エディターの制限事項

最終更新日: 2024-02-26

タッチ操作対応 UI のエディターでは、オーバーレイを使用して iframe 内に含まれるコンテンツを操作します。この操作には、エディターの使用と開発者に対していくつかの制限事項があります。このページでは、これらの制限事項をまとめ、可能な限り解決策や回避策を提供します。

機能の制限事項

作成者は、エディターを使用してページを作成する際に、次の機能上の制限を受ける場合があります。

ページの編集時に、リンクがアクティブになりません。

構造ページ

ページ名を指定できません structure. structure と名前が付けられたページは、ページエディターで編集できません。

CSS の制限

開発者は、エディターでの CSS の操作に次の制限を受ける場合があります。

要素が絶対配置される

絶対配置された要素により、そのオーバーレイの位置に問題が生じる可能性があります。

  • この場合、エディターはまったく同じ寸法のオーバーレイを作成するので、絶対配置された要素の寸法が正しいことを確認します。

vh 単位

iframe の高さは AEM によって自動調整されるので、vh 単位はサポートされません。

固定の背景画像

固定の背景画像は、iframe 内に埋め込まれるので、スクロール時に固定されているように表示されない可能性があります。

  • ヘッダーバーのアクションで「公開済みとしてページを表示」を選択すると、ページが正しく表示されます。

100 %の高さ

ページの body 要素では、100 %の高さはサポートされていません。

  • フルスクリーンの body を実装するためには、次のように body 要素を「拡張」することで、回避策が可能になります。
body {
    position: absolute;
    top: 0;
    bottom: 0;
    right: 0;
    left: 0;
}

余白の折りたたみ

余白の折りたたみの問題は、body 要素の最初の子要素に余白がある場合に発生することがあります。

  • 解決策として、次のように body 要素レベルに clearfix を追加します。
body:before, body:after{
    content: ' ';
    display: table;
}

このページ