Dynamic Media の一般設定

Dynamic Media 一般設定 は、次の場合にのみ使用できます。

  • Adobe Experience Manager as a Cloud Service の 既存Dynamic Media 設定Cloud Services 内)を使用している。Cloud Services での Dynamic Media 設定の作成を参照してください。
  • 自身が管理者権限を持つ Experience Manager システム管理者である。

Dynamic Media の一般設定は、経験豊富な web サイト開発者やプログラマーが使用することを目的としています。 Adobe Dynamic Mediaでは、これらの公開設定を変更するユーザーに、Adobe Experience Manager 上の Dynamic Media と基本的な画像技術に精通することをお勧めします。

アカウントの作成時に、会社に割り当てられているサーバーが Adobe Dynamic Media によって自動的に提供されます。これらのサーバーは、web サイトとアプリケーションの URL 文字列を生成するのに使用されます。これらの URL 呼び出しは、アカウントに固有です。

Dynamic Media の公開設定ページでは、Adobe Dynamic Media サーバーから web サイトやアプリケーションにアセットを配信する方法を決定するデフォルト設定を指定します。 設定が指定されていない場合、Adobe Dynamic Media サーバーは、Dynamic Media 公開設定ページで設定されたデフォルト設定に従ってアセットを配信します。

その他のオプションの設定タスクについては、 オプション - Dynamic Media 設定のセットアップと設定 も参照してください。

メモ

Adobe Experience Manager で Dynamic Media Classic から Dynamic Media にアップグレードしますか?Dynamic Media の一般設定ページおよび公開設定ページには、Dynamic Media Classic アカウントから取得した値が事前に入力されています。例外は、一般設定ページの​デフォルトのアップロードオプション​領域にリストされているすべての値です。これらの値はすでに Experience Manager に存在します。そのため、Experience Manager ユーザーインターフェイスを介して 5 つのタブのいずれかで​デフォルトのアップロードオプション​で行った変更は、Dynamic Media Classic ではなく Dynamic Media に反映されます。一般設定ページと公開設定ページの他のすべての設定と値は、Experience Manager の Dynamic Media Classic と Dynamic Media の間で維持されます。

Dynamic Media の一般設定を指定するには:

  1. Experience Manager 作成者モードで、Experience Manager ロゴを選択して、グローバルナビゲーションコンソールにアクセスします。

  2. 左側のパネルで「ツール」アイコンを選択し、アセットDynamic Media 一般設定​に移動してください。

  3. サーバーページで、公開先サーバー名​と​公開元サーバー名​を設定し、5 つのタブを使用して、画像編集のデフォルトのアップロードオプション、および Postscript ファイル、Photoshop ファイル、PDF ファイル、Illustrator ファイルのデフォルトのアップロードオプションを構成します。

    Dynamic Media 一般設定ページ
    Dynamic Media の一般設定ページ(画像編集​タブが選択済み)

  4. 作業が完了したら、ページの右上隅付近にある「保存」を選択してください。

サーバー

アカウントの作成時に、会社に割り当てられているサーバーが Adobe Dynamic Media によって自動的に提供されます。これらのサーバーは、web サイトとアプリケーションの URL 文字列を生成するのに使用されます。これらの URL 呼び出しは、アカウントに固有です。

オプション 説明
公開先サーバー名 必須。
名前のパスには https:// が含まれている必要があります。
このサーバーは、アカウントに固有のすべてのシステム生成 URL 呼び出しで使用されるライブ CDN(コンテンツ配信ネットワーク)サーバーです。 アドビテクニカルサポートから指示されない限り、このサーバー名は変更しないでください。
公開元サーバー名 必須。
このサーバーは、品質保証テストにのみ使用されます。 Adobe テクニカルサポートから指示がない限り、このサーバー名を変更しないでください。

アプリケーションへのアップロード

  • 画像を上書き

    Adobe Dynamic Media は、2 つのファイルが同じ名前を持つことを許可しません。各項目の Adobe Dynamic Media ID(画像名からファイル名拡張子を取り除いた部分)は一意である必要があります。 このルールのため、アプリケーションにアップロード​は上書き機能があります。 このオプションの正確な効果は、選択した「画像を上書き」オプションによって異なります。 これらのオプションは、置き換えるアセットのアップロード方法、つまり元のアセットを置き換えるか、重複させるかを指定します。重複する画像の名前は -1 に変更されます。例:chair.tif の名前は chair-1.tif に変更されます。これらのオプションは、元の画像とは別のフォルダーにアップロードされる画像や、元の画像と異なるファイル名拡張子(JPG、TIF、PNG など)を持つアセットに影響を与えます。

