AdobeIdentity Management System

AEM as a Cloud Service には、認証用に Adobe Identity Management System(IMS)が事前設定されています。これまで AEM では、ユーザーが Active Directory や IMS などの ID プロバイダー(IDP)を設定する必要がありました。

AEM as a Cloud Service により、AEM と他の Adobe Experience Cloud ソリューションの間でログイン操作が統一されます。複数のアドビ製品を持つ組織では、Adobe Admin Console で役割に基づくグループを作成し、IMS を使用して AEM を含む複数の製品へのアクセス権を割り当てることで、特にメリットが得られます。

このページ