AEM as a Cloud Service 製品プロファイルへのチームメンバーの割り当て

目的

このドキュメントでは、システム管理者がチームメンバーを AEM as a Cloud Service 製品プロファイルに割り当てるために必要な手順と、AEM 作成者が AEM のジャーニーを開始できるようにすることが重要な理由を説明します。

この説を読み終えると、以下を理解できます。

  • チームメンバーを AEM as a Cloud Service 製品プロファイルに割り当てる理由と方法
  • チームメンバーを「AEM ユーザー」製品プロファイルに追加する方法
  • チームメンバーを「AEM 管理者」製品プロファイルに追加する方法

はじめに

ユーザーが AEM as a Cloud Service へのアクセス権を付与されるには、AEM Users または AEM Administrators のどちらかの製品プロファイルに属している必要があります。Cloud Manager を管理する権限では不十分なので、チームメンバーに AEM インスタンスに対する権限を付与する必要があります。

メモ

システム管理者によって「AEM ユーザー」製品プロファイルに割り当てられたユーザーは誰でも、Cloud Manager に(読み取り専用で)アクセスできます。

前提条件

この節を読む前に、次の前提条件を確認してください。

  • AEM as a Cloud Service 製品プロファイルについて理解している

  • Admin Console について理解している

  • Cloud Manager 製品プロファイルが必要に応じてチームメンバーに割り当てられており、クラウドリソースがセットアップされている

  • チームメンバーの詳細:システム管理者は、AEM as a Cloud Service へのアクセスを必要とするチームメンバーの名前と電子メールアドレス、役割と責務がわかっている

    メモ

    オンボーディングのために、管理者、開発者、コンテンツ作成者など、当面のタスクに参加するユーザーを最初に追加することをお勧めします。すべてのユーザーを追加しなくても、残りのオンボーディングを続行できます。オンボーディングが完了したら、後でユーザーの数を増やすことができます。

    重要

    AEM as a Cloud Service 製品プロファイルにチームメンバーを割り当てる手順を確認する前に、必ず次の 2 つの手順に従ってください。

    1. Adobe Admin Console にログインします。詳しくは、「Admin Console へのログイン」を参照してください。

    2. AEM as a Cloud Service 製品プロファイルを確認します。

Adobe Admin Console で Cloud Manager プロファイルのリストを表示するには、次の手順に従います。

  1. Adobe Admin Console にログインします。概要​ページで、製品とサービス​カードから「Adobe Experience Manager as a Cloud Service」を選択します。

  2. インスタンス(開発環境のオーサーインスタンス)に移動して選択します(下図を参照)。

  3. 役割に基づいてユーザーに割り当てる必要がある AEM as a Cloud Service 製品プロファイルのリストが表示されます。

    メモ

    詳しくは、AEM as a Cloud Service 製品プロファイルを参照してください。

「AEM ユーザー」または「AEM 管理者」製品プロファイルへのチームメンバーの追加

AEM as a Cloud Service へのアクセス権が付与されるには、インスタンスは「AEM Users」または「AEM Administrators」のどちらかの製品プロファイルに属している必要があります。

メモ

インスタンスに対する権限を付与される必要があります。Cloud Manager を管理する権限では不十分です。詳細情報を参照してください。

以下の手順は、「ビジネスオーナー」の役割も兼務しているシステム管理者が実行する必要があります。

  1. Cloud Manager のプログラムに移動し、対象となる環境のコンテキストから「アクセスを管理」ボタンを選択します(下図を参照)。

  2. 新しいタブで Adobe Admin Console が表示されます。ここから、環境のオーサーインスタンスにアクセスできます。ユーザーに付与すべき権限に基づいて、「AEM 管理者」または「AEM ユーザー」を選択します。詳しくは、AEM as a Cloud Service 製品プロファイルを参照してください。

  3. AEM Administrator」または「AEM User」を選択し、「ユーザーを追加」(下図を参照)をクリックして、チームメンバーの追加に必要な詳細を送信します。

    追加したユーザーは、AEM as a Cloud Service のオーサーサービスにアクセスできるようになります。

    メモ

    アクセスを必要とするチームメンバーの情報があれば、開発、ステージ、実稼動などのすべての環境で、上記の手順を繰り返すことができます。

次の手順

これで、AEM as a Cloud Service の製品プロファイルに割り当てたユーザーは、オーサリングサービスにアクセスする方法を学び、AEM as a Cloud Service でのページのオーサリングに慣れることができます。次は、AEM ユーザーの学習パスまたは開発者およびデプロイメントマネージャーの学習パスのドキュメントを確認して、そのパスに従ってください。

その他のリソース

このページ