既存の Adobe Experience Manager Forms ユーザーの主な変更点

Adobe Experience Manager Forms as a Cloud Service は、Adobe Experience Manager Forms オンプレミスおよび Adobe-Managed Service 環境と比較して、既存の機能にいくつかの顕著な変更を加えました。主な違いを以下に示します。

  • このサービスは、ローカルおよびクラウドネイティブの開発環境を提供します。ローカル開発環境を使用して、カスタムコード、コンポーネント、テンプレート、テーマ、アダプティブフォーム、その他のアセットを開発およびテストしてから、これらのアセットをクラウド環境にデプロイできます。開発プロセスの迅速化に役立ちます。

  • AEM as Cloud Service の出荷時には、組み込みの CDN が搭載されています。その主な目的は、ブラウザーの近くの CDN エッジノードからキャッシュ可能なコンテンツを配信することで、待ち時間を減らすことです。AEM アプリケーションの最適なパフォーマンスを得るために、完全に管理および設定されています。

  • クラウドネイティブの環境には、web コンソール(Configuration Manager)がありません。AEM Forms as a Cloud Service SDK を使用して設定を生成し、Cloud Service インスタンスに設定をデプロイするための CI/CD パイプラインを生成できます。

  • ローカライズされたアダプティブフォームの URL 規則で、URL でのロケールの指定がサポートされるようになりました。新しい URL 規則により、ローカライズされたフォームを Dispatcher または CDN にキャッシュできます。Cloud Service 環境では、http://host:port/content/forms/af/afName.html?afAcceptLang=<locale> の代わりに http://host:port/content/forms/af/<afName>.<locale>.html の URL 形式を使用して、アダプティブフォームのローカライズ版をリクエストします。アドビでは、Dispatcher または CDN キャッシュを使用することをお勧めします。これにより、事前入力されたフォームのレンダリング速度を向上できます。

  • 事前入力サービスは、データをクライアント上のアダプティブフォームに結合します。これにより、アダプティブフォームの事前入力に要する時間を短縮できます。いつでも、Adobe Experience Manager Forms サーバーで結合アクションを実行するように設定できます。

  • 電子メールは、デフォルトでは HTTP プロトコルおよび HTTPs プロトコルのみをサポートします。サポートチームに問い合わせて、電子メールの送信用のポートと、環境用の SMTP プロトコルを有効にします。

  • Adobe Experience Manager Forms a Cloud Service は、AEM プロジェクトに様々な新機能と可能性を提供します。ただし、AEM Cloud Service との互換性を保つためには、Adobe Experience Manager Maven プロジェクトにいくつかの変更が必要です。上位レベルでは、AEM は可変コンテンツと不変コンテンツの分割を考慮してコンテンツとコードを個別のサブパッケージに分離する必要があります。Repository Modernizer ツールを使用して、Adobe Experience Manager as a Cloud Service 向けに定義されているプロジェクト構造と互換性を持たせるために、コンテンツとコードを個別のパッケージに分離して、既存のプロジェクトパッケージを再構築します。

  • パスワード、プライベート API キー、その他の値など、シークレットの OSGi 設定値に対する環境固有の設定の使用。セキュリティ上の理由から、これらは Git に保存できません。シークレットの環境固有の設定を使用して、ステージングや実稼働などのあらゆる Adobe Experience Manager as a Cloud Service 環境にシークレットの値を保存します

Adobe Experience Manager as a Cloud Service の変更点の包括的なリストについては、新機能と相違点を参照してください。

主な機能強化

以下の機能および機能強化は、AEM Forms as a Cloud Service でのみ使用できます。

強化されたビジュアルルールエディター
このサービスは、強化されたビジュアルルールエディターを提供します。このサービスでは、有効なルールを記述するのに役立つ以下の機能をビジュアルルールエディターに追加しました。

