メタデータプロファイル

メタデータプロファイルを使用すると、フォルダー内のアセットにデフォルトのメタデータを適用できます。メタデータプロファイルを作成し、フォルダーに適用します。後からフォルダーにアップロードしたすべてのアセットは、メタデータプロファイルで設定したデフォルトのメタデータを継承します。

Experience Manager Assetsでのプロファイルの使用に関する重要な概念は、プロファイルがフォルダーに割り当てられる点です。 プロファイル内では、メタデータプロファイルの形式で、ビデオプロファイルまたはイメージプロファイルと共に設定されています。これらの設定は、フォルダーのコンテンツを(そのサブフォルダーコンテンツを含めて)処理します。したがって、ファイルやフォルダーの命名方法、サブフォルダーの配置方法、これらのフォルダー内のファイルの処理方法は、プロファイルによるそれらのアセットの処理方法に大きな影響を与えます。
一貫性のある適切なファイルおよびフォルダーの命名戦略と優れたメタデータプラクティスを使用することで、デジタルアセット収集を最大限に活用し、適切なファイルが適切なプロファイルで処理されるようにします。

メタデータプロファイルの追加

  1. ツールアセットメタデータプロファイル​に移動し、「作成」をクリックします。

  2. メタデータプロファイルのタイトル(「サンプルメタデータ」など)を入力し、「送信」をタップします。メタデータプロファイルの「フォームを編集」が表示されます。

  3. コンポーネントをクリックし、「設定」タブでプロパティを設定します。例えば、説明​コンポーネントをクリックして、そのプロパティを編集します。説明​コンポーネントについて、次のプロパティを編集します。

    • フィールドラベル - メタデータプロパティの表示名。ユーザーの参照用のみで使用します。

    • プロパティにマッピング – このプロパティの値には、リポジトリー内の保存場所となるアセットノードへの相対パスまたは名前を指定します。この値は、パスがアセットのノード下にあることを示すので、必ず「./」から始めます。

      プロパティにマッピング」に指定した値は、アセットの metadata ノードの下のプロパティとして保存されます。例えば、「プロパティにマッピング」の名前として ./jcr:content/metadata/dc:desc を指定すると、Adobe Experience Manager Assets はアセットの metadata ノードに値 dc:desc を格納します。

    • デフォルト値 - メタデータコンポーネントのデフォルト値を追加するには、このプロパティを使用します。例えば、「My description」と指定すると、この値がアセットのメタデータノードの dc:desc プロパティに割り当てられます。

      メモ

      /jcr:content/metadata ノードに存在していない)新しいメタデータプロパティにデフォルト値を追加しても、そのプロパティとプロパティ値はアセットのプロパティページにデフォルトでは表示されません。プロパティページに新しいプロパティを表示するには、対応するスキーマフォームを変更します。

  4. (オプション)「フォームを作成」タブから、「フォームを編集」にコンポーネントを追加し、「設定」タブでプロパティを設定します。次のプロパティが「フォームを作成」タブで使用できます。

コンポーネント プロパティ
セクションヘッダー フィールドラベル、説明
1 行のテキスト フィールドラベル、プロパティにマッピング、デフォルト値
複数値テキスト フィールドラベル、プロパティにマッピング、デフォルト値
数値 フィールドラベル、プロパティにマッピング、デフォルト値
日付 フィールドラベル、プロパティにマッピング、デフォルト値
標準タグ フィールドラベル、プロパティにマッピング、デフォルト値、説明
  1. 完了」をクリックします。メタデータプロファイルが、メタデータプロファイル​ページのプロファイルのリストに追加されます。

メタデータプロファイルのコピー

  1. メタデータプロファイル​ページで、コピーを作成するメタデータプロファイルを選択します。
  2. ツールバーの「コピー」をクリックします。
  3. メタデータプロファイルをコピー​ダイアログで、メタデータプロファイルの新しいコピーのタイトルを入力します。
  4. コピー」をクリックします。メタデータプロファイルのコピーが、メタデータプロファイル​ページのプロファイルのリストに表示されます。

メタデータプロファイルの削除

  1. メタデータプロファイル​ページで、削除するプロファイルを選択します。
  2. ツールバーの「メタデータプロファイルを削除」をクリックします。
  3. ダイアログで、「削除」をクリックして、削除操作を確定します。メタデータプロファイルがリストから削除されます。

フォルダーへのメタデータプロファイルの適用

フォルダーにメタデータプロファイルを割り当てると、サブフォルダーは自動的に親フォルダーのプロファイルを継承します。サブフォルダーに別のプロファイルが適用されると、継承は停止します。1 つのフォルダーに割り当てることができるメタデータプロファイルは 1 つだけです。したがって、アセットをアップロード、保存、使用およびアーカイブする場合のフォルダー構造については慎重に検討してください。

