画像のカラータグ

カラータグ付けバナー

Experience Manager AssetsはAdobe Sensei AI 機能を使用して画像内の色を区別し、取り込み時にタグとして自動的に適用します。 これらのタグは、画像の色合いに基づいて、より強化された検索エクスペリエンスを可能にします。

1 ~ 40 の範囲で、画像にタグ付けされるカラーの数を設定し、後でそれらのカラーに基づいて画像を検索できます。 Experience Manager Assetsは、画像のカラーカバレッジに基づいてタグを適用します。 また、カラータグの表示形式も設定できます。

次の図は、Experience Manager Assetsで画像のカラータグ付けを設定および管理するために実行する一連のタスクを示しています。

カラータグ付け

サポートされているファイル形式

ファイル形式 拡張子 MIME タイプ カラースペースを入力 サポートされるソースファイルの最大サイズ サポートされる最大ファイルサイズ解像度
JPEG .jpg, .jpeg image/jpeg sRGB 15 GB 20000px X 20000px
PNG .png image/png sRGB 15 GB 20000px X 20000px
TIFF .tif, .tiff image/tiff sRGB 4 GB (形式の仕様によって制限) 20000px X 20000px
PSD .psd image/vnd.adobe.photoshop sRGB 2 GB (形式の仕様によって制限) 20000px X 20000px
GIF .gif image/gif sRGB 15 GB 20000px X 20000px
BMP .bmp image/bmp sRGB 4 GB (形式の仕様によって制限) 20000px X 20000px

カラータグ付けプロパティの管理

画像のカラータグ付けプロパティを管理するには:

  1. に移動します。 ツール/アセット/カラータグ付け.

    カラータグ付けプロパティ

  2. カラータグの表示形式を 表示形式 フィールドに入力します。 使用できるオプションには、色名、RGB、または 16 進数形式があります。

  3. タグ付けする色の数を指定します。 制限 フィールドに入力します。 これらの色は、イメージのプロパティを表示する際に表示されます。 このフィールドでは、1 ~ 40 の数値を定義できます。 このフィールドのデフォルト値は 10 色です。

  4. 検索結果の カバレッジ/ドミナンスしきい値% フィールドに入力します。 例えば、画像内の赤の色の範囲が 10%で、このフィールドに 9%を定義した場合、赤の色を持つ画像を検索すると、画像が含まれます。 ただし、画像内の赤の色の範囲が 10%で、このフィールドに 11%を定義した場合、赤の色を持つ画像を検索しても、画像は含まれません。

    このフィールドには、500 から 100 までの任意の数を指定できます。 デフォルト値は 11 です。

    メモ

    Adobeでは、このフィールドのデフォルト値に近い値を使用することをお勧めします。 このフィールドに大きい数値を設定すると(例えば、25 以上)、検索結果が非常に少なく返される場合があります。 同様に、小さい数値(6 未満など)を設定すると、返される検索結果が多すぎるので役に立たない場合があります。

  5. 保存」をクリックします。

カラータグ付けを無効にする

画像のカラータグ付けは、デフォルトで有効になっています。 カラータグ付けは、フォルダーレベルで無効にすることができます。 すべての子フォルダーは、親フォルダーからカラータグ付けプロパティを継承します。

フォルダーレベルでカラータグ付けを無効にするには:

  1. に移動します。 Adobe Experience Manager / Assets /ファイル.

  2. フォルダーを選択し、 プロパティ.

  3. アセット処理 タブで、 画像のカラータグ フォルダー。 ドロップダウンリストから次のいずれかの値を選択します。

    • 継承 — フォルダーは親フォルダーから有効/無効のオプションを継承します。

    • 有効 — 選択したフォルダーのカラータグ付けを有効にします。

    • 無効 — 選択したフォルダの色付けを無効にします。

    カラータグ設定

スマートカラータグコンポーネントを追加するためのメタデータスキーマの設定

メタデータスキーマには、入力する特定の情報の特定のフィールドが含まれます。 また、メタデータフィールドをユーザーにわかりやすく表示するためのレイアウト情報も含まれています。メタデータプロパティには、タイトル、説明、MIME タイプ、タグなどがあります。既存のスキーマを変更したり、カスタムのメタデータスキーマを追加するには、メタデータスキーマフォームエディターを使用します。

