Adobe Experience Manager as a Cloud Service 2022.02.0 の Cloud Manager のリリースノート

このページでは、AEM as a Cloud Service 2022.02.0 における Cloud Manager のリリースノートの概要を説明します。

メモ

Adobe Experience Manager as a Cloud Service の最新のリリースノートについては、このページ を参照してください。

リリース日

AEM as a Cloud Service 2022.02.0の Cloud Manager のリリース日は 2022 年 2 月 10 日です。 次回のリリースは 2022 年 3 月 10 日に予定されています。

新機能

  • 新しい加速 Web 層設定パイプライン HTTPD/Dispatcher 設定のみをデプロイするためのが導入されました。
    • AEM版である必要があります 2021.12.6151.20211217T120950Z またはそれ以降 dispatcher ツールの柔軟なモードのオプトイン この機能を使用するには、をクリックします。
    • この機能は、2022.02.0リリース以降の 2 週間にわたって段階的に展開されます。
  • Cloud Manager のランディングページエクスペリエンスが更新され、ナビゲーションの改善、グリッド/タイル表示の切り替え、プログラムの概要をすばやく表示するためのポップオーバーが簡単に実現されました。
  • 新しい失敗したしきい値 (< D) が 信頼性評価指標です。
    • システムの安定性に影響を与える重大な品質の問題(主に無効なインデックスとワークフロープロセスに関連)を持つお客様は、その問題が解決されるまでデプロイできません。
  • の重大度 BannedPath 品質ルール がブロッカーから重大に変更されました。
  • パイプラインウィザードでは、AEM環境の更新が必要になった場合に、 Web 層設定パイプライン 関連付けられています。

バグ修正

  • 古い Git リポジトリのパスワードが、新しいパスワードの生成時に毎回無効化されるようになりました。
  • API で環境変数を更新しても、まれにパイプラインの実行に干渉しなくなりました。

このページ