ユーザーマッピングツールの使用

ユーザーマッピングツールで使用される API は、Adobe Identity Management System(IMS)ユーザーを電子メールアドレスで検索して、各ユーザーの IMS ID を返すことができます。この API では、ユーザーが自分の組織のクライアント ID、クライアントシークレット、アクセスまたはベアラートークンを作成する必要があります。

ユーザーマッピングツールのセットアップ

これを設定するには、次の手順に従います。

  1. Adobe ID を使用して Adobe 開発者コンソールに移動します。
  2. 新しいプロジェクトを作成するか、既存のプロジェクトを開きます。
  3. API を追加します:「プロジェクトに追加」をクリックして、「API」を選択します。
  4. 「User Management API」を選択します。このオプションを使用するには、権限の取得が必要になる場合があります。
  5. JWT 資格情報を作成します。
  6. キーペアを生成するか、公開鍵(rsa 以外)をアップロードします。これを実行する「公開鍵 / 秘密鍵のペアを生成」ボタンがあります。必ず、公開鍵と秘密鍵の両方を保存してください。
  7. User Management API に移動します。
  8. 秘密鍵の内容をテキストボックスに貼り付けて「トークンを生成」をクリックすることで、アクセストークン(またはベアラートークン)を生成します。
  9. クライアント IDクライアントシークレットテクニカルアカウント IDテクニカルアカウント電子メールアドレス組織 IDアクセストークン​などの情報をすべて安全に保存します。

ユーザーマッピングツールのユーザーインターフェイスへのアクセス

ユーザーマッピングツールは、コンテンツ転送ツールに統合されています。コンテンツ転送ツールはソフトウェア配布ポータルからダウンロードできます。最新バージョンについて詳しくは、最新のリリースノートを参照してください。

  1. Adobe Experience Manager を選択し、ツール/運営コンテンツ移行​に移動します。

    画像

  2. ユーザーマッピング​カードをクリックします。

    画像

  3. ユーザーマッピング設定を作成」をクリックします。

    メモ

    この手順をスキップすると、ユーザーおよびグループのマッピングは抽出段階でスキップされます。

    画像

    User Management API 設定​のフィールドに、下記のように値を入力します。

    画像

    • 組織 ID:ユーザーが移行する組織の Adobe Identity Management System(IMS)組織 ID を入力します。

      メモ

      組織 ID を取得するには、Admin Console にログインし、(右上の領域で)組織を選択します(複数の組織に属している場合)。組織 IDは、そのページの URL に xx@AdobeOrg のような形式で含まれます(xx が IMS 組織 ID です)。または、アクセストークンを生成した Adobe 開発者コンソールページでも組織 ID が見つかります。

    • クライアントID:設定手順で保存したクライアント ID を入力します。

    • アクセストークン:設定手順で保存したアクセストークンを入力します。

      メモ

      アクセストークンの有効期限は 24 時間で切れるので、そのたびに新しいアクセストークンを作成する必要があります。新しいトークンを作成するには、Adobe 開発者コンソールに戻り、プロジェクトを選択し、「User Management API」をクリックして、同じ秘密鍵をボックスに貼り付けます。

  4. フィールドに値を入力したら、「設定をテスト」をクリックして、User Management API サービスへの接続をテストします。接続に成功した場合は、「保存」をクリックして設定を保存できます。

    画像

  5. 設定を保存したら、その設定を選択し、「ユーザーマッピングを開始」をクリックします。

    画像

  6. ダイアログボックスの「開始」をクリックして、ユーザーマッピングプロセスを開始します。

    画像

    ステータス」が​実行中​と表示されます。

    画像

  7. ユーザーマッピングが完了したら、「結果」をクリックして概要を表示します。

    画像

    重要
    • ユーザーマッピングが完了したら、パンくずリストを使用してコンテンツ移行ページに戻ることができます。ユーザーマッピングカードにステータスとタイムスタンプが表示されます。「コンテンツ転送」をクリックして移行セットを作成し、抽出を実行します。詳しくは、コンテンツ転送ツールの実行を参照してください。

ユーザーマッピングプロセスの再開

次のいずれかの理由でユーザーマッピングプロセスが停止した場合、

  • ユーザーが「ユーザーマッピングを停止」を選択した

  • プロセスの実行中にアクセストークンが期限切れになった

  • その他の理由

    メモ

    進行状況がプロセスの停止位置から保存されます。

ユーザーマッピングプロセスを再開するには、次の手順に従います。

  1. ログを表示」をクリックしてユーザーマッピングログを確認し、保存された進行状況をチェックします。

    画像

  2. ユーザーマッピングを開始」ボタンを再度クリックすると、中断した位置から再開できます。

    メモ

    再起動する前に、アクセストークンが引き続き有効であるか、更新されていることを確認してください。

    画像

  3. ダイアログボックスの「開始」をクリックして、ユーザーマッピングプロセスを再開します。

    画像

    ユーザーマッピングプロセスが完了したら、問題の設定の「ステータス」が​完了​と表示されます。

    画像

このページ