AEM as a Cloud Service でのオーバーレイ

最終更新日: 2023-10-17

Adobe Experience Manager as a Cloud Service では、オーバーレイの原則を使用して、コンソールやその他の機能(ページオーサリングなど)の拡張やカスタマイズが可能です。

オーバーレイは様々なコンテキストで使用される用語です。AEM as a Cloud Service を拡張するというこのコンテキストにおいて、オーバーレイとは、事前定義済みの機能に対して独自の定義を強制的に付加することで、標準の機能をカスタマイズすることを意味します。

標準インスタンスでは、定義済みの機能は /libs 下に保持され、(リソースを解決する検索パスを使用して)/apps 分岐の下にオーバーレイ(カスタマイズ)を定義することをお勧めします。

  • タッチ対応ユーザーインターフェイスは Granite 関連のオーバーレイを使用します。

    • 方法

      • /apps の下に適切な /libs 構造を再構築します。

        この再構築には、1:1 コピーは不要です。Sling Resource Merger は、必要な元の定義を相互参照するのに使用されるからです。Sling Resource Merger は、差分メカニズムによってリソースにアクセスおよびマージするサービスを提供します。

      • /apps の下に、変更を加えます。

    • メリット

      • /libs 以下の変更に対する堅牢性が高まります。
      • 必須項目のみを再定義します。
注意

Sling Resource Merger および関連する手法は、Granite と併用する場合に限り使用できます。このルールでは、スケルトン構造を持つオーバーレイの作成は、標準的なタッチ操作対応ユーザーインターフェイスに対してのみ適しているということを意味します。

オーバーレイは、変更が多い場合に推奨されるメソッドです。例えば、コンソールの設定またはサイドパネルのアセットブラウザーへの選択カテゴリの作成(ページのオーサリング時に使用)です。必要な理由は次のとおりです。

  • /libs 分岐で変更を加えることは​できません
    この分岐は、インスタンスにアップグレードが適用されるたびに変更される可能性が高く、その際に変更内容が失われる場合があるからです。

  • オーバーレイにより、変更を 1 箇所に集中させることができるため、必要に応じて変更の追跡、移行、バックアップまたはデバッグを実行しやすくなります。

検索パス

AEM は、検索パスを使用して、(デフォルトでは)最初に /apps 分岐、次に /libs 分岐の順に検索してリソースを見つけます。このメカニズムにより、/apps のオーバーレイ(およびそこに定義されているカスタマイズ)が優先されることになります。

オーバーレイの場合、配信されるリソースは、取得されたリソースとプロパティの集合体で、OSGi 設定で定義されている検索パスに応じます。

このページ