メタデータスキーマ

個々の組織では、アセットの検出、使用、相互運用性などを強化するメタデータモデルを用意します。正しいメタデータを適用することは、メタデータ駆動型のワークフローとプロセスを維持するために不可欠です。組織全体のメタデータ戦略および標準に準拠するには、DAM ユーザーの連携に役立つメタデータスキーマを使用します。Adobe Experience Manager では、メタデータスキーマの作成、維持管理、適用を簡単かつ柔軟に行えます。

Adobe Experience Manager Assets のスキーマには、入力する特定の情報の特定のフィールドが含まれています。また、メタデータフィールドをユーザーにわかりやすく表示するためのレイアウト情報も含まれています。メタデータプロパティには、タイトル、説明、MIME タイプ、タグなどがあります。既存のスキーマを変更したり、カスタムのメタデータスキーマを追加するには、メタデータスキーマフォームエディターを使用します。

アセットのプロパティページを表示して編集するには、次の手順に従います。

  1. カード表示のアセットタイルのクイックアクションで、「プロパティを表示」オプションをクリックします。または、アセットを選択し、ツールバーの「プロパティ」(プロパティを表示)をクリックします。

  2. 使用可能なタブで、編集可能な様々なメタデータプロパティを編集できます。ただし、プロパティページの「基本」タブではアセットタイプを変更できません。

    アセットのプロパティの「基本」タブ(アセットタイプを変更できない)

    図:アセットのプロパティの「基本」タブ

    アセットの MIME タイプを変更するには、カスタムメタデータスキーマフォームを使用するか、既存のフォームを変更します。詳しくは、メタデータスキーマフォームの編集を参照してください。ある MIME タイプのメタデータスキーマを変更すると、アセットおよびすべてのサブタイプのプロパティページレイアウトが変更されます。例えば、default/image 配下の jpeg スキーマを変更すると、MIME タイプが image/jpeg のアセットのメタデータのレイアウト(アセットプロパティ)のみが変更されます。ただし、デフォルトスキーマを編集する場合は、すべてのタイプのアセットのメタデータのレイアウトを変更します。

メタデータスキーマフォーム

フォームやテンプレートのリストを表示するには、Experience Manager インターフェイスで​ツールアセットメタデータスキーマ​に移動します。

Experience Manager には、次のメタデータスキーマフォームテンプレートが用意されています。

テンプレート 説明
default アセットの基本メタデータスキーマフォーム
次の子フォームは、default フォームのプロパティを継承します。
  • dm_video
Dynamic Media ビデオのスキーマフォーム
  • 画像
image/jpegimage/png などの MIME タイプを持つ画像のスキーマフォーム
画像 フォームには、次の子フォームテンプレートがあります。
  • jpeg:サブタイプが jpeg であるアセットのスキーマフォーム
  • tiff:サブタイプが TIFF であるアセットのスキーマフォーム
  • application
application/pdfapplication/zip などの MIME タイプを持つアセットのスキーマフォーム
pdf:サブタイプが PDF であるアセットのスキーマフォーム
  • video
video/avivideo/mp4 などの MIME タイプを持つビデオアセットのスキーマフォーム
collection コレクションのスキーマフォーム
contentfragment コンテンツフラグメントのスキーマフォーム
forms このスキーマフォームは Adobe Experience Manager Forms に関係しています。
ugc_contentfragment ソーシャルメディアから Experience Manager に統合されたユーザー生成コンテンツ断片およびアセットのスキーマフォーム
メモ

スキーマフォームの子フォームを表示するには、スキーマフォーム名をクリックします。

メタデータスキーマフォームの追加

メタデータスキーマフォームを追加するには、次の手順に従います。

  1. リストにカスタムテンプレートを追加するには、ツールバーの「作成」をクリックします。

    メモ

    編集されていないテンプレートにはロック記号が表示されます。テンプレートをカスタマイズした場合は、ロックされません(閉じたロック は表示されません)。

  2. ダイアログで、スキーマフォームのタイトルを入力し、「作成」をクリックして、フォーム作成プロセスを完了します。

メタデータスキーマフォームの編集

新しく追加したメタデータスキーマフォームまたは既存のメタデータスキーマフォームを編集できます。メタデータスキーマフォームには、タブとタブ内のフォーム項目が含まれています。これらのフォーム項目を CRX リポジトリーのメタデータノード内のフィールドにマップしたり、フォーム項目を設定したりできます。タブまたはフォーム項目をメタデータスキーマフォームに追加できます。親から派生したタブおよびフォーム項目はロック状態です。子レベルではこれらを変更できません。