    メモ

    Experience Manager との一貫性を維持するには、「画像を上書き」オプションの​現在のフォルダーにあるベース名と拡張子が同じファイルを上書き​を選択してください。

    「画像を上書き」オプション 説明
    現在のフォルダーにあるベース名と拡張子が同じファイルを上書き 新規 Dynamic Media アカウントのみで​デフォルト
    このオプションは最も厳格な置換ルールです。置き換え画像を元の画像と同じフォルダーにアップロードし、置き換え画像と元の画像のファイル名拡張子が同じになっている必要があります。これらの要件が満たされない場合は、重複する画像が作成されます。
    Experience Manager との一貫性を維持するには、このオプションを選択してください
    現在のフォルダーにあるベース名が同じファイルを拡張子に関わらず上書き 置換画像を元の画像と同じフォルダーにアップロードする必要がありますが、ファイル名の拡張子は元の画像と異なることができます。例えば、chair.tif は chair.jpg を置き換えます。
    任意のフォルダーにあるベース名と拡張子が同じファイルを上書き 置換画像のファイル名拡張子が元の画像と同じである必要があります(例えば、chair.jpg は chair.tif ではなく chair.jpg を置き換える必要があります)。 ただし、置換画像を、元の画像と別のフォルダーにアップロードできます。更新された画像は新しいフォルダーにあり、元の場所のファイルはなくなります。
    任意のフォルダーでベース名が同じファイルを拡張子に関わらず上書き このオプションは、最も包括的な置換ルールです。 置換画像を、元の画像と別のフォルダーにアップロードでき、ファイル名拡張子が異なるファイルをアップロードして、元のファイルと置換することができます。元のファイルが別のフォルダーにある場合、置換画像は、アップロード先の新しいフォルダーに存在します。
  • 切り抜きを保持

    既存の手動切り抜き定義の保存を制御します。

    Dynamic Media ビューアリファレンスガイドの UploadPostJob および ReprocessAssetsJobpreserveCrop も参照してください。

デフォルトのアップロードオプション

「画像編集」タブ

このフィルターを使用すると、ダウンサンプリングされた最終的な画像に対するシャープフィルター効果を微調整できます。 効果の強さ、効果の半径(ピクセル単位)、無視されるコントラストのしきい値を制御するのに役立ちます。

アンシャープマスク効果では、Photoshop のアンシャープマスクフィルターと同じオプションが使用されます。名前から連想される機能と違い、アンシャープマスクとはシャープニングフィルターのことです。

アンシャープマスクオプション 説明
必須。
端のピクセルに適用するコントラストの量を制御します。
この量は、効果の強さと考えることができます。Dynamic Media と Adobe Photoshop での「アンシャープマスク」の量の値の主な違いは、Photoshop では量の範囲が 1%~500% である点です。一方、Adobe Dynamic Mediaでは、値の範囲は 0.05.0 です。Adobe Dynamic Media の値が 5.0 の場合、Photoshop のほぼ 500% に相当します。値が 0.9 の場合は 90% に相当します。
半径 必須。
エフェクトの半径を制御します。
値の範囲は 0250 です。効果は画像内の全ピクセルに切れ目なく続き、すべてのピクセルから全方向に放射されます。半径の単位はピクセルです。例えば、2000 x 2000 ピクセルの画像と 500 x 500 ピクセルの画像で同様のシャープなエフェクトを得るには、2000 x 2000 ピクセルの画像で 2 ピクセルの半径を設定します。 次に、500 x 500 ピクセルの画像上で 1 ピクセルの半径値を設定します。 ピクセル数の多い画像には大きい値を使用します。
しきい値 必須。
しきい値とは、アンシャープマスクフィルターの適用時に無視されるコントラストの範囲です。このエフェクトは、このフィルターの使用中に画像に「ノイズ」が加わるのを防ぐために重要です。値の範囲は 0255 で、グレースケール画像の明るさのステップ数です。0=黒、128=50%グレー、255=白です。
しきい値の値を 12 にした場合、肌のトーンの明るさにわずかな差があっても無視してノイズが加わるのを防ぎながら、まつげと肌が隣り合う場所など、コントラストの高い領域に対してエッジコントラストを追加することができます。
人の顔写真であれば、アンシャープマスクは画像のコントラストが強い部分に作用します。例えば、まつ毛と肌の境目でコントラストが強く出る部分や、なめらかな肌そのものの部分などです。非常に滑らかな肌でも、明るさの値はわずかに変化しています。しきい値を使用しないと、このフィルターはこのような肌部分のピクセルのわずかな変化を強調します。同様に、まつげのコントラストを強めてシャープさを強調し、ノイズのある望ましくない効果を生み出してしまいます。
しきい値は、この問題を解決するために導入されたもので、フィルターに対し、滑らかな肌のようにコントラストが大きく変化しないピクセルを無視するよう指示します。
先ほど示したファスナーのグラフィックで、ファスナーの横の生地に注目してください。しきい値が低すぎてノイズを抑制できなかったので、画像ノイズが発生しています。
モノクロ 選択すると、画像の明るさ(強さ)にアンシャープマスクが適用されます。
選択を解除すると、それぞれの色成分に個別にアンシャープマスクが適用されます。

