プログラムとプログラムの種類

Cloud Manager は、エンティティの階層を中心に構築されています。 この詳細は、Cloud Manager の毎日の作業にとって重要ではありませんが、概要は、プログラムを理解し、独自の設定に役立ちます。

Cloud Manager の階層

  • テナント — これは階層の最上位です。 すべての顧客にテナントがプロビジョニングされます。
  • プログラム — 各テナントには 1 つ以上のプログラムがあります。 多くの場合、お客様がライセンスを取得したソリューションを反映したものです。
  • 環境 — 各プログラムには、実稼動コンテンツ用、ステージング用、開発用など、複数の環境があります。
    • 各プログラムには、1 つの実稼動環境のみを設定できますが、複数の非実稼動環境を設定できます。
  • リポジトリ :プログラムには git リポジトリがあり、環境用にアプリケーションとフロントエンドコードが管理されています。
  • ツールとワークフロー — パイプラインはリポジトリから環境へのコードのデプロイメントを管理し、他のツールはログ、監視、環境管理へのアクセスを許可します。

例は、多くの場合、この階層を文脈化する際に役立ちます。

  • WKND Travel and Adventure Enterprises は、 テナント 旅行関連のメディアに焦点を当てています。
  • WKND Travel and Adventure Enterprises テナントは、2 つの プログラム:WKND Magazine 向けの 1 つの Sites プログラムと WKND Media 向けの 1 つの Assets プログラムです。
  • WKND Magazine と WKND Media の両方のプログラムには、開発、ステージ、実稼動が含まれます 環境.

ソースコードリポジトリ

Cloud Manager プログラムには、独自の Git リポジトリが自動プロビジョニングされます。

Cloud Manager の Git リポジトリにアクセスするには、コマンドラインツール、スタンドアロンの Visual Git クライアント、または Eclipse、IntelliJ、NetBeans などのユーザーの IDE を使用して Git クライアントを使用する必要があります。

Git クライアントを設定したら、Cloud Manager UI から Git リポジトリを管理できます。 Cloud Manager UI を使用して Git を管理する方法については、このドキュメントを参照してください Git にアクセスします。

AEM Cloud アプリケーションの開発を開始するには、Cloud Manager リポジトリーからローカルコンピューター上の場所にアプリケーションコードのローカルコピーをチェックアウトして、作成する必要があります。

$ git clone {URL}

したがって、ワークフローは標準の Git ワークフローになります。

  1. ユーザーは、Git リポジトリのローカルコピーを複製します。
  2. ユーザーがローカルコードリポジトリで変更をおこないます。
  3. 準備が整うと、ユーザーは変更をリモート Git リポジトリにコミットし直します。

唯一の違いは、リモート Git リポジトリが Cloud Manager に含まれていることです。Cloud Manager は開発者に対して透過的です。

プログラムの種類

ユーザーは、 実稼動 プログラムまたは サンドボックス プログラム。

  • A 生産計画 は、サイトのライブトラフィックを有効にするために作成されます。
  • A サンドボックスプログラム は、通常、トレーニング、デモの実行、イネーブルメント、POC、ドキュメントの実行の目的で作成されます。
    • サンドボックス環境は、ライブトラフィックを運ぶためのものではなく、実稼動プログラムが運用しないという制限を持ちます。
    • これには Sites と Assets が含まれ、サンプルコード、開発環境、実稼動以外のパイプラインを含む Git ブランチが自動入力されて配信されます。
    • ドキュメントを参照してください サンドボックスプログラムの概要 を参照してください。

このページ