Adobe Experience Manager as a Cloud Service 2021.11.0 の Cloud Manager のリリースノート

このページでは、AEM as a Cloud Service 2021.11.0 の Cloud Manager のリリースノートを大まかに説明しています。

メモ

Adobe Experience Manager as a Cloud Service の最新のリリースノートについては、このページ を参照してください。

リリース日

AEM as a Cloud Service 2021.11.0 の Cloud Manager のリリース日は 2021年11月4日(PT)です。次回のリリースは 2021 年 12 月 16 日(PT)に予定されています。

新機能

  • ユーザーは、新しいフロントエンドパイプラインを活用して、フロントエンドコードを迅速かつ排他的にデプロイできるようになりました。詳しくは、Cloud Manager フロントエンドパイプラインを参照してください。

    重要

    新しいフロントエンドパイプラインを活用するには、AEM バージョン 2021.10.5933.20211012T154732Z を使用している必要があります。

  • AEM 画像全体を作成する必要がなく、より効率的にコード分析を実行することで、コード品質パイプラインの期間を大幅に短縮できます。この変更は、リリース後の数週間で徐々に適用される予定です。

  • パイプライン実行の詳細に Git コミット ID が表示されるようになり、ビルドされたコードの追跡が容易になりました。

  • プログラムの作成は、公開されている API を通じて利用できるようになりました。

  • 環境の作成は、公開されている API を介して利用できるようになりました。

  • この x-request-id 応答ヘッダーが、www.adobe.io の API Playground に表示されるようになりました。このヘッダーは、トラブルシューティングのためにカスタマーケアに関する問題を送信する際に役立ちます。

  • ユーザーには、パイプラインがゼロのパイプラインカードから適切なガイダンスが提供されます。

  • 新しいアクティビティページが使用できるようになりました。このページでは、パイプラインやコード実行などのアクティビティに関連する詳細を表示できます。時間が経つと、このページに表示されるアクティビティの範囲は拡大し、詳細も表示されるようになります。

  • カーソルを合わせたときにステータスのポップオーバーが表示され、詳細の概要を簡単に確認できる新しいパイプラインページが追加されました。パイプラインの実行状況が、関連する詳細と共に表示されます。

  • パイプラインの編集 API で、デプロイフェーズで使用する環境の変更がサポートされるようになりました。

  • OakPal スキャンプロセスの最適化が、大規模パッケージに導入されました。

  • 品質問題の CSV ファイルに、品質問題ごとのタイムスタンプが含まれるようになりました。

バグの修正

  • 正常でないビルド設定があると、パイプラインの Maven アーティファクトキャッシュに不要なファイルが保存され、ビルドコンテナの開始と停止時に不要なネットワーク I/O が発生していました。

  • デプロイフェーズが存在しない場合、パイプライン PATCH API は失敗します。

  • 共通の基本パスを持つクライアントライブラリがある場合、ClientlibProxyResourceCheck 品質ルールで偽陽性の問題が発生していました。

  • リポジトリーの最大数に達したエラーメッセージで、エラーの理由が明記されていませんでした。

  • まれに、特定の応答コードの不適切な再試行処理が原因でパイプラインが失敗することがありました。

このページ