  1. メタデータスキーマフォームページで、フォームを選択し、ツールバーの「編集」をクリックします。

  2. メタデータスキーマフォームエディター​ページで、メタデータフォームをカスタマイズします。必要なコンポーネントを「フォームを作成」タブからいずれかのタブにドラッグします。

    アセットのプロパティページをカスタマイズするためのメタデータスキーマエディター

    図:使用可能なタブを持つメタデータスキーマフォームエディターページ

  3. コンポーネントを設定するには、コンポーネントを選択して、「設定」タブでそのプロパティを変更します。

「フォームを作成」タブ内のコンポーネント

フォームを作成」タブには、スキーマフォーム内で使用するフォーム項目が表示されます。「設定」タブに、「フォームを作成」タブで選択した各項目の属性が表示されます。「フォームを作成」タブで使用できるフォーム項目を次の表に示します。

コンポーネント名 説明
セクションヘッダー 共通コンポーネントのリストに対してセクションヘッダーを追加します。
1 行のテキスト 1 行のテキストプロパティを追加します。これは文字列として保存されます。
複数値テキスト 複数値テキストプロパティを追加します。これは文字列の配列として保存されます。
数値 数値コンポーネントを追加します。
日付 日付コンポーネントを追加します。
ドロップダウン ドロップダウンリストを追加します。
標準タグ タグを追加します。
スマートタグ メタデータタグを自動的に追加して、検索機能を強化します。
非表示のフィールド 非表示のフィールドを追加します。このフィールドは、アセットの保存時に POST パラメーターとして送信されます。
アセットの参照元 このアセットが参照しているアセットのリストを表示するには、このコンポーネントを追加します。
アセットの参照 このアセットを参照しているアセットのリストを表示するには、このコンポーネントを追加します。
製品リファレンス このアセットとリンクされている製品のリストを表示するには、このコンポーネントを追加します。
コンテキストメタデータ アセットのプロパティページにある他のメタデータタブの表示を制御するために追加します。

メタデータコンポーネントの編集

フォームのメタデータコンポーネントのプロパティを編集するには、コンポーネントをクリックして、「設定」タブで次のすべてのプロパティまたはサブセットを編集します。1 つのフィールドのみをメタデータスキーマの指定のプロパティにマッピングすることをお勧めします。そうでない場合は、当該プロパティにマッピングされた最新の追加フィールドがシステムによって選択されます。

フィールドラベル:アセットのプロパティページに表示されるメタデータプロパティの名前。

プロパティにマッピング:このプロパティには、CRX リポジトリー内の保存先のアセットノードの相対パスまたは名前を指定します。この値は、パスがアセットのノードの配下にあることを示すために ./ で始まります。

プロパティの有効な値の例を次に示します。

  • ./jcr:content/metadata/dc:title:アセットのメタデータノードにある値を、プロパティ dc:title として格納します。

  • ./jcr:created:アセットの作成日時が格納されます。これは保護プロパティーです。これらのプロパティを設定する場合は、「編集を無効にする」とマークすることをお勧めします。そうしない場合、アセットのプロパティを保存したときに、「アセットの変更に失敗しました」というエラーが発生します。

コンポーネントがメタデータスキーマフォームに適切に表示されるように、プロパティのパスにはスペースを含めないでください。

  • プレースホルダー:このプロパティを使用して、メタデータプロパティに関連するプレースホルダーテキストを指定します。
  • 必須:プロパティページでメタデータプロパティを必須としてマークするには、このプロパティを使用します。
  • 編集を無効にする:プロパティページでプロパティを編集不可にするには、このプロパティを使用します。
  • 空白のフィールドを読み取り専用として表示:プロパティページでメタデータプロパティに値がなくても表示するには、このプロパティをオンにします。デフォルトでは、メタデータプロパティに値がない場合、プロパティページには表示されません。
  • リストを並べ替えて表示:選択肢のリストを並べ替えて表示するには、このプロパティを使用します。。
  • 選択肢:リストの選択肢を指定するには、このプロパティを使用します。
  • 説明:メタデータコンポーネントの短い説明を追加するには、このプロパティを使用します。
  • クラス:プロパティに関連付けられているオブジェクトクラス。
  • 削除:「削除」をクリックすると、スキーマフォームからコンポーネントが削除されます。
メモ

非表示のフィールドコンポーネントには、これらの属性は含まれていません。代わりに、属性の名前、値、フィールドラベル、説明などのプロパティが含まれています。非表示のフィールドコンポーネントの値は、アセットの保存時に常に POST パラメーターとして送信されます。この値は、アセットのメタデータとして保存されません。

