新されました。
  • Oracle JDK は、AEM アプリケーションの開発と操作用のデフォルトの JDK になりました。Maven ツールチェーンで代替オプションが明示的に選択されている場合でも、Cloud Manager のビルドプロセスは Oracle JDK を使用して自動的に切り替わります。
  • 検証ステップ中に古い AEM バージョンを検出することで、パイプラインの実行が早めに失敗するようになりました。ユーザーをガイドするメッセージが UI に表示されます。

バグの修正

  • UI テストステップで作成されたログを、UI からダウンロードできるようになりました。
  • Web 層設定パイプラインでは、web 階層設定の実行からのみパッケージを再利用できるようになりました。
  • 古い環境で AEM を更新する方法に関して UI に表示されるメッセージが、より明確になりました。

このページ