Microsoft Dynamics 365 および Salesforce クラウドサービスの設定

Experience Manager Forms データ統合では、アダプティブフォームを Microsoft Dynamics 365 および Salesforce の標準のフォームデータモデルに統合するためのクラウドサービスを提供しています。その結果、アダプティブフォームは、Microsoft Dynamics 365 および Salesforce サーバーとやり取りして、ビジネスワークフローを有効にすることができます。次に例を示します。

  • アダプティブフォームの送信時にデータを Microsoft Dynamics 365.および Salesforce に書き込む。
  • フォームデータモデルで定義されているカスタムエンティティを通じて、データを Microsoft Dynamics 365 および Salesforce に書き込む(またはその逆の操作)。
  • Microsoft Dynamics 365 および Salesforce サーバーに対してデータに関するクエリを実行し、アダプティブフォームにデータを事前入力する。
  • Microsoft Dynamics 365 および Salesforce サーバーからデータを読み取る。

Experience Manager アーキタイプに基づいて Forms の開発プロジェクトをセットアップすると、Microsoft Dynamics 365 および Salesforce のクラウドサービスとフォームデータモデルを AEM Forms サーバー上で標準で使用できるようになります。

メモ

Microsoft Dynamics 365 および Salesforce のクラウドサービスとフォームデータモデルを標準で使用できるのは、AEM アーキタイプ 30 以降に基づいて Experience Manager Forms as a Cloud Service プロジェクトをセットアップしたのみとなります。

Salesforce クラウドサービスの設定

Salesforce クラウドサービスを設定する前に、必ず次の作業を実行してください。

  • OAuth 対応の接続された Salesforce アプリケーションを作成します。接続された Salesforce アプリケーションを作成する際に、次の形式でコールバック URL を指定します。

    https://'[server]:[port]'/libs/fd/fdm/gui/components/admin/fdmcloudservice/createcloudconfigwizard/cloudservices.html
    

    ここで、[server] と [port] は AEM Forms サーバーのホスト名とポート番号を示します。

  • Salesforce 接続アプリケーションを作成する際に、OAuth 範囲の値として fulloffline_access を指定します。

  • 接続アプリケーションのクライアント ID(「コンシューマーキー」とも呼ばれます)とクライアントの秘密キー(「コンシューマーシークレット」とも呼ばれます)の値を書き留めます。

Salesforce クラウドサービスを設定するには、次の手順を実行します。

  1. AEM Forms オーサーインスタンスで、ツール ハンマーアイコンクラウドサービスデータソース​に移動します。使用可能なラッパーフォルダーのリストには、AEM アーキタイププロジェクトの生成時に DappTitle のタイトルを指定したフォルダーが含まれています。
  2. このフォルダー名をタップし、「Salesforce クラウド設定」を選択して「プロパティ」をタップします。
  3. 認証設定」タブで、次のように設定します。
    1. ホスト」フィールドに Salesforce ドメイン URL を指定します。例えば、[Domain-name].my.salesforce.com のように指定します。
    2. 接続アプリケーションのクライアント ID(「コンシューマーキー」とも呼ばれます)とクライアントの秘密鍵(「コンシューマーシークレット」とも呼ばれます)を指定します。
    3. 認証範囲」フィールドに full offline_access を指定します(fulloffine_access の値をスペースで区切る)。
    4. OAuth に接続」をタップします。Microsoft Dynamics のログインページにリダイレクトされます。
    5. Salesforce の資格情報を使用してログインし、クラウドサービス設定を使用して Salesforce サービスに接続することに同意します。接続に成功すると、Salesforce クラウドサービス設定ページにリダイレクトされ、成功メッセージが表示されます。
  4. 保存して閉じる」をタップして、設定のセットアップを完了します。

標準の Salesforce フォームデータモデルへのアクセス

Experience Manager アーキタイプに基づいて Forms の開発プロジェクトをセットアップすると、Salesforce のフォームデータモデルを AEM Forms サーバー上で標準で使用できるようになります。

