カスタムフォントを使用

Cloud Service 通信のドキュメントはベータ版です

Forms as a Cloud Service 通信を使用すると、XDP テンプレート、XDP ベースの PDF ドキュメント、または Acrobat フォーム(AcroForms)を XML データと組み合わせて PDF ドキュメントを生成できます。コミュニケーションを使用して、PDFドキュメントと XDP ドキュメントを組み合わせ、並べ替え、拡大し、PDFドキュメントに関する情報を取得することもできます。

前述の操作と共に、Cloud Serviceまたはカスタムフォント(組織の承認済みフォント)に含まれるフォントを使用して、生成されたPDFドキュメントをレンダリングできます。 Cloud Service 開発プロジェクトを使用して、カスタムフォントを Cloud Service 環境に追加できます。

PDF ドキュメントの動作

PDF ドキュメントに フォントを埋め込む ことができます。フォントが埋め込まれると、PDFドキュメントはすべてのプラットフォームで同じように表示されます(外観は同じ)。 埋め込みフォントを使用して、外観と操作性を一貫させます。 フォントが埋め込まれていない場合のフォントのレンダリングは、AcrobatやAcrobat ReaderなどのPDFビューアクライアントのレンダリング設定に依存します。 フォントがクライアントマシンで使用可能な場合、PDFは指定されたフォントを使用します。使用しない場合、PDFはデフォルトのフォールバックフォントでレンダリングされます。

Forms as a Cloud Service 環境へのカスタムフォントの追加

カスタムフォントを Cloud Service 環境に追加するには:

  1. を設定して、 ローカル開発計画. 任意の IDE を使用できます。

  2. プロジェクトの最上位のフォルダー構造で、カスタムフォントを保存し、そのフォルダーにカスタムフォントを追加するフォルダー(モジュール)を作成します。 例:fonts/src/main/resources
    フォントフォルダー

  3. 開発プロジェクトのフォントモジュールの pom.xml ファイルを開きます。

  4. POM ファイルに jar プラグインを追加します。

    <plugin>
        <groupId>org.apache.maven.plugins</groupId>
        <artifactId>maven-jar-plugin</artifactId>
        <version>3.1.2</version>
        <configuration>
            <archive>
                <manifest>
                    <addDefaultEntries/>
                    <addDefaultImplementationEntries/>
                </manifest>
            </archive>
        </configuration>
    </plugin>
    
  5. <Font-Archive-Version> manifest エントリ.pom ファイルを開き、バージョンの値を 1 に設定します。

    <plugin>
        <groupId>org.apache.maven.plugins</groupId>
        <artifactId>maven-jar-plugin</artifactId>
        <version>3.1.2</version>
        <configuration>
            <archive>
                <manifest>
                    <addDefaultEntries/>
                    <addDefaultImplementationEntries/>
                </manifest>
                <manifestEntries>
                    <Font-Archive-Version>1</Font-Archive-Version>
                    <Font-Archive-Contents>/</Font-Archive-Contents>
                </manifestEntries>
            </archive>
        </configuration>
    </plugin>
    
  6. フォントフォルダーを pom ファイルにリストされている <modules> に追加します。次に例を示します。

    <modules>
        <module>all</module>
        <module>core</module>
        <module>ui.frontend</module>
        <module>ui.apps</module>
        <module>ui.apps.structure</module>
        <module>ui.config</module>
        <module>ui.content</module>
        <module>it.tests</module>
        <module>dispatcher</module>
        <module>dispatcher.ams</module>
        <module>dispatcher.cloud</module>
        <module>ui.tests</module>
        <module>fonts</module>
    </modules>
    

    fonts フォルダーには、すべてのカスタムフォントが含まれています。

  7. 更新されたコードをチェックインして パイプラインを実行 し、フォントを Cloud Service 環境にデプロイします。

  8. (オプション)コマンドプロンプトを開き、ローカルプロジェクトフォルダに移動して、次のコマンドを実行します。 このコマンドは、フォントを関連情報と共に.jar ファイルにパッケージ化します。 .jar ファイルを使用して、FormsCloud Serviceローカル開発環境にカスタムフォントを追加できます。

    mvn clean install
    

ローカルのFormsCloud Service開発環境へのカスタムフォントの追加

  1. ローカル開発環境を開始します。

  2. に移動します。 <aem install directory>/crx-quickstart/install フォルダー。

  3. <jar file contaning custom fonts and relevant deployment code>.jar を install フォルダーに追加します。 .jar ファイルがない場合は、 Formsas a Cloud Service環境へのカスタムフォントの追加 セクションを開いて、ファイルを生成します。

  4. を実行します。 Docker ベースの SDK 環境

    メモ

    更新されたカスタムフォント.jar ファイルをローカル開発環境にデプロイする際には、Docker ベースの SDK 環境を再起動します。

このページ