必須」オプションを選択した場合、必須のメタデータが設定されていないアセットを検索できます。フィルター​パネルで、「メタデータの検証」述語を展開して、「無効」オプションを選択します。検索結果に、スキーマフォームで設定した必須のメタデータが設定されていないアセットが表示されます。

スキーマフォームのいずれかのタブにコンテキストメタデータコンポーネントを追加した場合、コンポーネントは、その特定のスキーマが適用されているアセットのプロパティページに リストとして表示されます。このリストには、コンテキストメタデータコンポーネントを適用したタブを除く、他のすべてのタブが含まれます。現在、この機能は、コンテキストに応じてメタデータの表示を制御する基本的な機能を提供しています。

コンテキストメタデータコンポーネントが適用されているタブに加えて、プロパティページに任意のタブを表示するには、リストからタブを選択します。タブがプロパティページに追加されます。

JSON ファイルでのプロパティの指定

設定」タブのオプションでプロパティを指定する代わりに、対応するキーと値のペアを指定することで JSON ファイルでオプションを定義できます。「JSON パス」フィールドに JSON ファイルのパスを指定します。

スキーマフォームでのタブの追加または削除

スキーマエディターで、タブを追加または削除できます。デフォルトのスキーマフォームには、「基本」、「詳細」、「IPTC」および「IPTC 拡張」の各タブが含まれています。

メタデータスキーマフォームのデフォルトタブ

+」をクリックすると、スキーマフォームにタブが追加されます。新しいタブにはデフォルトで「Unnamed-1」という名前が付けられます。この名前は、「設定」タブから編集できます。タブを削除するには、「X」をクリックします。

メタデータスキーマエディターを使用したタブの追加または削除

メタデータスキーマフォームの削除

Experience Manager では、カスタムのスキーマフォームのみを削除できます。デフォルトのスキーマフォームまたはテンプレートを削除することはできません。ただし、これらのフォームでのカスタムの変更内容は削除できます。

フォームを削除するには、フォームを選択して削除アイコンをクリックします。

メモ

デフォルトフォームに対して行ったカスタムの変更を削除すると、ロックアイコンがメタデータスキーマインターフェイスのデフォルトフォームの前に再度表示され、フォームがデフォルトの状態に戻ったことが示されます。

メモ
  • デフォルトフォームに対するカスタムの変更を削除すると、ロック記号(閉じたロック)がフォームの前に再び表示されます。これは、フォームがデフォルトの状態に戻ったことを示します。
  • Assets 内のデフォルトのメタデータスキーマフォームは削除できません。

MIME タイプ用のスキーマフォーム

Experience Manager には、様々な MIME タイプですぐに使用できるデフォルトのフォームが用意されています。ただし、様々な MIME タイプのアセットにカスタムのフォームを追加することができます。

MIME タイプ用の新しいフォームの追加

適切なフォームタイプの下でフォームを作成します。例えば、image/png サブタイプのテンプレートを追加するには、「image」フォームの下にフォームを作成します。スキーマフォームのタイトルはサブタイプ名です。この場合、タイトルは「png」です。

様々な MIME タイプ用の既存スキーマテンプレートの使用

別の MIME タイプに対して既存のテンプレートを使用できます。例えば、MIME タイプ image/png のアセットに対して image/jpeg フォームを使用します。

この場合は、CRX リポジトリー内の /etc/dam/metadataeditor/mimetypemappings にノードを作成します。そのノードの名前を指定し、次のプロパティを定義します。

名前 説明 タイプ
exposedmimetype マッピングする既存フォームの名前 String image/jpeg
mimetypes exposedmimetype 属性で定義したフォームを使用する MIME タイプのリスト String image/png

Assets では、次の MIME タイプとスキーマフォームがマッピングされます。

スキーマフォーム MIME タイプ
image/jpeg image/pjpeg
image/tiff image/x-tiff
application/pdf application/postscript
application/x-ImageSet Multipart/Related; type=application/x-ImageSet
application/x-SpinSet Multipart/Related; type=application/x-SpinSet
application/x-MixedMediaSet Multipart/Related; type=application/x-MixedMediaSet
video/quicktime video/x-quicktime
video/mpeg4 video/mp4
video/avi video/avi, video/msvideo, video/x-msvideo
video/wmv video/x-ms-wmv
video/flv video/x-flv

メタデータスキーマへのアクセス権の付与

メタデータスキーマ機能は、管理者のみが使用できます。ただし、管理者は一部の権限を変更して、管理者以外のユーザーにアクセス権を付与することができます。/conf フォルダーに対する作成、変更、削除の権限を管理者以外のユーザーに割り当てます。

