AEM コネクタの登録

AEM コネクタの登録に役立つ情報を以下に示します。コネクタの実装管理に関する記事と共に参照してください。

AEM コネクタは Adobe Exchange に一覧表示されています。

これまでの AEM ソリューションでは、パッケージマネージャーを使用して様々な AEM インスタンスにコネクタをインストールしていました。しかし、AEM as a Cloud Service では、Cloud Manager の CI/CD プロセスでコネクタがデプロイされます。コネクタをデプロイするには、Maven プロジェクトの pom.xml でコネクタを参照する必要があります。

パッケージをプロジェクトに組み込む方法には、様々な選択肢があります。

  1. パートナーの公開リポジトリー - 公にアクセス可能な Maven リポジトリーでパートナーがコンテンツパッケージをホストします。
  2. パスワードで保護されたパートナーのリポジトリー - パスワードで保護された Maven リポジトリーでパートナーがコンテンツパッケージをホストします。手順については、パスワードで保護されたMavenリポジトリを参照してください。
  3. アーティファクトのバンドル - ユーザーの Maven プロジェクトにコネクタパッケージがローカルに含まれます。

パッケージは、ホストされている場所に関係なく、ベンダーから提供されるとおりに、パッケージを依存関係として pom.xml で参照する必要があります。

<!-- UberJAR Dependency to be added to the project's Reactor pom.xml -->
<dependency>
  <groupId>com.partnername</groupId>
  <artifactId>my-artifact</artifactId>
  <version>V123</version> <!-- use the latest! -->
  <scope>provided</scope>
  <classifier>my_classifier</classifier>
</dependency>

インターネットでアクセス可能な Maven リポジトリー(Cloud Manager を通じてアクセス可能な場合など)で ISV パートナーがコネクタをホストする場合、ISV は、pom.xml を配置できるリポジトリー設定を提供して、上記のコネクタ依存関係をビルド時に(ローカルでも Cloud Manager でも)解決できるようにする必要があります。

<repository>
    <id>the-repository</id>
    <name>The Repository Where the Connector is Hosted</name>
    <url>https://repo.partnername.com/repositories/aem_connector_repo</url>
    <releases>
        <enabled>true</enabled>
        <updatePolicy>never</updatePolicy>
    </releases>
    <snapshots>
        <enabled>false</enabled>
    </snapshots>
</repository>

ISV パートナーがコネクタをダウンロード可能なファイルとして配布する場合、ISV は、Cloud Manager がこれらの依存関係を解決できるように、AEM プロジェクトの一部として Git にチェックインする必要があるローカルファイルシステム Maven リポジトリーにファイルをデプロイする方法を指示する必要があります。

このページ