コンテンツ転送の検証

はじめに

コンテンツ転送ツールで抽出されたすべてのコンテンツが、ターゲットインスタンスに正常に取り込まれたかどうかをユーザーが確実に判断できるようになりました。この検証機能は、抽出時に関与したすべてのノードのパスのダイジェストと、取得時に関与したすべてのノードのパスのダイジェストを比較することで機能します。 抽出ダイジェストに含まれているノードパスが取り込みダイジェストにない場合、検証は失敗したと見なされ、追加の手動検証が必要になる可能性があります。

情報

この機能は、コンテンツ転送ツール(CTT)バージョン 1.8.x リリース以降で使用できるようになります。AEM Cloud Service のターゲット環境は、バージョン 6158 以降を実行している必要があります。また、事前コピーを実行するようにソース環境をセットアップする必要があります。検証機能は、ソース上の azcopy.config ファイルを探します。このファイルが見つからない場合、検証は実行されません。azcopy.config ファイルの設定方法について詳しくは、このページを参照してください。

コンテンツ転送の検証はオプション機能です。この機能を有効にすると、抽出にかかる時間と取り込みにかかる時間の両方が長くなります。この機能を使用するには、次の手順に従って、ソース AEM 環境のシステムコンソールで有効にします。

  1. ツール/運営/Web コンソール​を選択するか、URL(https://serveraddress:serverport/system/console/configMgr)に直接アクセスして、ソースインスタンス上の Adobe Experience Manager Web コンソールに移動します。

  2. Content Transfer Tool Extraction Service Configuration を検索します。

  3. 鉛筆アイコンボタンを使用して、設定値を編集します。

  4. Enable Migration Validation during extraction」設定を有効にししてから、「保存」をクリックします。

    画像

この設定を有効にし、ターゲット AEM Cloud Service 環境で互換性のあるリリースを実行している場合は、以降のすべての抽出および取り込み時に移行の検証が行われます。

コンテンツ転送ツールのインストール方法について詳しくは、コンテンツ転送ツールの基本を学ぶを参照してください。

コンテンツ転送の検証方法

ソース AEM 環境で移行の検証を有効にしたうえで、抽出を開始します。

抽出時にステージングコンテナを上書き」が有効になっている場合は、抽出に関係するすべてのノードが抽出パスダイジェストに記録されます。この設定を使用する場合は、取り込み時に「取り込み前にクラウドインスタンス上の既存のコンテンツを消去」設定を有効にすることが重要です。そうしないと、取り込みダイジェストに見つからないノードがあるように見える場合があります。これらは、以前の取り込み時からターゲットに既に存在するノードです。

この例については、以下の図を参照してください。

例 1

  • 抽出(上書き)

    画像

  • 取り込み(ワイプ)

    画像

  • 備考

    この「上書き」と「ワイプ」の組み合わせにより、取り込みを繰り返す場合でも、一貫した検証結果が得られます。

例 2

  • 抽出

    画像

  • 取り込み

    画像

  • 備考

    この「上書き」と「ワイプ」の組み合わせにより、最初の取り込みでは一貫した検証結果が得られます。

    取り込みを繰り返すと、取り込みダイジェストが空になり、検証が失敗したように見えます。これは、この抽出で得られたすべてのノードが既にターゲット上に存在するので、取り込みダイジェストが空になるからです。

抽出が完了したら、取り込みを開始します。

取り込みログの冒頭には、aem-ethos/tools:1.2.438 のようなエントリが含まれています。このバージョン番号が 1.2.438 以上であることを確認します。そうでない場合、使用している AEM as a Cloud Service リリースでは検証がサポートされていません。

取り込みが完了し、検証が開始されると、次のログエントリが取り込みログに記録されます。

Gathering artifacts for migration validation...

検証の詳細は、このエントリの後に記録されます。以下に大規模な移行の例を示します。

Beginning publish migration validation. Migration job id=[3aba1f96-84b6-4bd0-8642-c61c0d528387]
Extraction path digest is being processed...
Extraction path digest processing took 982 seconds
Ingestion path digest is being processed...
Ingestion path digest processing took 999 seconds
Comparing the Extraction and Ingestion path digests...
----------------------------------------------------------
EXTRACTION: Number of nodes extracted: 51674784
INGESTION: Number of nodes ingested: 51674784
----------------------------------------------------------
Validation succeeded! No entries were detected to be missing from the ingestion digest.
----------------------------------------------------------
Comparing the path digests took 29 seconds
Migration validation took 33 minutes

抽出ダイジェストに存在していて取り込みダイジェストに見つからないエントリはないので、これは成功した検証の例になります。

これと比較するために、検証が失敗した場合の検証レポートの例を以下に示します。

Beginning publish migration validation. Migration job id=[ac217e5a-a08d-4e81-cbd6-f39f88b174ce]
Extraction path digest is being processed...
Extraction path digest processing took 0 seconds
Ingestion path digest is being processed...
Ingestion path digest processing took 0 seconds
Comparing the Extraction and Ingestion path digests...
----------------------------------------------------------
EXTRACTION: Number of nodes extracted: 4635
INGESTION: Number of nodes ingested: 0
----------------------------------------------------------
Validation failed. However, the following nodes may already be present in the target environment.
Please refer to our Migration Validation FAQ (https://www.adobe.com/go/aem_cloud_ctt_validation_en) or open a ticket with Customer Care.
There are 4635 entries present in the extraction digest that are missing from the ingestion digest.
/content/dam/bruce
/content/dam/bruce-assets
... more paths listed (up to 10k) ...
----------------------------------------------------------
Comparing the path digests took 0 seconds
Migration validation took 0 minutes

上記の失敗例は、取り込みを実行したあと、取り込み時にノードが関係しないように、ワイプを無効にして同じ取り込みを再度実行することで得られたものです。すべてのノードが既にターゲット上に存在していたケースです。

検証レポートは、取り込みログに含まれるだけでなく、Cloud Acceleration Manager の​取り込みジョブ​ユーザーインターフェイスからアクセスすることも可能です。アクセスするには、3 つのドット()をクリックし、ドロップダウンの「検証レポート」をクリックして検証レポートを表示します。

画像

トラブルシューティング

検証に失敗した。次は何をすればよいでしょうか。

まず、取り込みが本当に失敗したか、それとも抽出したコンテンツが既にターゲット環境に存在しているのかを確認することです。後者の状況が起こり得るのは、「取り込み前にクラウドインスタンス上の既存のコンテンツを消去」オプションを無効にした状態で取り込みを繰り返した場合です。

検証するには、検証レポートからパスを選択し、そのパスがターゲット環境に存在するかどうかを確認します。これがパブリッシュ環境の場合、できることはページやアセットの直接確認に限られる可能性があります。この手順に関してサポートが必要な場合は、カスタマーケアに連絡してチケットをオープンしてください。

ノード数が予想より少ない。なぜでしょう?

ファイルを扱いやすいサイズにして、取り込みの完了後 2 時間以内に移行の検証結果を計算できるように、一部のパスは抽出ダイジェストと取り込みダイジェストから意図的に除外されています。

現在ダイジェストから除外されているパスには、cqdam.text.txt レンディション、/home 内のノード、/jcr:system 内のノードなどがあります。

このページ