フォルダー固有のメタデータの適用

Assets では、メタデータスキーマのバリアントを定義して、それを特定のフォルダーに適用できます。

例えば、デフォルトのメタデータスキーマのバリアントを定義して、それをフォルダーに適用できます。変更したスキーマを適用すると、フォルダー内のアセットに適用されている元のデフォルトのメタデータスキーマがオーバーライドされます。

このスキーマが適用されているフォルダーにアップロードされたアセットのみが、バリアントのメタデータスキーマに定義されている変更されたメタデータに従います。元のスキーマが適用されている他のフォルダーにある Assets は、元のスキーマに定義されているメタデータに引き続き従います。

アセットごとのメタデータの継承は、階層の最上位フォルダーに適用されているスキーマに基づきます。サブフォルダーには同じスキーマが適用または継承されます。異なるスキーマがサブフォルダーレベルで適用されると、継承が停止します。

  1. Experience Manager インターフェイスで、ツールアセットメタデータスキーマ​に移動します。メタデータスキーマフォーム​ページが表示されます。

  2. フォーム(デフォルトのメタデータフォームなど)の前にあるチェックボックスをオンにし、「コピー」をクリックしてカスタムフォームとして保存します。そのフォームに my_default などの名前を付けます。カスタムフォームを作成することもできます。

  3. メタデータスキーマフォーム​ページで、my_default フォームを選択し、「編集」をクリックします。

  4. メタデータスキーマエディター​ページで、スキーマフォームにテキストフィールドを追加します。例えば、「カテゴリ」というラベルのフィールドを追加します。

  5. 保存」をクリックします。変更されたフォームは​メタデータスキーマフォーム​ページにリストされます。

  6. ツールバーの「フォルダーに適用」をクリックまたはタップしてカスタムメタデータをフォルダーに適用します。

  7. 変更されたスキーマを適用するフォルダーを選択し、「適用」をクリックまたはタップします。

  8. フォルダーに他のメタデータが適用されている場合は、既存のメタデータスキーマを上書きする旨の警告メッセージが表示されます。「上書き」をクリックします。

  9. OK」をクリックして、成功メッセージを閉じます。

  10. 変更したメタデータスキーマを適用したフォルダーに移動します。

必須のメタデータの定義

必須フィールドをフォルダーレベルで定義すると、そのフォルダーにアップロードされるアセットに強制的に適用されます。以前に定義した必須フィールドにメタデータが指定されていないアセットをアップロードすると、アセットに指定されていないメタデータをカード表示で視覚的に確認できます。

メモ

メタデータフィールドは、別のフィールドの値に基づいて、必須フィールドとして定義できます。Experience Manager のカード表示では、このような必須メタデータフィールドのメタデータがなくても警告メッセージは表示されません。

  1. Experience Manager のロゴをクリックし、ツールアセットメタデータスキーマ​に移動します。メタデータスキーマフォーム​ページが表示されます。

  2. デフォルトのメタデータフォームをカスタムフォームとして保存します。例えば、my_default として保存します。

  3. カスタムフォームを編集します。必須フィールドを追加します。例えば、「カテゴリ」フィールドを追加して、それを必須フィールドにします。

  4. 保存」をクリックします。変更されたフォームは​メタデータスキーマフォーム​ページにリストされます。フォームを選択し、ツールバーの「フォルダーに適用」をクリックまたはタップしてカスタムメタデータをフォルダーに適用します。

  5. フォルダーに移動し、カスタムフォームに追加した必須フィールドにメタデータが指定されていないアセットをアップロードします。必須フィールドの指定されていないメタデータに関するメッセージが、アセットのカード表示に表示されます。

  6. (オプション)https://[server]:[port]/system/console/components/にアクセスします。com.day.cq.dam.core.impl.MissingMetadataNotificationJob コンポーネントを設定して有効にします。このコンポーネントはデフォルトで無効になっています。Experience Manager がアセット上にあるメタデータの妥当性をチェックする頻度を設定します。

    この設定により、hasValidMetadata プロパティがアセットの jcr:content に追加されます。Experience Manager では、このプロパティを使用して検索の結果をフィルタリングできます。

    メモ

    スケジュール済みチェックの後に追加されたアセットは、次回のスケジュール済みチェックが実行されるまでは hasValidMetadata のフラグが設定されません。こうしたアセットは中間の検索結果に表示されません。

    注意

    メタデータの検証チェックは、大量のリソースを必要とするので、システムのパフォーマンスに影響を及ぼす可能性があります。検証チェックのスケジュール設定は、適切に行う必要があります。サーバーがチェックの負荷に対処できない場合は、このジョブを無効にしてください。

このページ