AEM Forms 用の統合ストレージコネクタの管理

統合ストレージコネクタを使用すると、AEM Forms を外部データストレージに接続できます。

例えば、アダプティブフォームのフィールドに値を入力し、そのアダプティブフォームを AEM ワークフローに送信することができます。さらに、Microsoft Azure ストレージサーバーなどの外部ストレージにデータを保存するように AEM ワークフローを設定することもできます。AEM ワークフローと外部ストレージの間の接続を作成するには、統合ストレージコネクタを使用します。

AEM ワークフローと Microsoft Azure ストレージサーバーの接続

Azure ストレージ設定を作成し、統合ストレージコネクタを使用してその設定を参照します。そうすれば、データストレージを外部化して Azureストレージサーバーに接続するように AEM ワークフローモデルを設定することができます。

Azure ストレージ設定の作成

これらの手順を実行する前に、Azure ストレージアカウントと、Azure ストレージアカウントへのアクセスを許可するためのアクセスキーがあることを確認してください。

Azure ストレージ設定を作成するには、次の手順を実行します。

  1. ツールクラウドサービスAzure ストレージ​に移動します。
  2. 設定を作成するフォルダーを選択して、「作成」をタップします。
  3. タイトル」フィールドで設定のタイトルを指定します。
  4. Azure ストレージアカウント」フィールドで Azure ストレージアカウントの名前を指定します。
  5. Azure ストレージアカウントにアクセスするためのキーを「Azure アクセスキー」フィールドで指定し、「保存」をタップします。

AEM ワークフロー用の統合ストレージコネクタの設定

AEM ワークフロー用の統合ストレージコネクタを設定するには、次の手順を実行します。

  1. ツールForms統合ストレージコネクタ​に移動します。

  2. ワークフロー」セクションで、「ストレージ」ドロップダウンリストから「Azure」を選択します。

  3. ストレージ設定パス」フィールドで、Azure ストレージ設定の設定パスを指定します。

  4. 公開」をタップしてから、「保存」をタップして設定を保存します。

外部データストレージを使用するための AEM ワークフローモデルの設定

外部データストレージを使用するように AEM ワークフローモデルを設定するには、次の手順を実行します。

  1. ツールワークフローモデル​に移動します。
  2. モデル名を選択し、「編集」をタップします。
  3. ページ情報アイコンをタップし、「プロパティを開く」をタップします。
  4. ワークフローのデータストレージを具体化」を選択します。
  5. 保存して閉じる」をタップして、プロパティを保存します。
メモ

外部データストレージを使用するように AEM ワークフローモデルを設定する場合、「タスクを割り当て」ステップをドラフトとして保存するオプションと、「タスクを割り当て」ステップの履歴を取得するオプションは無効です。

AEM ワークフローで外部データストレージを使用する場合のガイドライン

AEM ワークフローを使用し、Microsoft Azure ストレージサーバーなどの外部データストレージにデータを保存する場合のガイドラインを以下に示します。

  • ワークフローモデルステップで入出力データファイルと添付ファイルを定義する際は、変数を使用してデータを格納します。「ペイロードを基準とする」オプションと「絶対パスで利用可能」オプションを選択しないでください。外部データストレージを使用するように AEM ワークフローモデルを設定​したら、「ペイロードを基準とする」オプションと「絶対パスで利用可能」オプションは自動的には表示されません。

  • アダプティブフォームを AEM ワークフローに送信する際は、変数を使用してデータファイルと添付ファイルを格納します。アダプティブフォームを AEM ワークフローに送信する際に、「ペイロードを基準とする」オプションを選択しないでください。外部データストレージを使用するように AEM ワークフローモデルを設定したら、「ペイロードを基準とする」オプションは自動的には表示されません。

  • ワークフローモデルでカスタム AEM ワークフローステップを使用して CRX DE リポジトリーにデータを保存しないでください。

  • 外部データストレージ用に AEM ワークフローモデルを設定する場合、AEM インボックス内の作業項目が外部ストレージとしてマークされたワークフローに属しているとカスタム列の値は取得されないので、AEM インボックス用にカスタム列を作成しないでください。

このページ