AEM as a Cloud Service のメンテナンスタスク

メンテナンスタスクとは、リポジトリーを最適化するためにスケジュールに従って実行されるプロセスです。AEM as a Cloud Service を使用すると、顧客がメンテナンスタスクの運用プロパティを設定する必要が最小限になります。顧客は、インフラストラクチャの運用をアドビに任せて、リソースをアプリケーションレベルの懸念事項に集中させることができます。

メンテナンスタスクの設定

以前のバージョンの AEM では、メンテナンスカード(ツール/操作/メンテナンス)を使用してメンテナンスタスクを設定できました。AEM as a Cloud Service を使用する場合、メンテナンスカードは使用できなくなったので、Cloud Manager を使用して設定をソース管理にコミットし、デプロイする必要があります。顧客側で行えない設定(データストアのガベージコレクション、監査ログのパージ、バージョンのパージなど)があるメンテナンスタスクはアドビが管理します。その他のメンテナンスタスクは顧客側で設定できます(下表を参照)。

注意

アドビは、パフォーマンスの低下などの問題を軽減するために、顧客のメンテナンスタスク設定を上書きする権利を保留します。

次の表に、AEM as a Cloud Service のリリース時に使用できるメンテナンスタスクを示します。

メンテナンスタスク 設定の所有者 設定方法(オプション)
データストアのガベージコレクション アドビ 該当なし - アドビが完全所有
バージョンのパージ アドビ オーサー層のパフォーマンスを維持するために、リポジトリーの /content ノード下にある各コンテンツの古いバージョンは、次の動作に従ってパージされます。

  1. 31 日以上前のバージョンは削除されます
  2. 過去 30 日間の最新の 5 つのバージョンが保持されます
  3. 上記のルールに関係なく、最新バージョンが保持されます

注意:上記の動作は、2022年3月15日(PT)以降に作成された新しい環境に対して、デフォルトで適用されます。別の設定が必要な場合は、カスタマーサポートチケットを送信してください。
監査ログの削除 アドビ オーサー層のパフォーマンスを維持するために、リポジトリーの /content ノード下にある古い監査ログは、次の動作に従ってパージされます。

  1. レプリケーション監査の場合、4 日以上前の監査ログは削除されます
  2. DAM(アセット)監査の場合、31 日以上前の監査ログは削除されます
  3. ページ監査の場合、4 日以上前のログは削除されます

注意:上記の動作は、2022年3月15日(PT)以降に作成された新しい環境に対して、デフォルトで適用されます。別の設定が必要な場合は、カスタマーサポートチケットを送信してください。
Lucene バイナリクリーンアップ アドビ 未使用で、アドビによって無効にされています。
アドホックタスクの削除 顧客

Git で行う必要があります。/libs フォルダーまたは /apps/settings/granite/operations/maintenance/granite_weekly フォルダーにプロパティを作成することで、granite_daily 内にある標準のメンテナンスウィンドウ設定ノードを上書きします。

詳細な設定については、以下の「メンテナンスウィンドウ」の表を参照してください。上記のノードの下に別のノードを追加し(granite_TaskPurgeTask という名前を付けて)、適切なプロパティを追加して、メンテナンスタスクを有効にします。OSGi プロパティを設定します。

ワークフローのパージ 顧客

Git で行う必要があります。/libs フォルダーまたは /apps/settings/granite/operations/maintenance/granite_weekly フォルダーにプロパティを作成することで、granite_daily 内にある標準のメンテナンスウィンドウ設定ノードを上書きします。詳細な設定については、以下の「メンテナンスウィンドウ」の表を参照してください。

上記のノードの下に別のノードを追加し(granite_WorkflowPurgeTask という名前を付けて)、適切なプロパティを追加して、メンテナンスタスクを有効にします。OSGi プロパティの設定については、AEM 6.5 メンテナンスタスクのドキュメントを参照してください。

プロジェクトのパージ 顧客

Git で行う必要があります。/libs フォルダーまたは /apps/settings/granite/operations/maintenance/granite_weekly フォルダーにプロパティを作成することで、granite_daily 内にある標準のメンテナンスウィンドウ設定ノードを上書きします。詳細な設定については、以下の「メンテナンスウィンドウ」の表を参照してください。

