AEM as a Cloud Service への移行ジャーニーの概要

AEM as a Cloud Service 移行ジャーニーのこの部分では、AEM のオンプレミスまたは Adobe Managed Services インストールをクラウドに移行する際の基本事項を説明します。

目的

このドキュメントは、AEM のクラウドネイティブバージョンを使用する理由と、AEM as a Cloud Service に移行する様々な段階を理解するのに役立ちます。読み終えると、次のことができるようになります。

  • AEM as a Cloud Service を移行するメリットを理解する
  • クラウドに移行するために実行する必要がある幅広い手順を理解する

AEM as a Cloud Service に移行するメリット

AEM as a Cloud Service は、Experience Manager Assets、Forms、および Screens に対する、拡張性、安全性、機敏性の高いテクノロジー基盤となるので、マーケターや IT 部門は、インパクトの強いエクスペリエンスの大規模な提供に専念できます。

AEM as a Cloud Service を使用すると、チームは製品アップグレードの計画ではなく技術革新に専念できます。新しい製品機能は徹底的にテストされ、中断することなくチームに提供されるので、常に最新の AEM バージョンにアクセスできます。

AEM as a Cloud Service への移行について

Cloud Service への移行ジャーニーには、次の段階が含まれます。

  • 準備段階 で、デプロイメントを AEM as a Cloud Service に移行する準備ができているかどうかを判断することから始めます。この段階では、AEM as a Cloud Service で導入された変更点についても理解しておく必要があります。
  • 次に、実装段階でコードとコンテンツクラウドの準備を整えます。この段階では、クラウドへの移行を容易にするためにアドビが提供するツールを調査します。
  • すべてが整ったら、運用開始段階で移行を実行できます。
  • 最後に、運用開始後段階で、問題を監視し、パフォーマンスを向上させます。

次の図に、AEM as a Cloud Serviceへの推奨されるトランジションジャーニーの概要を示します。

画像

移行ジャーニーのより詳細で詳細なビューについては、以下の図も参照してください。

画像

Cloud Acceleration Manager

このジャーニーで概要を説明する手順に加えて、アドビは、Cloud Service の計画から運用開始までの移行プロセスを通じて IT チームをガイドするクラウドベースのアプリケーションである Cloud Acceleration Manager を提供します。AEM as a Cloud Service への移行プロセスの各段階で役に立つアドビ推奨のベストプラクティス、ヒント、ドキュメントおよびツールを利用して移行を成功へ導くよう、チームをセットアップします。

Cloud Acceleration Manager のドキュメント を参照するか、 紹介ビデオ を視聴して、移行ジャーニーを始めることができます。

次の手順

AEM Cloud Service 移行ジャーニーを開始いただき、ありがとうございます。このドキュメントをお読みいただいたので、準備段階に進んでいただけます。これは、デプロイメントを AEM as a Cloud Service に移行する準備ができているかどうかを判断するのに役立ちます。

このページ