Adobe Dynamic Media および Image Server での画像のシャープニングも参照してください。

「PostScript」タブ

Adobe PostScript® ファイルのラスタライズ、透明背景の維持、解像度の選択、カラースペースの選択を行うことができます。

Adobe PostScript®(EPS)ファイルは、Adobe Dynamic Media で使用できます。 Adobe Dynamic Media には、アップロード時にこれらのファイルを設定するためのコマンドが用意されています。

PostScript(EPS)画像ファイルのアップロード時に、様々な方法でファイルをフォーマットできます。ファイルのラスタライズ、透明背景の維持、解像度の選択、カラースペースの選択ができます。

PostScript オプション 説明
処理 ラスタライズを選択して、ファイル内のベクターグラフィックスをビットマップ形式に変換します。
レンダリング済みの画像での透明背景の維持 ファイルの背景の透明度を維持します。
解像度(ピクセル/インチ) 解像度設定を決定します。この設定により、ファイル内の 1 inch あたりに表示するピクセル数を決定します。
カラースペース 自動検出 - ファイルのカラースペースを保持します。
RGB として強制 - RGB のカラースペースに変換します。
CMYK として強制 - CMYK のカラースペースに変換します。
グレースケールとして強制 - グレースケールのカラースペースに変換します。

「Photoshop」タブ

Adobe® Photoshop® ファイルからのテンプレート作成、レイヤーの維持、レイヤーの命名方法の指定、テキストの抽出、テンプレートへの画像のアンカー方法の指定を行うことができます。

Photoshop オプション 説明
レイヤーを維持 PSD にレイヤーがあれば切り離して個別のアセットにします。アセットレイヤーは PSD に関連付けられたまま維持されます。詳細ビューで PSD ファイルを開き、レイヤーパネルを選択すると、これらを確認できます。PSD ファイルでのレイヤーの表示と編集を参照してください。
テンプレートを作成 PSD ファイル内のレイヤーからテンプレートを作成します。
テキストを抽出 テキストを抽出して、ユーザーがビューア内でテキストを検索できるようにします。
レイヤーを背景サイズに拡大 切り離した画像レイヤーのサイズを、背景レイヤーのサイズに拡大します。
レイヤーの名前 切り離した画像レイヤーのサイズを、背景レイヤーのサイズに拡大します。
レイヤー名 - PSD ファイル内のレイヤー名に従って画像に名前を付けます。例えば、元の PSD ファイルに Price Tag という名前のレイヤーがある場合、Price Tag という名前の画像になります。ただし、PSD ファイル内のレイヤー名がデフォルトの Photoshop レイヤー名(背景、レイヤー 1、レイヤー 2 など)である場合、画像の名前は PSD ファイル内のレイヤー番号に従って付けられます。
Photoshop とレイヤー番号 - PSD ファイル内のレイヤー番号に従って画像の名前を付け、元のレイヤー名は無視します。Photoshop ファイル名の後にレイヤー番号を付けたものが画像の名前になります。例えば、Spring Ad.psd というファイルの 2 番目のレイヤーは、Photoshop でデフォルト以外の名前が付いていたとしても Spring Ad_2 という名前になります。
Photoshop とレイヤー名 - 画像は PSD ファイルの後にレイヤー名またはレイヤー番号を付けた名前になります。PSD ファイル内のレイヤー名がデフォルトの Photoshop レイヤー名である場合、レイヤー番号が使用されます。例えば、SpringAd という名前の PSD ファイルに Price Tag という名前のレイヤーがある場合、Spring Ad_Price Tag という名前になります。レイヤー 2 というデフォルト名のレイヤーは Spring Ad_2 となります。
アンカー PSD ファイルから作成されたレイヤーコンポジションから生成されたテンプレートに画像がどのようにアンカーされるのかを指定します。デフォルトで、アンカーは中央です。中央アンカーにより、置換画像の縦横比に関わらず、置換画像で同じ領域をより適切に埋めることができます。この画像を置換する縦横比が異なる画像が、テンプレートの参照時やパラメーターの置き換えの使用時に、同じ領域を効果的に専有します。アプリケーションでテンプレート内の割り当てられた領域を置換画像で埋める必要がある場合、別の設定に変更してください。