メモ

「スマートカラータグ」フィールドは、デフォルトのメタデータスキーマで使用できます。 カスタマイズしたメタデータスキーマを使用している場合は、スキーマを設定してスマートカラータグフィールドを追加します。

スマートカラータグコンポーネントをメタデータスキーマフォームエディターに追加するには、次の手順を実行します。

  1. ツール/Assets/メタデータスキーマ に移動します。

  2. スキーマ名を選択し、 編集.

  3. ドラッグ スマートカラータグ から フォームを作成 タブで メタデータスキーマフォームエディター.

  4. 次をクリック: スマートカラータグフィールドメタデータスキーマフォームエディター.

  5. 適切な値を フィールドラベル フィールド 設定 タブをクリックします。

  6. 保存」をクリックします。

DAM 内の既存の画像のカラータグ

DAM 内の既存の画像は、自動的にカラータグ付けされません。 以下が必要です。 アセットを再処理 手動で作成して、カラータグを生成します。

アセットリポジトリに既に存在するアセットのタグ画像、または(サブフォルダーを含む)フォルダーに色を付けるには、次の手順に従います。

  1. Adobe Experience Manager ロゴを選択し、ナビゲーションページからアセットを選択します。

  2. 「ファイル」をクリックまたはタップして、Assets のインターフェイスを表示します。

  3. カラータグを適用するフォルダーに移動します。

  4. フォルダー全体または特定の画像を選択します。

  5. アセットの再処理アイコンアセットの再処理アイコンを選択し、「完全なプロセス」オプションを選択します。

処理が完了したら、 プロパティ ページに含まれる画像を、フォルダー内に配置します。 自動的に追加されたタグは、 スマートカラータグ セクション 基本 タブをクリックします。

画像のスマートカラータグの表示

画像のスマートカラータグを表示するには:

  1. に移動します。 Adobe Experience Manager / Assets /ファイル.

  2. 適切なフォルダーをクリックし、画像を選択します。

  3. 選択 プロパティ また、タグを スマートカラータグ フィールドに入力します。

    カラータグを表示

    カラータグの上にマウスを置くと、 カバレッジ/ドミナンスしきい値% 画像内の色を示します。

AEM Assetsのカラー述語の設定

画像の検索フィルターを設定できます。 その後、特定の色に基づいて検索条件を設定し、結果をフィルタリングできます。

メモ

デフォルトの検索フォームを使用しない場合にのみ、AEM Assetsのカラー述語を設定します。

検索フィルターを設定するには、アセット管理者の検索レールを使用してアセットのカラー述語を作成します。

検索フィルターを設定するには:

  1. に移動します。 ツール/一般/検索Forms.

  2. 選択 アセット管理者の検索レール をクリックし、 編集.

  3. ドラッグ アセットの色の述語 から 述語を選択 タブで 検索フォームエディター.

  4. 適切な値を フィールドラベル フィールド 設定 タブをクリックします。

  5. 完了」をクリックして、設定を保存します。

色に基づいて画像を検索

すべてのカラータグ付けプロパティおよび Assets のカラー述語の設定を使用すると、色に基づいて画像をフィルターとして検索できます。

色に基づいて画像を検索するには:

  1. Assets/ファイル​に移動します。

  2. 選択 フィルター をドロップダウンリストから選択します。
    アセットのフィルタリング

  3. を選択します。 AEM Assets color predicate.

  4. カラーピッカーをドラッグして、適切な色を選択します。 選択した色は、カラーピッカーの下にある読み取り専用フィールドに表示されます。 色の表示形式として、RGBまたは 16 進数を選択できます。

    カラーピッカー

    1 つの色の選択に基づいて画像をフィルタリングできます。 スマートカラータグの 1 つとして選択した色を持ち、その上に カバレッジ/ドミナンスしきい値% を右側のウィンドウに表示します。

  5. 検索バーの x をクリックして、フィルターをクリアします。

このページ