フォルダーに別のメタデータプロファイルを割り当てた場合、新しいプロファイルで以前のプロファイルが上書きされます。既存のフォルダーアセットはそのまま変わりません。新しいプロファイルは、変更後にフォルダーに追加されるアセットに適用されます。特定のフォルダーまたはすべてのアセットにグローバルにメタデータプロファイルを適用できます。

プロファイルが割り当てられているフォルダーは、ユーザーインターフェイスでカード名にプロファイルの名前が表示されます。

後で変更した既存のメタデータプロファイルが存在するフォルダー内のアセットを再処理できます。

特定のフォルダーへのメタデータプロファイルの適用

ツール​メニュー内から、またはフォルダー内にいる場合は「プロパティ」から、メタデータプロファイルをフォルダーに適用できます。この節では、メタデータプロファイルをフォルダーに適用する両方の方法について説明します。

既にプロファイルが割り当てられているフォルダーには、フォルダー名のすぐ下にプロファイルの名前が表示されます。

後で変更した既存のビデオプロファイルが存在するフォルダー内のアセットを再処理できます。

プロファイルユーザーインターフェイスからのフォルダーへのメタデータプロファイルの適用

  1. ツール/アセット/メタデータプロファイル​に移動します。
  2. 1 つまたは複数のフォルダーに適用するメタデータプロファイルを選択します。
  3. メタデータプロファイルをフォルダーに適用」をクリックし、新たにアップロードしたアセットを受け取る 1 つまたは複数のフォルダーを選択して、「完了」をクリックします。既にプロファイルが割り当てられているフォルダーには、フォルダー名のすぐ下にプロファイルの名前が表示されます。

「プロパティ」からのフォルダーへのメタデータプロファイルの適用

  1. 左パネルで、「アセット」をクリックし、メタデータプロファイルを適用するフォルダーに移動します。
  2. チェックマークをクリックして対象のフォルダーを選択した後、「プロパティ」をクリックします。
  3. メタデータプロファイル」タブを選択し、ドロップダウンメニューからプロファイルを選択して、「保存」をクリックします。既にプロファイルが割り当てられているフォルダーには、フォルダー名のすぐ下にプロファイルの名前が表示されます。

メタデータプロファイルのグローバルな適用

特定のフォルダーにプロファイルを適用できるだけでなく、グローバルにプロファイルを適用することもできます。これにより、Experience Manager Assets にアップロードされている、任意のフォルダー内にある任意のコンテンツに、選択したプロファイルを適用できます。

後で変更した既存のメタデータプロファイルが存在するフォルダー内のアセットを再処理できます。

メタデータプロファイルをグローバルに適用するには、次のいずれかを行います。

  • https://[aem_server]/mnt/overlay/dam/gui/content/assets/foldersharewizard.html/content/dam に移動して適切なプロファイル適用し、「保存」をクリックします。

  • CRXDE Lite で、/content/dam/jcr:content ノードに移動します。プロパティ metadataProfile:/etc/dam/metadata/dynamicmedia/<name of metadata profile> を追加し、「すべて保存」をクリックします。

フォルダーからのメタデータプロファイルの削除

フォルダーからメタデータプロファイルを削除すると、サブフォルダーは自動的に親フォルダーのプロファイルの削除状態を継承します。ただし、フォルダー内で実行されたファイルの処理はそのまま維持されます。

ツール​メニュー内で、またはフォルダー内にいる場合は「プロパティ」で、メタデータプロファイルをフォルダーから削除できます。この節では、メタデータプロファイルをフォルダーから削除する両方の方法について説明します。

プロファイルユーザーインターフェイスを使用したフォルダーからのメタデータプロファイルの削除

  1. Experience Manager のロゴをクリックし、ツール/Assets/メタデータプロファイル​に移動します。

  2. 1 つまたは複数のフォルダーから削除するメタデータプロファイルを選択します。

  3. フォルダーからメタデータプロファイルを削除」をクリックし、プロファイルを削除する 1 つまたは複数のフォルダーを選択して、「完了」をクリックします。

    名前がフォルダー名の下に表示されなくなっていることで、メタデータプロファイルがフォルダーに適用されていないことを確認できます。

「プロパティ」を使用したフォルダーからのメタデータプロファイルの削除

  1. Experience Manager のロゴをクリックして「アセット」に移動した後、メタデータプロファイルを削除するフォルダーに移動します。
  2. チェックマークをクリックして対象のフォルダーを選択し、「プロパティ」をクリックします。
  3. メタデータプロファイル」タブを選択し、ドロップダウンメニューから「なし」を選択して、「保存」をクリックします。既にプロファイルが割り当てられているフォルダーには、フォルダー名のすぐ下にプロファイルの名前が表示されます。

このページ