「PDF」タブ

新規のアップロードで、PDFの抽出で考慮される最大ページ数は 5,000 ページです。 この制限は、2022 年 12 月 31 日に ( すべてのPDFに対して )100 ページに変更されます。 関連トピック Dynamic Mediaの制限.

ファイルのラスタライズ、検索単語とリンクの抽出、解像度の設定、カラースペースの選択を行うことができます。

PDF オプション 説明
処理 なし - PDF の処理は行われません。
サムネール - PDF ファイルの各ページをリッピングし、サムネール画像に変換します。
ラスタライズ - PDF ファイルのページをリッピングし、ベクターグラフィックをビットマップイメージに変換します。eCatalog を作成するには、このオプションを選択します。
抽出 なし - 検索単語やリンクは、PDF から抽出されません。
検索単語 - PDF ファイルから単語を抽出し、eCatalog ビューア内でこのファイルをキーワード検索できるようにします。
リンク - PDF ファイルからリンクを抽出し、eCatalog ビューアで使用できる画像マップに変換します。
検索単語とリンク - eCatalog ビューアで使用する検索単語とリンクの両方を抽出します。
解像度(ピクセル/インチ) 解像度設定を決定します。この設定により、PDF ファイル内の 1 inch あたりに表示するピクセル数を決定します。デフォルトは 150 です。
カラースペース 自動検出 - PDF ファイルのカラースペースを維持します。
RGB として強制 - RGB のカラースペースに変換します。
CMYK として強制 - CMYK のカラースペースに変換します。
グレースケールとして強制 - グレースケールカラースペースに変換します。

「Illustrator」タブ

Adobe Illustrator® ファイルのラスタライズ、透明背景の維持、解像度の選択、カラースペースの選択を行うことができます。

Adobe Dynamic Media で Adobe® Illustrator®(AI)ファイルを使用できます。Adobe Dynamic Media には、アップロード時にこれらのファイルを設定するためのコマンドが用意されています。

Illustrator(AI)画像ファイルのアップロード時に、様々な方法でファイルをフォーマットできます。ファイルのラスタライズ、透明背景の維持、解像度の選択、カラースペースの選択ができます。PostScript ファイルと Illustrator ファイルをフォーマットするためのオプションは、「PostScript」オプションおよび「Illustrator」オプションの下のアップロード画面で利用できます。

「Illustrator」オプション 説明
処理 ラスタライズを選択して、ファイル内のベクターグラフィックスをビットマップ形式に変換します。
レンダリング済みの画像での透明背景の維持 ファイルの背景の透明度を維持します。
解像度(ピクセル/インチ) 解像度設定を決定します。この設定により、ファイル内の 1 inch あたりに表示するピクセル数を決定します。
カラースペース 自動検出 - ファイルのカラースペースを保持します。
RGB として強制 - RGB のカラースペースに変換します。
CMYK として強制 - CMYK のカラースペースに変換します。
グレースケールとして強制 - グレースケールカラースペースに変換します。

このページ