AEM Forms as a Cloud Service へのオンボード

ペルソナの決定

Before onboarding to an AEM Forms as a Cloud Service environment, decide personas and structure a team for your project. A typical AEM Forms project team has the following personas:
  • ユーザーエクスペリエンス(UX)デザイナー:ユーザーエクスペリエンス(UX)デザイナーは、AEM Forms のアセットのスタイル、レイアウト、ブランディングを定義します。

  • Forms 担当者:Forms 担当者は、UX デザイナーが提供するスタイル、レイアウト、ブランディングに従って、アダプティブフォーム、テーマ、テンプレートを作成します。また、担当者はアダプティブフォームを作成して、フォームデータモデルや AEM ワークフローと統合します。Forms 担当者は、通常、フロントエンドのタスクを実行します。

  • Forms 開発者:Forms 開発者は、カスタムフォームソリューションを開発します。Forms 開発者は、通常、カスタムコンポーネント、AEM ワークフロー、事前入力サービスなどのバックエンド開発を担当します。

  • AEM 管理者:AEM 管理者は、ユーザーの設定、環境の堅牢化、データソースの設定、電子メールの設定、サードパーティ製ソフトウェアなど、全体的な設定を支援します。AEM 管理者は、Adobe Analytics、Adobe Target、Adobe Sign との統合なども支援します。

  • エンドユーザー:エンドユーザーは、公開されたフォームとやり取りして送信し、送信されたフォームに署名し、送信された申請を Web ポータル経由でトラックし、パーソナライズされたコミュニケーションを受信します。

サービスへのオンボード

  • Adobe Experience Manager as a Cloud Service へのオンボード

  • (サンドボックスのみ)サービスにオンボードした後、作成実行は、実稼働用と非実稼働用の両方のパイプラインを実行します。AEM Forms as a Cloud Service の最新機能を有効にし、環境に提供します。

Forms as a Cloud Serviceを使用してアダプティブフォーム(デジタル登録)を作成するか、顧客とのコミュニケーションを生成することができます。 完了後 オンボーディング から Adobe Experience Manager as a Cloud Serviceで、次のいずれかの操作を実行して、デジタル登録または顧客コミュニケーション機能を有効にします。 また、次の両方の機能を有効にすることもできます。

  1. Cloud Manager にログインし、AEM Forms as a Cloud Serviceインスタンスを開きます。

  2. 「プログラムを編集」オプションを開き、「ソリューションとアドオン」タブに移動して、「Forms - 通信」オプションを選択します。

    通信

    既に Forms — デジタル登録 オプションを選択し、 Forms - Communications Add-On オプション。

    アドオン

  3. 更新」をクリックします。

  4. ビルドパイプラインを実行します。ビルドパイプラインが成功すると、お使いの環境で通信 API が有効になります。

メモ

ドキュメント操作 API を有効にして設定するには、次のルールを Dispatcher の設定:

# Allow Forms Doc Generation requests
/0062 { /type "allow" /method "POST" /url "/adobe/forms/assembler/*" }

ユーザーの設定

サービスへのオンボードを完了したら、AEM Forms as a Cloud Service 環境にログインし、オーサーインスタンスとパブリッシュインスタンスを開き、ユーザーをペルソナに基づいて Forms 固有の AEM グループに追加します。次の表に、Forms 固有の AEM グループを示します。このグループは標準搭載で、対応するユーザータイプが利用可能です。また、各ユーザータイプの AEM インスタンスタイプも示します。

ユーザータイプ(ペルソナ) ユーザーグループ AEM インスタンス
Forms 担当者/Forms 開発者
  • forms-users
  • template-author
  • workflow-users
  • workflow-editors
  • fdm-authors
オーサーインスタンス
ユーザーエクスペリエンス(UX)デザイナー
  • forms-users
  • template-author
オーサーインスタンス
AEM 管理者
  • aem-administrators、
  • fd-administrators
オーサーおよびパブリッシュインスタンス
エンドユーザー
  • ユーザーがアダプティブフォームを表示および送信するためにログインする必要がある場合は、forms-users グループに追加します。
  • アダプティブフォームへのアクセスにユーザー認証が必要ない場合は、グループを割り当てません。
オーサーおよびパブリッシュインスタンス

Forms 固有の AEM グループと対応する権限について詳しくは、 グループと権限 を参照してください。

次の手順

ローカル開発環境をセットアップします。ローカル開発環境を使用すると、クラウド開発環境にログインすることなく、アダプティブフォームと関連アセット(テーマ、テンプレート、カスタム送信アクション、事前入力サービスなど)を作成し、PDF フォームをアダプティブフォームに変換できます。

このページ