上記のノードの下に別のノードを追加し(granite_ProjectPurgeTask という名前を付けて)、適切なプロパティを追加して、メンテナンスタスクを有効にします。OSGi プロパティを設定します。

メンテナンスウィンドウの設定 設定の所有者 設定の種類 パラメーター
毎日 顧客 JCR ノード定義

windowSchedule=daily(この値は変更しないでください)

windowStartTime=HH:MM(24 時間形式)日次メンテナンスウィンドウに関連付けられたメンテナンスタスクの実行を開始するタイミングを定義します。

windowEndTime=HH:MM(24 時間形式)日次メンテナンスウィンドウに関連付けられたメンテナンスタスクがまだ完了していない場合に、その実行を停止するタイミングを定義します。

毎週 顧客 JCR ノード定義

windowSchedule=weekly(この値は変更しないでください)

windowStartTime=HH:MM(24 時間形式)週次メンテナンスウィンドウに関連付けられたメンテナンスタスクの実行を開始するタイミングを定義します。

windowEndTime=HH:MM(24 時間形式)週次メンテナンスウィンドウに関連付けられたメンテナンスタスクがまだ完了していない場合に、その実行を停止するタイミングを定義します。

windowScheduleWeekdays= 1 から 7 までの 2 つの値の配列(例: [5,5])配列の最初の値はジョブがスケジュールされる開始日で、2 番目の値はジョブが停止される終了日です。開始と終了の正確な時刻は、それぞれ windowStartTime と windowEndTime で管理されます。

毎月 顧客 JCR ノード定義

windowSchedule=daily(この値は変更しないでください)

windowStartTime=HH:MM(24 時間形式)月次メンテナンスウィンドウに関連付けられたメンテナンスタスクの実行をいつ開始するかを定義します。

windowEndTime=HH:MM(24 時間形式)月次メンテナンスウィンドウに関連付けられたメンテナンスタスクがまだ完了していない場合に、その実行を停止するタイミングを定義します。

windowScheduleWeekdays= 1 から 7 までの 2 つの値の配列(例: [5,5])配列の最初の値はジョブがスケジュールされる開始日で、2 番目の値はジョブが停止される終了日です。開始と終了の正確な時刻は、それぞれ windowStartTime と windowEndTime で管理されます。

windowFirstLastStartDay = 0 または 1 0(月の最初の週にスケジュールを設定)、1(月の最後の週にスケジュールを設定)。値を指定しないと、毎月 windowScheduleWeekdays の規定に従って、事実上ジョブを毎日スケジュールします。

ロケーション:

  • 日単位 - /apps/settings/granite/operations/maintenance/granite_daily
  • 週単位 - /apps/settings/granite/operations/maintenance/granite_weekly
  • 月単位 - /apps/settings/granite/operations/maintenance/granite_monthly

コードサンプル

コードサンプル 1(日単位)

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<jcr:root xmlns:sling="http://sling.apache.org/jcr/sling/1.0"
  xmlns:jcr="http://www.jcp.org/jcr/1.0"
  jcr:primaryType="sling:Folder"
  sling:configCollectionInherit="true"
  sling:configPropertyInherit="true"
  windowSchedule="daily"
  windowStartTime="03:00"
  windowEndTime="05:00"
 />

コードサンプル 2(週単位)

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<jcr:root xmlns:sling="http://sling.apache.org/jcr/sling/1.0"
   xmlns:jcr="http://www.jcp.org/jcr/1.0"
   jcr:primaryType="sling:Folder"
   sling:configCollectionInherit="true"
   sling:configPropertyInherit="true"
   windowEndTime="15:30"
   windowSchedule="weekly"
   windowScheduleWeekdays="[5,5]"
   windowStartTime="14:30"/>

コードサンプル 3(月単位)

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<jcr:root xmlns:sling="http://sling.apache.org/jcr/sling/1.0"
   xmlns:jcr="http://www.jcp.org/jcr/1.0"
   jcr:primaryType="sling:Folder"
   sling:configCollectionInherit="true"
   sling:configPropertyInherit="true"
   windowEndTime="15:30"
   windowSchedule="monthly"
   windowFirstLastStartDay=0
   windowScheduleWeekdays="[5,5]"
   windowStartTime="14:30"/>

このページ