コンテンツ転送ツールのトラブルシューティング

不明な BLOB ID

以下に示すように、不明な BLOB ID が報告された場合は、既存のリポジトリーで整合性チェックを実行し、不明な BLOB を復元する必要があります。
ERROR o.a.j.o.p.b.AbstractSharedCachingDataStore - Error retrieving record [ba45c53f8b687e7056c85dceebf8156a0e6abc7e]

以下のコマンドを実行します。

メモ

--verbose フラグが必要なのは、BLOB の参照元ノードのパスを報告するためです。

AEM 6.5(Oak 1.8 以前)のリポジトリーの場合

java -jar oak-run.jar datastorecheck --consistency --store [<SEGMENT_STORE_PATH>|<MONGO_URI>] --[s3ds|fds] <DATASTORE_CFG> --verbose <OUT_DIR> --dump

Oak 1.10 以降のリポジトリーの場合

java -jar oak-run.jar datastore --check-consistency [<SEGMENT_STORE_PATH>|<MONGO_URI>] --[s3ds|fds|azureds] <DATASTORE_CFG> --out-dir <OUT_DIR> --work-dir <TEMP_DIR> --verbose

詳しくは、Oak Runnable Jar(Oak 実行可能 Jar)を参照してください。

整合性チェックのために上記で指定された OUT_DIR に作成されたファイルを調べて、不明なバイナリのパスや必要なアクション(バックアップからの復元、パスの削除、インデックスの再作成など)を確認できます。

UI の動作

コンテンツ転送ツールのユーザーインターフェイス(UI)に次のような動作が見られることがあります。

  • コンテンツ転送ツール UI のアイコンが、このガイドに示すスクリーンショットとは異なって表示される場合や、ソース AEM インスタンスのバージョンによっては表示されない場合があります。

このページ