フォームデータモデルにアクセスするには、Adobe Experience ManagerFormsデータ統合​に移動します。使用可能なフォルダーのリストには、AEM アーキタイププロジェクトの生成時に DappTitle のタイトルを指定したフォルダーが含まれています。フォルダー名をタップし、「Salesforce データモデル」を選択したあと、編集アイコン(編集)をタップしてフォームデータモデルを表示します。

Salesforce クラウド設定サービスを設定したら、アダプティブフォームと標準の Salesforce データモデルを統合できます。

Microsoft Dynamics 365 クラウドサービスの設定

Microsoft Dynamics 365 クラウドサービスを設定する前に、必ず次の作業を実行してください。

  • Microsoft Dynamics 365 のアプリケーションを Azure Active Directory に登録します。Microsoft Dynamics 365 接続アプリケーションを作成する際に、次の形式で応答 URL を指定します。

    https://'[server]:[port]'/libs/fd/fdm/gui/components/admin/fdmcloudservice/createcloudconfigwizard/cloudservices.html
    

    ここで、[server] と [port] は AEM Forms サーバーのホスト名とポート番号を示します。

  • 接続アプリケーションのクライアント ID(「アプリケーション ID」とも呼ばれます)とクライアントの秘密鍵の値を書き留めます。

Microsoft Dynamics 365 クラウドサービスを設定するには、次の手順を実行します。

  1. AEM Forms オーサーインスタンスで、ツール ハンマーアイコンクラウドサービスデータソース​に移動します。使用可能なラッパーフォルダーのリストには、AEM アーキタイププロジェクトの生成時に DappTitle のタイトルを指定したフォルダーが含まれています。
  2. このフォルダー名をタップし、「Microsoft Dynamics 365 クラウド設定」を選択して「プロパティ」をタップします。
  3. 認証設定」タブで、次のように設定します。
    1. サービスルート」フィールドの値を入力します。Dynamics インスタンスの「開発者向けリソース」に移動し、「サービスルート」フィールドの値を表示します。例:https://<tenant-name>.dynamics.com/api/data/v9.1/

    2. 接続アプリケーションのクライアント ID(「アプリケーション ID」とも呼ばれます)とクライアントの秘密鍵を指定します。

    3. OAuth URL」、「更新トークン URL」、「アクセストークン URL」の各フィールドの {tenant} をテナント ID に置き換えます。

    4. Microsoft Dynamics にフォームデータモデルを設定するには、「リソース」フィールドに Dynamics インスタンスの URL を指定します。サービスルート URL を使用して、Dynamics インスタンスの URL を取得します。(例:https://<tenant-name>.dynamics.com)。

    5. openid の認証プロセス用の「認証範囲」フィールドで、「Microsoft Dynamics 365」を指定します。

    6. Microsoft Dynamics 365 の資格情報を使用してログインし、クラウドサービス設定を使用して Microsoft Dynamics 365 サービスに接続することに同意します。接続に成功すると、Microsoft Dynamics 365 クラウドサービス設定ページにリダイレクトされ、成功メッセージが表示されます。

  4. 保存して閉じる」をタップして、設定のセットアップを完了します。

標準の Microsoft Dynamics 365 フォームデータモデルへのアクセス

Experience Manager アーキタイプに基づいて Forms の開発プロジェクトをセットアップすると、Microsoft Dynamics 365 のフォームデータモデルを AEM Forms サーバー上で標準で使用できるようになります。

フォームデータモデルにアクセスするには、Adobe Experience ManagerFormsデータ統合​に移動します。使用可能なフォルダーのリストには、AEM アーキタイププロジェクトの生成時に DappTitle のタイトルを指定したフォルダーが含まれています。フォルダー名をタップし、「Microsoft Dynamics 365 データモデル」を選択したあと、編集アイコン(編集)をタップしてフォームデータモデルを表示します。

Microsoft Dynamics 365 クラウド設定サービスを設定したら、アダプティブフォームと標準の Microsoft Dynamics 365 データモデルを統合できます。

このページ