コアコンポーネント
コアコンポーネントは、AEM 用の標準化された Web コンテンツ管理(WCM)コンポーネントのセットで、開発時間を短縮し、メンテナンスコストを削減します。AEM Forms as a Cloud Service は、AEM Forms コンテナ​コアコンポーネントをサポートします。このコンポーネントを使用して、アダプティブフォームを AEM Sites ページに埋め込むことができます。

Forms as a Cloud Service の AEM アーキタイプ
AEM アーキタイプは、AEM Forms as a Cloud Service の開発を開始するのに役立ちます。アーキタイプバージョン 27 以降を使用して、AEM Forms as a Cloud Service 環境と互換性のあるプロジェクトテンプレートを作成できます。アーキタイプには、すぐに使い始めるのに役立つサンプルのテーマとテンプレートも含まれています。

フォームと Sign の間の安全で改善された情報フロー
Cloud Service でのアダプティブフォームと Adobe Sign の統合により、データの送信と署名アクティビティが同時に行われます。署名ステータスに依存せずにフォームを送信し、より高速な送信を実現します。その上、このサービスは Cloud Service インスタンスにデータを保存しないので、署名プロセスが非常に安全になります。

ベストプラクティスアナライザーと移行ツール
ベストプラクティスアナライザーは、現在の AEM の実装を評価します。Forms as a Cloud Service に移行する前に、ツールを実行します。既存の Adobe Experience Manager(AEM)デプロイメントから AEM as a Cloud Service に移行する準備ができているかどうかを評価します。

また、このサービスは、改善された移行エクスペリエンスを提供し、AEM 6.4 Forms および AEM 6.5 Forms から AEM Forms as a Cloud Service に簡単に移行できるようにします。

より高速なフォームレンディションとより高速なサーバーサイド検証
このサービスは、CDN および Dispatcher のキャッシュを使用して、アダプティブフォームのより高速なレンディションとサーバーサイドの検証を実現します。

CAPTCHA の改善
アダプティブフォーム送信時またはビジネスロジック時に、CAPTCHA を検証できるようになりました。また、条件を追加して、ユーザーアクションで CAPTCHA を検証し、ルールに基づいてアダプティブフォームで CAPTCHA コンポーネントを表示または非表示にすることもできます。

CAPTCHA コンポーネントは、Google reCAPTCHA とあらかじめ統合されています。必要に応じて、コンポーネントに対してさらに CAPTCHA サービスを設定することもできます。

レコードのドキュメント用の複数のマスターページ
レコードのドキュメントの各ページに異なるマスターページを使用し、ページ付けオプションでレコードのオプション上のアダプティブフォームパネルの配置を制御できるようになりました。

ヘッドレステーブルに列を追加
ヘッダーのないテーブルに列を追加したり、削除したりできます。列の追加と削除に役立つように、非表示のヘッダーがこのようなテーブルに追加されます。これらのヘッダーは、オーサリング中には表示されますが、公開されたフォームでは非表示のままになります。ヘッダーのないテーブルは、自動フォーム変換サービスを使用して作成されたアダプティブフォームで多く見られます。

送信アクションの向上
電子メールを送信アクションを使用して、レコードのドキュメント(DoR)PDF を添付ファイルとして送信できます。

ワークフローのグループ電子メール
タスクを割り当てステップから、1 人のユーザーまたは 1 組のグループに通知電子メールを送信することを選択できます。

強化されたフォームデータモデルの呼び出しステップ
フォームデータモデルの呼び出しステップで、入力サービス引数の「ペイロードを基準とする」オプションのフォルダーのパスを指定できるようになりました。指定したフォルダーに存在するファイルを、正確なファイル名を指定せずに、サービス引数にマップするのに役立ちます。

翻訳ファイルの読みやすさの向上
Forms as a Cloud Service では、アダプティブフォームのフィールドとパネル、および対応する翻訳ファイル(.XLIFF ファイル)のメッセージキーの読み取り順序は、同じ構造になっています。これは、手動の翻訳速度の向上に役立ちます。

このページ